長く活用できるキッチンを目指したDIYアイデア20選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

DIYで、長く愛すキッチンと共に

食材を切ったり、油を使ったり、キッチンの家具はどうしても汚れやすくなってしまいますよね

最初から安価なものを買って買い替えるという選択肢もありますが、汚れ対策をあらかじめ考慮してイチから作ることもできるんです。

長く使えて愛着の湧くものを、DIYでつくってみませんか?

今回は、キッチン家具のDIYをご紹介していきます。

マイ家電にあわせたキッチンカウンター

DIYで作られたとは思えない高いクオリティのキッチンカウンターです。

自分で作られているだけあって、収納されているオーブントースターの幅や、カウンターにコの字型に付いているテーブル部分は食器や何かが置けるのに十分な幅になっています。

なかなか家電を置く場所に困るキッチンスペース。ご自分でDIYしてみませんか。

こちらもDIYでつくられたキッチンカウンター。

家電や食器、その他いろいろなキッチンに必要なものが、おさまるべきところにきちんとおさまるのがDIYで作るキッチンカウンターの一番の魅力。

たとえ家電製品の買い替えで幅が合わなくなったとしても、これだけ作れる人ならサイズ変更もお手の物でしょうね。

 

キッチンカウンター下の収納扉

キッチンカウンターのDIYでよく使われるカラーボックスは、扉がないのがネック。

食品や食器を片付けておくことが多いだけに扉はほしいですよね。

こちらは、扉枠に通気性のいい網戸などを貼り、オシャレな取っ手を付けたDIY。

古いタンスをキッチンカウンターに変身

作業するのにちょうど良い高さまでくる古いタンスなら枠組みだけを使って、こんな風に全く違う用途の家具に変身させることも。

枠組み部分はしっかりしていますから天板を載せても大丈夫ですし、引き出しを抜いたら棚になるから、収納ボックスをあわせて使ってもいいですね。

冷蔵庫も隠れるキッチンカウンター

人気の民泊施設のためのリメイクされたキッチンカウンターは、冷蔵庫まですっぽり覆ってあるり、オシャレ度は抜群。

緑を加えたアクセントが木目のキッチンカウンターに生えて、これなら宿泊者にも喜んでもらえそうですね。

きれいな天板をあえて剥離

見た感じはまだまだきれいなキッチンカウンターを、あえて剥離したDIY。

化粧を取り去ることで本来の木目が美しく出しているんですね。

DIYをする人の好みにもよりますが、こんな作業もDIYに含まれるから奥の深い世界です。

ミニカラーボックスで小物置き

キッチンに小物を置くところがないときは、カラーボックスを使うのが便利です。

カラーボックスを壁に打ち付けて固定するだけの簡単DIY。

この写真のようにあえて備品を置かず、飾りもの小物を置くスペースにするのもかわいい!

ユニットシェルフと高さをあわせてDIY

自作のキッチンカウンターをユニットシェルフと連結させたことで、より使い勝手が良くなった感じが伝わってきます。

もうちょっと長くしたいなあとかスペースが欲しいなあという時、すでにあるものと連結させるのはいいアイディアですね。

キッチンカウンターの下の有効活用!

キッチンカウンターの下と、分別用のごみ箱との空間を有効活用しましょう。

棚板を作り、引き出しを作ったグッドアイディア。

簡単な引き出しタイプをつくっておくだけでも、収納場所が増えて便利ですよね。

端材で簡単ミニ棚

必要かどうか分からなかったけど、とにかく作ってみたというDIY作品。

でもキッチンって重ねて置ける棚はあっても困らないことが多いですよね?

置きたいものの高さに合わせて作れるから、スマートに収納できる棚はいくつあっても重宝しそうです。

端材だけでつくってしまったという小さな棚。思い立ったらすぐ行動ですね!

カラーボックスとの組み合わせは万能


カウンターの下にテーブル部分があるので、まるで喫茶店のカウンター席に座っているかのような感覚になれるのがオシャレです。

カラーボックスを上手に使うと家具が簡単に作れると言われていますが、そのお手本みたいなでき上がりに、思わずマネして作ってみたくなります。

カラーボックスと天板を組み合わせて


カラーボックスの使用数を増やすことによって、より長いキッチンカウンターができ上がりますね。

カラーボックスを使っているから、収納スペースもたっぷりですし、天板はリメイクシートを使うことでいろいろな雰囲気を醸し出すことができそうで、素敵です。

基本のDIYで、収納棚つくり

キッチンにいろいろ増える品物を、収納スペースを確保してきちんと整理したいけれど、そのための家具を買うとなると結構高いですからね。

木材を釘で打ち付けてしっかりしたものに作れば、重いものでもかなり載せられそうです。

天板はリメイクシートを使っておしゃれにしてもいいかもしれないですね。

自宅のスペースに合わせたカウンター

カウンターテーブルにすることで、デスクよりもコンパクトに座って作業ができるのがイイ感じ。

自宅の幅や作業をする人の身長に合わせたものを見つけるのはとても大変なだけに、自分で作れたらジャストサイズになるところがナイスですね。

リメイクシートで大胆にイメチェン!

市販のキッチンカウンターなら、高さは同じというのが多いけれど、DIYだからこそ立って使いやすいところと、座って利用できるところが一体化したものが作れるっていいですね。

リメイクシートを全部貼り終えたら、きっとすごく素敵になりそう!

食器棚を二つに分けたDIY

二段重ねで使う食器棚は結構多いので、高さが同じなら横に並べて天板を付けて、収納スペース付きのキッチンカウンターにしたという目の付け所がいい感じです。

食器棚だけあって天板を載せてもびくともしないから、DIYで改造するにはもってこいですね。

収納用のサイドスペースも

市販品と言われても十分納得できるほどのクオリティ。

棚に載せたものが後ろに落ちないように、裏側にも板がちゃんと打ち付けられているのはポイントが高いですね。

サイドにはちょっとしたものがかけられるスペースも作ってあって、DIYならではの使いやすさになりそうです。

イチから作るキッチンづくり

キッチン作業台づくりの工程という、あまり見ることのできない光景。

こんな風に自分で組み立てて作っていくこともできちゃいます。

DIY上級者なら古民家のリノベーションを自分でするなど、幅も広がりそうですね。

ディアウォールでカフェ風カウンター

思わずカフェに来て注文したくなりそうなオシャレなインテリアになっているキッチンカウンター。

ディアウォールを上手に使っているあたり、何をどこに使うといいのかが分かっている人の作品ですね。

全体に木目が美しくて素敵です。

カウンター上の小窓がかわいい

キッチンカウンターの上に小窓を付けたというDIY。

小窓はずっと開けておくそうで、キッチンの中の風の通りも良くなりそうですね。

それにしてもフェイクグリーンを飾り、ウェルカムの文字にキャラクターの小物、さらにはあちこちに作られた棚に統一感ある小物が置かれていて、感性の豊かさが感じられる素敵なDIYです。

上手にアイテムを使いこなして長く使おう

  • ・「ミニ棚」「扉」=ちょこっとプラス

カウンター下のミニ棚やカラーボックスの扉など、小さなところから自分流にカスタマイズしていきましょう。毎日使う場所だからこそ、少し手でも手を加えて利便性をアップさせましょう。

  • ・キッチンカウンターのDIY

古くなったタンスを活用したり、既存のキッチンカウンターをカスタマイズしたり、はたまたイチから作ってみたり、方法は様々。作業をする場所でありながら、キッチンの顔にもなるキッチンカウンター。見た目も考慮しながら、便利に使えるキッチンを目指しましょう!

自分で作ったというだけで愛着が湧きますが、汚れてきた時の対処方法も考えて作ると、さらに長く使い続けられそうですね。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント