【ロフトベッドDIY】狭い部屋の空間を有効活用しよう!

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


空間を有効活用するのに役立つ!ロフトベッド

間取りが少なかったり、部屋の大きさが小さかったりすると、どうしても家具を置くスペースと居住空間のスペースがうまく保てなくなってしまいます。
そんな時に空間を有効活用できるロフトベッドはお子様を持つご家庭を中心に大変人気です。
今回は空間を活かした狭小のお部屋も有意義に使われているロフトベッドDIYをご紹介していきます。

遊び心がたくさん詰まったハウス型ロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akagi Sguruさん(@gurusupaddle)がシェアした投稿

こちらは、単なるロフトベッドでは飽きやすいお子さんのために、合板を使って遊び心満載なロフトベッドをDIYしたものです。
ベッド全体がまるでお家のようなデザインになっていて、中に入っておままごとやお人形遊びを楽しめます。
2階へ行くまでの方法は、まだ脚立した用意されていませんが、シェルフ型の階段にして、子どもでも上り下りできるようにひと工夫を加えれば、さらに遊び心が広がります。
入り口にカーテンを付けて、隠れ家風にしても良いかもしれません。
ロフトベッドを眠って休む場所としてではなく、遊べる場所としても有効活用できるので、お友達をお部屋に招いて一緒に遊ぶことも可能です。

1部屋を2つに!ロフトベッドでプライベート空間を保つ

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUGGYさん(@suggy.fhm)がシェアした投稿

姉妹や兄弟で子供部屋を共有する場合、どうしてもプライベートな空間が欲しいものです。
そういった時はこちらのように、子供部屋に2つのロフトベッドを置いて、ロフト下に机を置いたら二人のプライベート空間が保てます。
学習机も壁のように仕切られているので、勉強に集中できる環境があります。
子供部屋が足らないと悩んでいるご家庭は、ぜひロフトベッドで工夫してお子様のプライバシーを保たれてはいかがですか。

部屋のスペースを無駄にしない!頑丈ロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

mさん(@yozev82)がシェアした投稿

2×4材を使って作られたロフトベッドです。
下には学習机が置いてあるので、高さが結構あります。
そのため転落防止のために柵を付けられていますが、柵はパイプを取り付けることで頑丈な柵になっています。
また、ロフトの階段部分は省スペースを考えて、ベッドの側面に階段を直角に取り付けていますので部屋が狭くなる心配もありません。
仕上げにオールドウッドワックスを塗ることで味のある仕上がりになっています。

女性でも作れるツーバイフォー材ロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

ajito~あじと~さん(@ajito703)がシェアした投稿

こちらも2×4材を利用して作られたロフトベッドです。
木材はホームセンターで希望の寸法をカットしてもらうことができるので、女性でもこんなに立派なロフトベッドが完成できます。
こちらは女性が作った作品です。
男の子用のベッドですから、ペイントも味のあるダークブラウンになっていますので、渋くて男の子部屋にぴったりです。
柵もしっかり作られているので転倒の心配もありません。

無駄のない機能的な学習机付きのロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenichi Matsumotoさん(@keen_jee)がシェアした投稿

木材を組み合わせて作られたロフトベッドはシンプルなものばかりではなくこういった機能的な作品も作られています。
こちらはお孫さんのために作られた非常にオシャレかつ機能的なロフトベッドです。
階段もはしご型ではないので小さなお子様でも安心ですし、階段下を活かした収納はランドセルやぬいぐるみなどを置いたりなど様々な活用方法があります。
とにかく無駄のないロフトベッドです。
ロフトベッド下に板を取り付けることで学習机と化し、ロフト下も集中しやすい勉強空間を作り出しています。

お子様のお手伝いで家族で楽しめるロフトベッドDIY

小さなスペースの部屋には市販のロフトベッドが入らないこともしばしばです。
こちらの方も市販のものでは入らないので仕方なく自作されたロフトベッドです。
木材で一から作っています。
木材はホームセンターで取り寄せて希望のサイズにカットしてもらい、釘で打ち込んで作成されました。
息子さんも自分で組み立てることで達成感があります。
柵部分はあおむけの身体の高さに合わせて取り付けられているので、転倒防止に役立っています。

階段をシェルフにする!デザイン性&収納性抜群のロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ToiToiToi】末永 京さん(@kyosuenaga)がシェアした投稿

ロフトを息子さん用、ロフトベッドを娘さん用にと考えて作られたロフトベッドです。
ロフトベッドの傍にはロフトへつながる階段も手作りで備え付けられています。
オシャレに見えるのは階段シェルフです。
シェルフになっているので、本を置いたり小物を置いたりと収納にも使えて無駄が全くなく、オシャレ感満載です。
シンプルな造りで高さもありますから部屋が広く見えます。

狭小部屋も広く!白ベースのロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayuka Kiyokawaさん(@cosmo.sweet)がシェアした投稿

狭小な部屋でお悩みの方におすすめなのがこちらのベッドです。
ロフトベッドの下はカーテンを着けることでお子様の隠れ家的なお部屋を作って、ベッドに収納も取り付けることで無駄がありません。
ベッドははしごではなく階段仕様にしているので、小さなお子様も危なくありません。
柵もしっかり等間隔に取り付けてあるので、転落の心配がほとんどないというのもメリットです。
狭小部屋はできるだけ今回のように明るいホワイトを使うことで、部屋を広く見せることができます。

使い勝手の良い丈夫なロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

twingo5sさん(@twingo5s)がシェアした投稿

角材を組み合わせて作られた非常に頑丈なロフトベッドです。
側板も付けられているので強度も万全です。
ロフトベッドにフックをかけることでちょっとした袋などを吊り下げられるのも便利です。
また、エアコンや照明のリモコンは子供が失くしやすいという点も考慮して、ベッドに取り付けられるように工夫してあります。
これならなくすこともなく、寝る前も安心して電源の操作も簡単に行えます。

予算1万円で作るロフトベッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

toshiakiyamaguchiさん(@soratobukouma)がシェアした投稿

羽子板ボルトとネジ、ワッシャーで2×4の木材を組み合わせて作られたのがこちらの頑丈なロフトベッドです。
これだけ立派なベッドでも予算はたったの1万円以内という破格のコストで作られています。
ロフトベッドの上に本棚も取り付けることで就寝前の絵本なども選び放題です。
階段は小さなお子様にも安全なようにはしごタイプではなく、あえて階段が付けられています。
市販のロフトベッドでははしごタイプのものが多いため安全かつお好みのロフトベッドを作ることができるのがDIYの醍醐味です。

間取りに合った、ぴったりサイズDIYが魅力

ご紹介したロフトベッドの中には実用的かつ機能性に優れたベッドもいくつかご紹介しました。
階段をシェルフにすることでスペースの無駄をなくし、足を踏み外すことなく安全に登ることができるので小さなお子様がいらっしゃるご家庭にも安心です。
また、デザインや色にこだわることで例えば狭い部屋であれば薄いカラーにペイントすることで錯覚によって圧迫感を抑えることも可能になります。
ちょっとした工夫で狭いスペースも広さを感じることができるようになります。
それができるのが自作のDIYです。
間取りにぴったり適した大きさで作ることができるのもDIYの大きな魅力と言えるでしょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント