《脱東京》本田直之氏が考える豊かなライフスタイルの未来とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

インプットがあってこそのアウトプット

photo-1443827423664-eac70d49dd0d

佐藤:話をお伺いしていると、共通して「インプットがないといいアウトプットが出ない」という感じだと思うんですよね。

多様性に触れまくって、そのインプットがあって、自分の中の判断軸が広がって、さらにその中で自分が理想とする生活とか、目指すべきところに最適なところをチョイスしてやるみたいな感じですかね。

本田:そうだね。いいものを見た中でできてくるものだから。

ゼロから、何も見たことない人がいいデザインをつくれるというのは絶対ないよ。

佐藤:僕もそれはすごく思っていて。

僕もデザインを主にやっている会社で、デザインファームという形態に今期から変えたんですよね。

表面だけの見えるデザインばかり求められるようになってきて、「デザイン」ということを深掘りして考え始めると、「表層のデザイン」と経営や課題解決するような「広義のデザイン」の両面で考えていかないといけないと思うようになりました。

カスタマイズ能力というか、いろんなインプットを組み合わせたら1個の作品になるというのが、デザイナーの引き出しの多さで決まるような気がしていて、そこに平面のデザインだけじゃなくて、コンセプトとかソフトのところをちゃんと構築できるようなデザイン会社のほうが、おそらく伸びていくだろうみたいなことを思っていたときに、アイブの本とかが出てきてこれはいいなと思って。

デザインって、明確な答えがないじゃないですか。

1+1=2という答えがないからこそ面白いところでもあり、難しいところでもあるんですけど。

本田:うん、そうなんだよ。

だからどんな世界でもインプットが本当に重要。

天才的な人からすれば、本なんか読んだってダメだとかって言う人はいるんだけど、それは天才だから。

それを真に受けて、やっぱりビジネス書なんか読んでも無駄なんだって、本書く人がいるじゃん。

それは違うと思うんだよね。

ビジネス書読んだっていい人間はできないとか、小馬鹿にした感じのことを書く人がいるんだけどさ、まあ違うだろうと(笑)

佐藤:共通しているのはやっぱりインプットがあるからこそ常識に縛られないみたいな発想も出てきていて、何も考えずに同じところでいつもと同じように過ごしていると、その場の考え方が当たり前になって、外の当たり前というか、当たり前の基準をいろいろ知らないといけないんだろうなと思いました。

前のページへ 次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント