なめらかな曲線カットなら【ジグソー】 BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL

¥ 9,415(税込) ※掲載時

パワフルな530Wモーターを搭載しながらバランサー機構により低振動を実現

正確な直線切断をサポートする切断線ガイドを標準装備

様々なブレードを取付けることでいろいろな材料の直線、曲線切断が可能

ブレード(刃)の交換は工具要らずのSDSシステム

Amazonで購入

ドイツの老舗メーカーBOSCH(ボッシュ)

BOSCH(ボッシュ)と言うと、日本国内では自動車部品や電動工具を扱うメーカーとしてシェア率も高いです。

そんなBOSCH(ボッシュ)は、ロバート・ボッシュが1866年ドイツ、シュツットガルトにて自動車部品メーカーとして創設。

徐々に自動車修理のための工具なども取り扱うようになり、同様の工具を利用するDIYなどの部門にも製品の幅を広げていきます。

1911年には日本にも進出し、国内ではすっかりDIY工具及び自動車部品のメーカーとしてなじんでいます。

本国ドイツを周辺とした国々では、BOSCH(ボッシュ)はキッチンや生活などの家電製品を取り扱っており、生活のための全般電化製品を開発、販売するメーカーとして広く知られています。

BOSCH(ボッシュ)の電気工具は、ドライバーや電動のこぎり、サンダーなど一通り扱っており、初心者でも扱いやすいシリーズと、本格的なDIYができるプロフェッショナルシリーズがあります。

https://www.instagram.com/p/9BKDgDO0tY

木材の自由なカットを可能にするジグソー

今では一般的になっている電動神津ですが、その中で最も必要なものはドライバーやサンダーとった製品。

初心者であれば最低ドライバーさえあれば、簡単な作品作りが可能です。

しかしDIYはハマればハマるほど本格的な作品作りがしたくなるので、で電動工具もさらに増やしていく流れになるでしょう。

そこでおすすめしたいのがジグソーです。

ジグソーは簡単に言えば、木材をカットする電動工具で、電動のこぎりとは違って直線からカーブまでできる優れもの。

このため木材を好みのサイズにカットするのは電動のこぎりで、曲線などの特殊なシェイプにカットしたい場合はジグソーを活用するなどの使い分けが可能になります。

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELのポイントまとめ

 

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELの基本スペック

能力:軟鋼板:5mm

アルミニウム:12mm

木材:80mm

電源100V(50~60Hz)

消費電力:530W

ストローク数:500~3,000min-1(回/分)

ストローク幅:20mm

傾斜切断角度:左右0~45゜

質量:1.9kg

安定感のある使い心地

今回ご紹介するBOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELは、アナログな工具で言うところの糸のこぎりのような立ち位置にあります。

このためBOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL専用のブレードも細長い形になっており、木材に鉛筆などで下書きをした部分をなぞるように使用するとその通りのカットができます。

しかし糸のこぎりでは刃の部分が不安定なため、カット面がガタガタになってしまうこともあるので、ジグソーでも同様のイメージを持っている方もいるはず。

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELの本体は安定したデザインを採用し、木材の上でもしっかりした状態でのカットが可能。

さらにカット面を照らす切断線ライトを取り入れているので、初心者でもしっかり扱えるように作られています。

コンパクトで初心者にもおすすめ!

DIY用の電動工具は基本的に重量が重く、重厚感があるため女性や初心者では手に取りにくいイメージもあります。

しかしBOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELは、より身近に使えるような構造に開発し軽量化に成功。

持ち手のグリップも滑りにくくなっているので、コンパクト且つ扱いやすい電動工具になっています・。

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELを使ってみよう

 

木材をカットする

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELの使い方はコンセントを指し、グリップ部分にある赤いボタンを押しながら木材をカットするだけ。

基本的にジグソーは簡単に曲線カットができる分、横の動きが不安定になるので、木材にはあらかじめを下書きしておくのがいいでしょう。

ブレード(刃)はある程度使っていくと、もろくなっていくので一定の期間使用した場合交換するのがおすすめ。

ブレードのそばにあるレバーを操作すれば、簡単に交換ができます。

ジグソーを使い始めはなかなか慣れない方もいるので、心配な方は廃材などを利用して練習するのも一つの方法です。

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELでできるDIY

 

ラグジュアリーな壁面収納をDIY

ジグソーがあればDIYが一気に本格的になりますが、最も分かりやすいのが収納家具などのDIYです。

こちらは木材をBOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELでカットし、組み立てた作品。

壁に設置し、ティーカップセットやジャムなどの収納に活用しています。

ジグソーを取り入れたDIYは、収納家具も好みのテイストに仕上げることができるのが特徴。

こちらは曲線を複雑に組み込んで、ラグジュアリーな風合いに仕上げています。

ジグソーカットで好みのインテリア小物をDIY

https://www.instagram.com/p/BGmzUO9lTXR

BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELに慣れてきたら、好みの型にカットしてインテリア小物を作ってみるのもいいですね。

こちらはさまざま木材をカットし、ハート型に組み合わせたパズルのような作品。

木材はそれぞれペイントを施しており、ヴィンテージ感のあるおしゃれな作品に仕上がっています。

おしゃれなキッチン用品をDIY

Когда людям с улицы говорят "разделочная доска", большинство представляют прямоугольник из соснового щита. Наши посетители всегда эксперементируют с формами и материалами 🙂 Перед вами разделочные и сервировочные доски от учеников DIY Академии. Учитесь мыслить нестандартно) #diyacademy #diy #diyакадемия #bosch #boschgreen #wood #woodwork #moscow #follow #flacon #москва #столярнаямастерская #столяр #handmade #сделайсам #курсы #мастеркласс #doityourself

A post shared by DIY Академия Bosch (@diyacademy) on

ジグソーでもっと実用的なDIY作品を求めるなら、まな板などのキッチン用品にも挑戦してみましょう。

こちらは木材をBOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PELでカットし、サンダーなどで木材の表面をしっかり滑らかに加工していきます。

あとはブライワックスなどで、好みのペイント加工をすればOK。

まな板として使用してもいいですが、調理した肉料理などを乗せてもおしゃれな一品ができそうです。

Source: BOSCH
Photo by: instagram