《脱東京》本田直之氏が考える豊かなライフスタイルの未来とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


身体への投資の未来

1001159_10201447755776499_770372633_n

佐藤:あとは運動についてお聞きしたいです。

サーフィン、トライアスロンを長いことやられていると思うんですけど、「身体」についておききしたい。

先ほどお伺いした食に関することと、スポーツも身体を維持するには必要だと思うんですけど、本田さんは、身体への投資はどうお考えですか?

本田:身体は食と一緒です。

結局資本なわけで、その基は食なんだけど、みんな身体って永遠に「よさ」が続くと思っているでしょう? 

そんなわけなくてさ、どこかでガタが来るわけで思いもしない病気になるかもしれないんですよ。

体が動かなければ、仮に自由になっても楽しめないということ。

足腰弱っちゃってもう外も出歩けませんとなると、例えば60歳ぐらいで会社引退して遊びにいきたいのに、もう家で寝ているしかありませんとか、そんな不幸な話ないでしょう。

やっぱり身体って本当に資本なんだよ。

だからすごく身体のことも考えて、トレーニングもそうだし、食べるものもそうだし、例えば検査するとかも大事です。

俺らぐらいの年になってくると、周りでがんになったとか、亡くなったとかって出てくるわけ。

みんな自分は永遠に続くと思っているけど、そんなことはない。

トライアスロンなんかやっていてよくみんなで話しているのは、やっぱりこうやってレースできていること自体がもう幸せなことだよね、と。

だって、やりたくたってできない人たちもいるわけだしさ。

だからすごく考えていかないと。

20代とか30代とかではあまり気づかない。

そのころに適当に過ごしていると、やっぱり後で後悔することになっちゃうよ。

本田直之氏、今後の展望は?

415627_3044953243510_281299490_o

あとは今後本田さんが何をやっていくか、何を重視して行動していくのかというのは、多分皆さん知りたいかなと思っていて、それをちょっとお聞きしたいなと。

本田:それよく言われるんだけどさ、今後の夢とかないんだよ。

今やっていることを、一番大事なところで「自由に生きる」ということ。

これはブレなくて、その根本的なものがあって続けていくということが、自分にとってみると大事だなと。

今やっていることは、面白いと思ってやっているわけです。

だからそれをやりながら、何か広がっていくかもしれないし、ここからテクノロジーがまた進化していけば、もっといろんなことができると思うし。

だから今決めつけ過ぎるのも何かね。

昔は俺、決めなきゃいけないと思っていたわけ。

だけど今は変化が激しいから、あまり決め過ぎると自分の可能性を狭めちゃうから。

佐藤:アップデートする感じですか?流れに。

本田:そうだね。

例えばキーボードとか俺絶対なくなると思う、まず第一。

邪魔くさいの、キーボードって。

Siriのレベル大分上がってきているし、もっと上がると思うんだけど、まず、もうキーボードとかというものがなくなり、あとは言葉の壁ももうなくなっていくと思うんだよ。

今、いろんなテクノロジーが多分あと5年とかしたら、音声と同時通訳みたいなのを、iPhoneとかがやってくれるようになると思う。

だからだんだん語学力も必要なくなってくるし、移動コストはもっと下がるし、スピードは上がるし。

今のスピードだったら下がるし、もっと高く払えば、もっと早く着くみたいなものが出てくる。

そういう研究が行われているからさ。

唯一、今の問題は、文字を打たなきゃいけないっていうのってさ、時間と手間と、動きを止めるとかということになるんだけど、しゃべりながらできれば俺らがよくやっている走りながらミーティングするとか、全然普通にできるようになるし、とまっている必要もなくなる。

敢えて場を設けてミーティングとかもする必要ないです。

もっと面白い時代になると思うね。


前のページへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント