《脱東京》本田直之氏が考える豊かなライフスタイルの未来とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

宮崎移住したサーファーのライフスタイル

photo-1415638424454-36a7d12ae941

今回は本に載せなかったけど、宮崎に移住した人がいてさ。

サーファーなんですけど、3.11の後に軽トラ乗って宮崎にたどり着いて、宮崎の幸島〔こうじま〕というところがあって、そこの目の前にあるビーチにたどりついて、サーフィンができて、かつ自分で農業もできてみたいなところを探していたんだって。

で、幸島というところに決めた。

ほぼビーチが目の前で、幸島ってすごく美しい島があってさ、かつサーフィンもできて、自分で農地も持ててみたいなところに移住しちゃったわけです。

その人すごく人懐こい人だから、そこにいたおじさんに、「ここに住みたいんだけど」と言ったら、「この家空いてるよ」って言われて、なんと家賃は月1万だってさ。

写真とか見せてもらったんだけど、とんでもなくいいところ。

この家、空き家になっていてボロいから、ちゃんとみんなでリノベーションしようと、今手作りでやろうとかって話になっているみたいなんだけどさ。

そんな素晴らしい生き方が、日本もできるんだよねという。

本来それ海外だったら、多分何億かみたいな。

感覚がちょっとずれてる。

佐藤:なるほどー。

古いから悪いということでもないけど、日本の建築制度で言えば建物価値は建てた瞬間から下がっていく。

そういった誰かが決めた基準だけでない判断軸を自分なりに作るということですね。

僕は今日聞きたいことが聞けたので非常に参考になりました。

また問いが増えましたね…(笑)。

「食」について

photo-1424847651672-bf20a4b0982b

佐藤:僕、THINK FUTUREのカテゴリー作るときに「未来」というキーワードだけあれば、ジャンルってあまり問わず上げているんですけど、家とか、テクノロジーとか、フードとか。

「食べ物」についてお聞きしたいです。

僕は生きてる中で食事の回数って限られているので、500円の量産された弁当を食べるより、1,200円でもこだわったすげえおいしいやつ食べたほうがいいという価値観にどんどんなってきているんですよね。

本田さんもワインとか、世界中のレストランなどいろいろ行かれていると思うんですけど、それも豊かさの実現だとは思うんですが、食に関しては、こうしたほうがいいみたいなのってありますか?

本田:食べることって生きる上で最も重要なことだと思うわけ。

だけど、食べることに対してあまり考えていない人が多過ぎるというかさ。

食べることって、すごく考えないといけないことなんじゃないかなと思うんだよね。

それを疎かにしている人。

おいしいものを食べるとか、そういうのも含めてだけど、それだけじゃなくて、何を自分が食べているのかちゃんと理解するとかさ。

そういうのはどんどんなくなっちゃっているからさ。

いろんな地域へ行くといいのは、やっぱり旬のものがあって、みんな食材のこともよくわかっているし、すごく勉強になる。

で、ちゃんとわかっていて対面で販売してくれる野菜しか食わないみたいな。

誰がつくっているのかわかって、どうやってつくっているのかもわかって。

何かそういう、東京にない豊かさっていろんな地域に行けば、もう何百年もやっている。

だから、食べることをもっと見直して生きたほうがいいんじゃないかと思う。

食べるの何でもいいよとか絶対に許せない。

とにかくちゃんと選んで食べたいといいますか。

その辺でばばっと入って食べられるみたいなのって、俺絶対許せない(笑)

佐藤:(笑)

レストランとか決めてから行く感じですか?いろんな地域へ。

本田:相当ね!

11954608_10207638440779755_4714208440248055774_n

前のページへ 次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント