99歳!伝説のデザイナーが家族に託した約250万円の愛溢れるスモールハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

50年前に建てられた伝説のデザイナー考案のスモールハウス

ミッドセンチュリー期におけるインテリアデザインに革命を起こしMoMA(ニューヨーク近代美術館)やブルックリン美術館などにて常設展示もされている有名デザイナーJENS RISOM氏。

約50年前にJENS RISOM氏はニューイングランドの沖合にある人里離れた島で、家族の為に隠れ家とも言える安価な家を構築しました。

risom-residence-facade risom-residence-dining-living-room risom-residence-firestove-area risom-residence-desk-by-window risom-residence-kitchen risom-residence-living-room-vertical risom-residence-exterior-side-r-letter-blockPhoto:dwell

約250万円でこのクオリティ

さすが伝説のデザイナーがデザインした家ともあってとてもオシャレなのですが、その費用も20500ドル(約250万円)ととても安価に作られたのだそうです。

現在、この家はJENS RISOM氏の家族によって補修が行われ、5月から11月の間は家族がこの家で過ごしているのだそうです。

RISOM氏自身が過ごした幼少期のデンマークのような牧歌的風景がありその中でのシンプルで原始的な生活がここにはあるのだとか。

そして、その生活を家族もまた何か他のものよりも重要な”素敵な時間”として過ごしており、家族もRISOM氏に感謝しているとのこと。

そしてRISOM氏は

「家族がまだこの家を楽しんで、そしてそれが家族をバラバラにさせるのではなく繋ぎあわせていることを誇りに思うと幸せです」

とも語っています。

risom-residence-exterior-back-side-view risom-residence-jens-portraitPhoto:dwell

Via:dwell

Editors’ Voice 佐藤駿

数々の名誉を得た伝説のデザイナーJENS RISOM氏。

家族の為を思ったスモールハウスはとても愛を感じます。

約250万円でここまでのクオリティを作れるということは、いかに見せ方やあり方を考えるかということだと思います。

ただ単にお金をかければいいというわけではありませんよね。

彼が残した言葉がこの家の見えないデザインに反映されているように感じます。

「家族がまだこの家を楽しんで、そしてそれが家族をバラバラにさせるのではなく繋ぎあわせていることを誇りに思うと幸せです」

「家」とは、今人生を生ける家族をゆるく繋げる箱なのかもしれません。


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/