DIYをはじめよう!と思った時に、間違いないインパクトドライバーといえば【インパクト】
BOSCH(ボッシュ) 18Vバッテリー インパクトドライバー PDR18LI-1B

¥ 10,504(税込) ※掲載時

回転数:0-2,600回転/分
打撃数:0-3,200回/分
最大トルク:130N・m
質量:1.25Kg(バッテリー含む)
標準付属:キャリングケース、1.5Ahバッテリー1個、充電器

製品型番 PDR18LI-1B
商品重量 1.25 Kg
梱包サイズ 42 x 33 x 13 cm
サイズ 1.5Ahバッテリー1個+充電器
色 緑
スタイル 1.5Ahバッテリー+充電器
材質 ポリアミド
電源 コードレス
電圧 18 V
Torque 130 newton_meters
電池付属 いいえ
電池使用 いいえ

Amazonで購入

BOSCH(ボッシュ)とはどんなメーカー?

https://www.instagram.com/p/BcZqQaGjA6f/

BOSCH(ボッシュ)は電動工具のメーカーとして、世界的に広く知られています。

1886年ロバート・ボッシュによってドイツで創設され、130年以上の歴史を誇る老舗でもあります。

BOSCH(ボッシュ)は創設当初、自動車部品の生産を中心としたビジネスを展開。

1886年と言えば、ガソリン自動車が誕生し始めた時期でもあるので、創設者のロバート・ボッシュは自動車の普及を見越したビジネスを広げていったのでしょう。

その成果もあり、現在は同じドイツ生まれの自動車メーカー、ベンツと共同でさまざまな最新技術を搭載した自動車の開発を進めています。

自動車部品の生産からスタートしたBOSCH(ボッシュ)ですが、徐々にそれに連なる自動車工具や付属品の製造など、ニーズに合わせた商品を展開していきます。

そのノウハウをDIY工具にも活かし、現在は質の高い電動工具を製造、販売するまでに至っています。

この結果BOSCH(ボッシュ)は、世界で最もシェアの高い自動車部品や電動工具のメーカーとして、知名度を誇っています。

BOSCH(ボッシュ)が取り扱うDIY工具として、電動ドライバー系や電動のこぎり、サンダー(やすり)など、DIYに関する道具を一通り揃えることが可能です。

インパクトドライバーとドライバーの違いは?

https://www.instagram.com/p/Ba5kWFrn-uY

今回紹介するBOSCH(ボッシュ)インパクトドライバー PDR18LI-1Bは、名前から見て分かるように一般的なドリルドライバーとはまた違います。

これはDIYに慣れている方でしたら知っている方も多いでしょうが、電動ドライバーを初めて触る初心であればドリルドライバーとの違いも曖昧になっているはず。

そこで商品を紹介するまでに、インパクトドライバーとドリルドライバーの違いをまとめます。

一般的な電動ドライバーは、ネジを締めたり緩めるなどの作業を簡単にできる道具というイメージ。

このイメージはインパクトドライバーとドリルドライバー、どちらも同じですが、同じ作業でも機能や仕組みが大きく違います。

皆さんが良く知るドリルドライバーは、回転の力のみによって動作する工具で、トリガーを押すだけで木材などの素材に穴を開けたりネジ締めや緩みを出すことができます。

一方インパクトドライバーは回転に加えて打撃(インパクト)を素材に与えつつ作業ができる工具。

トリガーを押すと「プシュッ!」と音が鳴るのは、この打撃音が出ているからです。

このためインパクトドライバーは固い素材や、長いビスを扱う作業に向いています。

このようにインパクトドライバーとドリルドライバーは、細かい用途によって活躍度も変わってくるので、機能をしっかり理解して選んでいくのが良いでしょう。

インパクトドライバー PDR18LI-1B の特徴をチェック!

 

インパクトドライバー PDR18LI-1Bの基本性能

能力 木ネジ:最大125mm

普通ボルト:M5-M12

高力ボルト:M5-M10

定格電圧 DC18V(充電式専用リチウムイオンバッテリー)

回転数 0~2,600min-1(回転/分)

打撃数 0~3,200min-1(回/分)

最大締め付けトルク 130N・m

質量 1.25kg(バッテリー含む)

振動3軸合成値 11.2m/S2(ネジ締め時):EN60745-2に準拠

充電時間 約30分(空→80%充電)約60分(空→フル充電)

とにかく軽い!DIY初心者でも扱えるインパクトドライバー

https://www.instagram.com/p/BbGfREFFEbX

バッテリータイプのインパクトドライバーの難点は、重要が重く長時間の使用だと腕がつかれてしまうところにあります。

特にDIY初心者であれば、インパクトドライバーは軽いほうが使いやすいです。

BOSCH(ボッシュ)インパクトドライバー PDR18LI-1Bはそういった重量部分を意識した商品で、バッテリーを加えても1,25Kg という軽さ。

これは同じBOSCH(ボッシュ)のインパクトドライバーGDR18V-ECNと比べても軽く、DIY初心者や女性でも扱いやすいのが魅力です。

リチウムイオンバッテリー18Vで長持ち安心!

バッテリータイプのインパクトドライバーで、最も不満の声が高いといわれる電力の弱さ。

これはインパクトドライバーに限らず電動工具のパワーや、使用時間にも関わるので重要なポイントです。

従来のインパクトドライバーは、バッテリーがあまり持たずこまめにバッテリーを交換しなくてはいけませんでした。

インパクトドライバー PDR18LI-1Bはそういった面を考慮し、リチウムイオン18Vバッテリーを採用。

パワーと使用時間も、申し分ないほどのパフォーマンスを発揮します。

BOSCH(ボッシュ)インパクトドライバー PDR18LI-1Bの基本の使い方

 

ネジを締める

インパクトドライバーPDR18LI-1Bの最も基本的な使い方の一つであるネジを締める方法は、グリップ部分にある赤いトリガーを押せば動作すりだけ。

インパクトドライバーはドリルドライバーよりも勢いが強いので、最初の内は慣れないかもしれません。

心配な方はテストなどを兼ねて、練習してみるのもいいでしょう。

ネジを緩める

https://www.instagram.com/p/BXcLPPSnEwB

ネジを緩める際は、本体の横にある赤いボタンを押すと逆回転に切り替わるので、その状態でトリガーを押せばOKです。

穴を開ける

インパクトドライバーPDR18LI-1Bで素材に穴を開けたいい場合は、ヘッド部分を交換して置く必要があります。

本体の先端部分にある、黒いスリーブを掴んで引っ張るとヘッドが外れます。

その状態で別のヘッドを交換すればOKです。

後は本体横の赤いボタンで正転にし、トリガーを押すだけです。

インパクトドライバー PDR18LI-1Bでできる初心者必見のDIY事例3つ

 

まずは手始め!100均素材でDIY

#テレビボード #失敗 #本棚になった ゆずきにプレゼント #すのこdiy

A post shared by 3isato (@myu11130614myu) on

インパクトドライバーPDR18LI-1Bを手に入れたら早速DIYに挑戦してみましょう。

まず最初のDIYとしておすすめなのが、100均素材を使ったアイデア大工。

特に100均のすのこは、組み合わせ次第で収納棚にもできるので大活躍します。

こちらはそんな100均のすのこを使ったCDラック。

仕切り部分をねじ止めすれば、ササッとできちゃいます。

キットで気軽にできるDIY

インパクトドライバーPDR18LI-1B を活用したDIYに慣れてきたら、今度はちょっと難しいものにも挑戦していきましょう。

おすすめは気軽にベンチや棚などが作れるキットで、ぴったりのサイズにカットされた木材とネジがワンセットになっています。

購入したら後は組み立てるだけ。

好きな色合いにペイントして、好みのアレンジをしていきましょう。

ちょっと頑張って壁面収納を取り付け!

https://www.instagram.com/p/BcW_ZTSFZUe/

インパクトドライバーPDR18LI-1Bの扱いに慣れてきたら、人気の壁面収納の取り付けにトライしていきましょう。

壁面収納はお住いのお部屋によっても状況が違うので、ディアウォールなどの関連商品を取り入れていくのも一つの方法です。

こちらはアイアン製のウォールシェルフを壁に取り付け、木板をはめ込んで完成。

木板はブライワックスなどで風合いの良いペイントを施すと、おしゃれに仕上がります。

Source: bosch
Photo by: instagram