100均の材料でできる!ランプシェード照明DIY事例

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

必ずお家にあるアイテムと言ってもいいランプや照明。

既製品をそのまま使ってもいいですが、少しお部屋の雰囲気を出したいときなどは、自分でDIYしてみるのがオススメ。意外と簡単に、オシャレなインテリアにもなるランプシェードを作ることができますよ。

今回は、手が出しやすい100円ショップのアイテムを使ったランプシェードのDIYをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


麻紐を使った丸型ランプシェード

 

この投稿をInstagramで見る

 

春奈さん(@hacha105)がシェアした投稿

麻紐で作った丸型のランプシェードは、お部屋の雰囲気をナチュラルなイメージに変身させてくれます。100均やホームセンターなど、身近な場所で手に入れることができる麻紐。

丸型になるようにDIYで使われるのは、風船。膨らませた風船の周りに麻紐を巻いて、さらに糊で固めます。乾いたあとに風船を割れば、球体のランプシェードの出来上がり。

紙紐と風船でもできる!ランプシェードDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

川越・ドルチェ音楽教室さん(@marimba_masako)がシェアした投稿


麻紐と同様の方法で作られた球型のlampshade。麻紐と作り方は変わらず、風船に紙紐を巻きつけたあと、水のりで紐を風船にくっつけます。一日乾かしてから、風船を割れば完成です!

麻紐とはまた違った質感のlampshadeが出来上がっています。夜になって灯りを照らせば、お部屋の雰囲気もグッと良くなりそうですね。

100均素材でオシャレ間接照明をDIY!毛糸や麻紐で作れる風船ライト☆

100均のランプシェードをティッシュでDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masahiro Yoshidaさん(@bsmanao)がシェアした投稿

100均でも売られていることのあるランプシェード。そのまま使ってもいいですが、DIYで個性が出せると嬉しいところ。こちらは、lampshadeの周りにティッシュを貼り付けています。

ちょっとした一手間で、和紙を使って作ったかのような和風モダンなインテリアが出来上がり。裸電球では醸し出せない温かみのある素敵な雰囲気を演出してくれますよ。

100均の和紙と提灯で作ったランプシェード

 

この投稿をInstagramで見る

 

käzämïさん(@kazami0421)がシェアした投稿

100円ショップで手に入れることのできる和紙と提灯を使って作ったというランプシェード。ランプの骨格となる部分は、提灯を分解してDIYしています。

分解した提灯に、お気に入りの和紙をボンドで貼り付けていけば完成。いくつかの色みを混ぜてみるのも照明をつけたときに、面白いくなりそうですね。

お花型パンチを使って花柄ランプシェード

 

この投稿をInstagramで見る

 

korokoro_abさん(@korom.ab)がシェアした投稿

100均で売られている穴あけパンチ(クラフトパンチ)は、花や星、動物、キャラクターなど様々な種類のものがあります。こちらは、花の形に型抜きができる穴あけパンチを使ってランプシェードを可愛くデコレーションした照明DIY。

自分の好きな形や色のものを使えば、自分だけのオリジナルランプシェードを作ることができそうですね。穴あけパンチは、メッセージカード作りなど他のDIYにも使えるので活用してみてください!

フェイクグリーンを使った500円ランプシェード

 

この投稿をInstagramで見る

 

A110.may5th,2015-start!さん(@86chan_chanco_chan68)がシェアした投稿

100均・セリアにて購入できるアイテム5つを使って作ったランプシェードは、フェイクグリーンを取り入れた癒しの照明。

使った材料は、アルミ針金2つ、結束バンド(みどり)1つ、フェイクグリーン2つの計5つ。総額500円でできてしまうランプシェードです。

針金で骨格を作り、そこにフェイクグリーンを巻きつけ、結束バンドで固定すれば完成。簡単に作ることができて、お部屋に癒しの色・グリーンを取り入れいることができるのでオススメです。

材料費10円!?茶碗で作るランプシェード

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kensaburo Yamaneさん(@kominka_yamane)がシェアした投稿


10円で購入したという茶碗で作ったランプシェード。廃材をうまく利用して、可愛い味のあるランプシェードをDIYしています。

材料の茶碗は、100円ショップはもちろん、リサイクル品や家の使っていないものなどを活用することもできます。既にあるものを生かしながら、可愛くDIYできると嬉しいですね。

アルミのワイヤーと幅広レースでDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

Junko Yamaguchiさん(@junko_inst)がシェアした投稿


アルミのワイヤーと幅広のレースを使って作ったランプシェード。電球だけだと、どこか寂しかったというトイレの照明も、ランプシェードがあれば可愛らしいですね。

レースは、手芸専門店やホームセンター、各100円ショップで購入することができます。レースであれば、優しく可愛らしい雰囲気のランプシェードをDIYすることができそうですね。ぜひお好みデザインのレースを使ってDIYしてみてください。

ランプシェードDIYまとめ

照明が変われば、お部屋の雰囲気がグッと変わるもの。ランプシェード自体の見た目もそうですが、質感のある素材を使えば、お部屋を照らす光も質感のある光になります。

今回は、100円ショップで手に入る材料でできるランプシェードをご紹介。麻紐や紙紐で作る球体のランプシェードや、和紙やレース、フェイクグリーンなどを活用したランプシェードをご紹介しました。

また、骨格部分を作るのにも、100円ショップで手に入る提灯や既成ランプシェード、アルミの針金などを使うことができます。最初から最後まで、低コストでDIYすることができそうですよね。

材料は100均でも、どれも素敵な灯りを演出してくれそうなものばかり。ぜひご自身の手で作ってみてください!

100均でOK!1000円以内でできるキャンドル手作りDIY

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント