削って削ってツルツルにっ【サンダー】
BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80A

¥ 5,846(税込) ※掲載時

片手でラクラク操作のコンパクトタイプのマルチサンダーです。

アイロンのような形状のサンディングプレートの採用により、隅々までしっかりとみがけます。

さらに先端の三角部がとりはずせ三方向に回転させて取付けられるので、ペーパーを無駄なく使用できます。

新マイクロフィルターシステムは、電動工具本体が吸い上げた粉じんを、微粒子フィルターがろ過し、クリーンなエアだけを排気するサンディングの新システムです。

サイクロン効果を取り入れた新ユニットは、フィルターの目づまりを軽減し高い吸じん効率を実現し、快適な作業環境を保持します。

わずか900gのコンパクトボディーは、きき手を選ばず片手でラクラク操作。ラバーグリップも装備しているので、より手にジャストフィットし、効率よく作業ができます。

Amazonで購入

BOSCH(ボッシュ)とは?

https://www.instagram.com/p/BKBkQBpjIq-

BOSCH(ボッシュ)はドイツ生まれのメーカーで、バッテリなどの自動車部品や電動工具を製造、販売しています。

日本ではあまりなじみがありませんが、家電製品も取り扱っているため、本国ドイツを始め日本以外の国では電化製品のメーカーとしてのイメージが強いようです。

そんなBOSCH(ボッシュ)は設立当初は自動車部品を中心とした製品を取り扱っていましたが、自動車修理のための工具にもニーズが高くなり製品化。

電動製品が浸透し始める1928年ごろには、電動工具も生産しはじめ徐々に知名度上げていきます。

さらに1966年にはDIY用品の取り扱いを開始。

日本では自動車部品と同様にDIY用の電動工具でも知られるほどの、メーカーとして成長しています。

マルチサンダーって何?

https://www.instagram.com/p/BKbgpadj_Sn/

今回ご紹介する、吸じんマルチサンダー PSM80Aは電動工具の一つ。

DIYの素材としておなじみの木材の表面を滑らかにする工程、「やすり」をかける作業を簡単且つ気軽に行ってくれるのがマルチサンダーです。

一般的にやすりを掛ける作業は、紙や布製のやすりを使い、手作業で行います。

しかし実際にやすりを手で行うには、労力も根気も必要な作業。

木材が多ければそれだけやすりを掛けなければいけないので、体力的にも疲れてしまいます。

かといって作業を飛ばしてしまうと作品の出来も悪くなってしまうので、やすり作業はとっても大切な工程なのが分かります。

そんな地味な作業を素早く行ってくれるのがサンダーで、コンセントを指して木材に本体を当てるだけで、勝手にやすり作業をしてくれる優れもの。

しかも手で行うよりもきれいに仕上げてくれるので、DIY初心者だけど作品を本格的に作りたい方には必須アイテムでもあります。

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aのポイントまとめ!

 

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aの基本性能

https://www.instagram.com/p/BBPe-MpyH_G

細かな部分も片手でラクラク作業できる

電源 100V(50-60Hz)

消費電力 80W

回転数 11,250min-1(回転/分)

ストローク数 22,500min-1(回/分)

オービットダイヤ(軌道) 1.4mm

プレートサイズ 105×154×154mm

ペーパーサイズ 93mm×93mm×93mm、93mm×60mm×100mm

質量 900g

https://www.instagram.com/p/BWuzOg3l-mT

DIY用の電動工具の中で、ドライバーの次に活用度のある電動サンダー。

しかし一般的な電動サンダーは重厚感もあり、初心者だとなかなか使い勝手が悪いものも多いです。

そこでおすすめなのが、OSCH(ボッシュ) の吸じんマルチサンダー PSM80Aです。

見た目はアイロンのようなかたちをしており、一般的なサンダーよりも小型なのがポイント。

本体重量も900gと軽く、片手で持ちやすいデザインになっているので、気軽な作業が可能になります。

しかも電動サンダーで多い、細かな部分や素材の隅を研磨できないデメリットを、アイロン型にすることで解消。

このためDIY初心者で、電動サンダーを求める方にぴったりな工具と言えます。

散らばる粉じんもしっかり吸引!

Ponçage en cours #bosch #multisander #wood

A post shared by Arian Noveir (@james._.duff) on

やすり作業を行う上で最も面倒なのが、粉じんの後始末です。

特に電動サンダーは効率よく素材を研磨してくれますが、排気エアーによって粉じんが室内に舞ってしまい、手作業よりも後処理が面倒になることも多いです。

しかしOSCH(ボッシュ) の吸じんマルチサンダー PSM80Aは、本体に吸じん気のが付いており、研磨を掛けながら粉じんを吸引。

このため後始末にも困らず、簡単にやすり作業ができるようにもなるのです。

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aの基本使用方法

 

木材にやすりを掛ける

https://www.instagram.com/p/BNg9ptcji1c

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aの使い方は、本体フロント部分にある赤いボタンを押すだけ。内部のモーターが起動し、木材などの素材を研磨してくれます。

使用する前は、付属のサンダーペーパーを必ずセットしましょう。

こちらは消耗品で別売りもしており、種類もあるので目的に合わせて選んでいきます。

スイッチを押した後は、好きな部分にあてて研磨。加減などを見ながら作業を行うだけです。

塗装を剥がす

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aでの塗装を剥がす作業は、乾いた状態での使用ができます。こちらも赤いスイッチを押し、気になる部分に本体を当てるだけで作業が可能です。

面取りをする

DIYは木材を圧化音が多いので、角の面取りを紙やすりなどで手作業で行うのも面倒ですよね。

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aがあれば、スイッチを入れて木材の角部分に当てるだけで、好みの面取りが素早くできます。

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aでできるお手軽DIY

 

2×4DIYもマルチサンダーで優しい風合いになる

https://www.instagram.com/p/BcR9kRWB2qQ

大人気の2×4を使用したDIYは、ホームデンターで素材を購入する方も多いはず。

木材はそのまま活用せず、マルチサンダーを掛けて滑らかな質感にしていきましょう。

仕上がったときの全体的な風合いも良くなり、木材の棘が刺さらないよう防止にもなります。

こちらは2×4材を使ったキッチン用品の収納棚をDIY。

あえてペイントはせずに、サンダーを掛けた優しい質感にこだわっています。

サンダー加工でリメイクDIY!

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aがまだ使い慣れていない方は、既存の家具をリメイクするのに使用してみてはいかがでしょうか。

こちらは元々あった丸テーブルを、サンダーで塗装を削ったところです。

艶加工が施されていた部分をマットに仕上げ、風合いの良いリメイク作品に仕上げています。

風合いの良いテーブルをDIY

https://www.instagram.com/p/BcRybpzhhAE/

BOSCH(ボッシュ) 吸じんマルチサンダー PSM80Aの使い方にも慣れてきたら、基本的な使い方以外にも活用していきたいですね。

こちらはテーブルの天板をDIYで制作。ブライワックスやワトコオイルで、木目を出した塗装を施し、マルチサンダーを使ってヴィンテージな風合いの膝窩を出して仕上げています。

最近はヴィンテージな家具やインテリアが人気なので、うまく活用しておしゃれなDIY作品を制作していきましょう。

Source: BOSCH
Photo by: instagram