「南の島には幸せがある」沖縄&鹿児島で島暮らしを体験して気がついたコト

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

こんにちは、ライターの宮﨑(@JIBURl)です。
世界中の島の魅力を広めている高城剛さんは「南の島には幸せがある」とおっしゃっています。
参考リンク:【高城剛氏トークライブ】旅は、人を幸せにするのか?イベント書き起こし
都会から遠く離れた南の島での生活が、これからの豊かな暮らしにヒントを与えてくれるかもしれません。
しかし、海なし県長野県で生まれ育った私にはいまいちピンときません……
そこで沖縄の座間味島と鹿児島の甑島へ行って、島暮らしを体験してきました。
今回はふたつの島で感じたことをご紹介します。

沖縄の座間味島はレジャーが楽しめる島

まず最初に向かったのは、沖縄県座間味島。
座間味島は沖縄本島から西へ40kmの位置にある島で、高速船に乗ると50分で到着します。

01. ホエールウォッチング

座間味島の名物はホエールウォッチング。
毎年1月から3月末までザトウクジラを見ることができます。
DSC_1187
ザトウクジラを見るために一日に何隻も船が出ています。
外国人観光客もたくさん来ていました。
DSC_1107

02. スキューバダイビング

座間味島の海はスキューバダイビングのスポットでもあります。
日本全国や海外からもダイバーが集まっていました。
DSC_1206
シュノーケリングやスタンドアップパドルも人気です。
透明度が高い海が座間味島の魅力ですね。
DSC_1008

03. レジャーを楽しみたい人に最適な島

座間味島はレジャーを楽しみたい人に最適な島だと感じました。
ホエールウォッチングやスキューバダイビング、シュノーケリングなどのレジャー設備が整っていますし、島内のお店や飲食店も観光客の対応に慣れているからです。
DSC_1214
外国人観光客に対応するために英語表記のメニューを用意しているお店もありました。
沖縄の座間味島は、長期休暇で遊びに行く島としておすすめです。
DSC_0996

鹿児島の甑島はのんびりした島暮らしができる島

次に向かったのは鹿児島県甑島(こしきしま)。
甑島は鹿児島本土から西に35kmほどの位置にあり、高速船で50分。

01. 絶品のキビナゴ料理

甑島の名物は、キビナゴ料理です。
獲れたてのキビナゴは包丁を使わずに手でさばき、プリップリッのお刺身に早変わり。
刺身で食べると「甘い!」と思わず叫びたくなるほど、白身魚の甘さを感じられます。
DSC_1727
キビナゴはアヒージョにも最適。
オリーブオイルとニンニクの香りで、ますます美味しくなります。
DSC_1711

02. 必ず挨拶をしてくれるアットホームさ

甑島を歩いていると、住民のみなさんから「おはようございます!」、「こんにちは!」と必ず声をかけられます。
離島ならではの「コミュニティ内での人間関係の濃さ」を感じました。
DSC_2471
民家の軒先には、野菜の無人販売もありました。
今でも無人販売が成り立つのはご近所で信頼関係が強く、よそ者が少ないからでしょう。
DSC_2430-2

03. のんびりと暮らしたい人に最適な島

甑島はのんびりと暮らしたい人に最適な島だと感じました。
島には観光資源は少ないですが、美味しい海の幸や昔ながらのコミュニティがあるからです。
気候も温暖なので本州よりも早く春が訪れていました。
DSC_2490
鹿児島の甑島は漫画Dr.コトー診療所のモデルになった島。
のんびりと島暮らしをしたい人におすすめです。
DSC_1749

南の島にはそれぞれ違った幸せがある

沖縄の座間味島と鹿児島の甑島をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
「南の島」と一括りにしてしまいますが、実は島ごとに特徴は違います。
レジャーに向いた島があれば、のんびりと暮らすのに向いた島もあります。
二つの島で過ごしてみて、「南の島にはそれぞれ違った幸せがある」と感じました。
しかし、南の島ではデスクワークができないのでは?と心配になりますよね。
そこで次回は、南の島でリモートワークをした体験をお伝えします。


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント