《脱東京》本田直之氏が考える豊かなライフスタイルの未来とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

人生は壮大な実験

10294420724_0300cf921d_o

だけど、俺が20年前にアリゾナで大学院に留学しているときに、夏は涼しいコロラドに住んで、冬は暖かいアリゾナに住むという人たちが結構いたわけ。

こんなんでも仕事って成り立つんだなと、うっすら思ってはいたんですよ。

だからそういう生活が、何となく頭の中に何かあったと思うんだよね。

2004年から準備している中で、あの時代のレベルでも、もしかしたら結構できるかなと。

ほとんどそのころってノートパソコンで仕事していたから、デスクトップはほとんど使わなくなっていた。

とにかくもう、「どうなるかわからないけどやってみよう」というのが2007年。

佐藤:やっぱり一歩を踏み出すということがすごく大事ですよね。

本田:そう、人生は壮大な実験だと思っているから。

実験して生きないと面白いことできないでしょう。

それが今、2007年から8年、9年ぐらい経ってみて思うのは、もうこんなに環境整っているわけじゃん。

やらなきゃ損だと思うんだ。

本もたくさん出たし、そういうことをやっている奴もたくさん出たし、テクノロジーは後押ししてくれているし、たった10年の変化なんだよね。

ここから先10年考えたら、もっとすごいことになると思う。

もっと変わると思うんだよね、世の中。

もっとやりやすくなると思うから、今真剣に考えてアクションを起こしていかないと、10年後、「まだそんなことやっているの?」みたいになっちゃうから。

いいの?それでっていう。

もっとちゃんと考えたほうがいいんじゃないのかと。

佐藤:そうですね。

今テクノロジーの進化はもちろんそうなんですけど、LCCとか移動に関しても、どんどん安くなってきていますし、「シェア」という概念もどんどん広がっているので、コストという部分では大分下がっていくと思うんですよね。

本田:そう。

だからそれを知っているか、知らないかでコストも全然違うし、人生の幅も違うし、自由度も違うというか。

それを学んで使わなければ、ものすごく損する時代だと。

今までどおりの生き方していたら損しちゃうと思うんだよね。

例えばiPhoneとか使いませんとか、Skypeとか使いませんと相変わらず言う人もいるじゃない。

もう大分減ったけど、それってすごい損だと思うんだよ。

佐藤:「もったいない」と僕もすごく思います。

本田:例えばこうやってミーティングできる。

そもそもお金だけの問題じゃないけどさ、これタダでやっているわけだからさ。

こんなの「いや、俺はあえて使わないんだ」とか言って、お金払っている、もしくはそういう機会を逸しているって、こんなもったいない話はなくて。

それと同じようなことが今後10年でもっといっぱい起こると思うんだよね。

前のページへ 次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント