【人間工学を採用】「たった数日で組み立てる」事ができるマイクロホーム

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

人間工学を用いた、たった数日で組み立てる 家

カナダの会社、NOMAD Micro Home は「たったの数日で組み立てることのでき、人間工学を使用したプレハブの家」を作っています。

このモジュラーハウスは、熱放熱を最小限にし、ソーラーパネル ヒーティングシステムや雨水タンクを使用することができます。

こういった技術の発展により、経済的にも環境にも優しい家を作ることができるようになりました。

prefabricated-homes-plan prefabricated-homes-1 prefabricated-homes-2 prefabricated-homes-3 prefabricated-homes-4photo:Goods Home Design

たった3m四方の家

このスタンダード モデルは、リビングルーム・キッチン・バスルーム、2階部分にベッドルームが備え付けられ、横幅がたったの3メートルしかありません。

たった9㎡の敷地に建つこの小さなスペースを最大限に使うため、2階へ行く階段は、キッチンの真上に設置されています。

三角形の階段のステップがバランスよく計算して付けられているため、おしゃれなディスプレイ シェルフのようにも見え、壁一面に大きな窓が使用されているため採光もよくとても明るいイメージ!

リビングスペースは、ソファーの前のテレビを見ながらくつろぐ為の十分のスペースがあり、大きな窓は光を取り入れるためだけではなく、スペースを広く見せてくれる効果もあります。

写真をみる限り、そんなに感じませんがこのサイズ表記を見ると驚きです。

本当に3m 四方の家なんです!

ミニマムを通り越して、マイクロホームです。

このバスルームは、幅約75cm。

prefabricated-homes-7 prefabricated-homes-8photo:Goods Home Design

トイレスペースだけではなく、さらにシャワーが付いています。

ミニマムハウスでは、このようなバスルームが時々ありますが、日本人の私たちにとっては、バスタブが欲しい、というのは贅沢なのでしょうか?

災害避難用シェルターとしても期待

このプロジェクトの開発者は、モジュラーハウスを都会でも田舎にも対応でき、ファミリーホームとしてだけではなく、自然災害にあった地域のシェルターとしても利用可能だと言っています。

ミニマムハウスとしてこの家を建てることにより、建築費用が大幅に削減されるという利点だけではなく、自然エネルギーを利用できるシステム、さらに数日で完成するというこの家の最大のメリットを活かし、災害に遭われた方のシェルターとしての機能を果たしてくれる未来に期待したい家ですね。

via:Goods Home Design

Editors’ Voice 佐藤駿

「たった数日で建築可能」というだけで家という用途が拡張する好例。

テントのプレミアム版と捉える方がいいのかな。

3Dプリンターがより普及することで「印刷して住める家」のようなものがこれからきっとでてくるのでしょう。そしたら、運搬も必要なくなるので更にコストは下がるでしょうね。

建築基準法など、現状の規制には全くそぐわない家ですが、こういった小さなうねりからあるべき形が変わっていく。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント