外壁に取付可能!一人用キットハウスの使い道とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ホームレスの安全を守る為、慈善団体からの寄付も

大きな窓が設置され、明るく広々とした室内は、とても快適な空間に見えます。

出入りの方法が気になるところですが、床面に設置したハッチとハシゴを使うそうです。

0201Photo:Upworthy

寄生する相手の負担を最小限にとどめる設計になっており、どんな建物の壁にも設置可能なのだそうです。

最近、ロンドンでは“アンチホームレススパイク”なるものの設置に関する議論が成されており、Furzer氏は「これらは、助けを目的とするものではない。ホームレスへの抑止力として実装されています。 」と指摘した上で、Parasitic Podは彼らを護るためのひとつの回答だと言っています。

すでに、ホームレスの安全を確保するためのシェルターとして、多くの慈善団体から寄付の申し出が寄せられているとのこと。

近い将来、ロンドンの街のあちこちで“寄生する部屋”が並ぶ姿が見られるかもしれませんね。

Via:Upworthy


前のページへ

1 2
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント