《脱東京》本田直之氏が考える豊かなライフスタイルの未来とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


自分のクライテリア(基準)とテクノロジーの関係

photo-1421986527537-888d998adb74

だから、まずはテクノロジーを学ばなきゃいけないというのが1つと、あとは自分がどう生きていきたいかという、人生のクライテリア【criteria基準】というか、何が重要なのかというのをすごく真剣に考えなきゃいけないと。

こっちが先だよ。

自分にとって何が大事なんだ、どう生きたいの?というのを真剣にまず考えなきゃいけなくて、その次に、それを実現するためにテクノロジーをどうやって活用するんですかということが出てきて、3番目にもうあとは準備しなきゃいけないんだけど、準備ができたら、もうやってみるしかない。

飛び込んでみるしかない。

準備はしなきゃだめだ。

何もやらないで飛び込んだら最悪なんだけど、これ俺、勘違いされがちだからさ(笑)

とにかくやればいいんですねって言われるんだ。

そういう問題じゃないくて、やっぱり準備しなきゃ失敗する確率は上がるんです。

あとは少しの勇気を持って、ちゃんとした準備〔インプット〕と、自分の人生の真意をしっかり持った上でやれば、こんないい時代はない。

佐藤:どう生きたいかというビジョンをまず定めて、あとはテクニックであるテクノロジーの知識を得る。

まずはそこが準備の段階という感じで、準備が整ったら一歩踏み出す勇気が重要だというような感じですかね。

要は豊かさの基準っていろいろ人によって違うじゃないですか。

日本的豊かさみたいな当たり前の基準が、今まではいいマンションを買って、いい土地に住んで、いい企業に勤めてみたいなところがすごくあったと思うんですけど、今は物質的豊かさから経験価値を重視するような人が増えてきているかなと思っていて、それが移住というところも絡んでくるのかなと思っているんですけど、本田さんにとっての豊かさ、すごく漠然とはしているんですけど、一番大事にしているものみたいなものは何なんですかね?

本田:まず、一番大事にしているのは「自由度」だね。

何にも縛られないこと。

何からも解放されていること。

これが俺の中の豊かさの基準というか、結局何かに縛られて生きるというのは、仮にお金がすごくいっぱいあったとしても、時間的な制約があるとか、移動の制約があるわけじゃん。

でも、仮にお金がなくても、移動の自由があればやれることっていっぱいあるんだろうし、もっと豊かに生きられる。

まず、俺の中では制約されることがハッピーじゃないから。

これは人それぞれ全然違っていいと思うんだけど。

俺にとっての幸福というのは自由ということだと。

自由には当然、リスクとか責任とかがつきまとうよねと。

自由というのは権利じゃないから。

権利だと思っている人いるんだけどさ。

自由に生きるということは、誰も面倒見てくれないということだから、権利でも何でもないというか、自分で何かしなきゃいけないということ。

誰も責任はとってくれないよ。

それを勘違いしている人が多いんだよ。

誰かに与えられるものじゃないく、自分で勝ち取る。

前のページへ 次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント