マッチョなメンズが自転車を漕ぎまくる人力発電の家

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


キットハウス構造の工夫がすごい

この家は別の一面にフォーカスできる秀逸な建物なのです。

着目したのはその構造。

5Photo by: Miguel de Guzman

一般的な住宅のような、柱や梁はありません。

三角形のパネルを組み合わせて大きな空間を形成しています。

実はこれ、トラス構造と呼ばれる構造で、日本では一部の公共施設に採用されています。

その特徴は

・大きな構造材を必要としない

・応力を分散できるので、部材強度は高くなくて良い

・三角形は変形しずらいので、実は剛性が高い

など、なかなか魅力的です。

キットハウスにトラス構造を採用した意味

注目すべきは、このトラス構造をキットハウスに採用したというアイデアです。

ひとつずつの部材が小さく軽量なので、分解・運搬・組み立てが容易なのです。

これは、キットハウスとしてもっとも重要なことではないでしょうか。

定位置を決めず、必要にあわせて移動できる。

もちろん、用途に合わせて大きさもチョイスできます。

1台分の駐車スペースにミニマムなワンルームとか、写真のようにビルの屋上を間借りして住んでしまうとか。

アイデア次第で、組み立てる場所は無限に生み出せそうです。

インターネットのおかげで、電話線1本あればどこでも仕事ができるように、好きロケーションに組み立てて住む。

必要に応じて移動しながら、流浪の民になれる。

そんな未来がそこにはあるような気がします。

Source: inhabitat
Photo by: Miguel de Guzman


前のページへ

1 2
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント