家の中?外?屋外と室内を「あいまい」にする、緑と共に成長するスモールハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

01

緑と共に成長する

低予算でグリーンに囲まれた家を作りたいというクライアントの要望で誕生した「THE NEST(巣)」という名の家。

手がけたのはベトナムの設計事務所a21studio。

ベトナムで建材として一般的に使われるコンクリートやレンガの代わりに、金属を使用することで施工時間を短縮し建設費の節約に成功。外観も個性的に仕上がっています。

a21studio-the-nest3-via-smallhousebliss

02 a21studio-the-nest-floor-plan1-via-smallhousebliss a21studio-the-nest-floor-plan2-via-smallhousebliss-1Photo by:Hiroyuki Oki

家の「中」で緑が成長していく過程を見守る

建物は外側と内側の2層構造になっていてとってもユニーク。

外側は「金属メッシュで作られた箱」になっていて、メッシュを覆うようにブドウのツルが伸びていき、最終的に葉っぱが日影と蒸散作用をもたらし、室内を涼しくするようになっていきます。

家で緑を「育てる」のではなく、家で緑が「自然に育っていく」楽しみを、毎日味わえることでしょう。

03 04Photo by:Hiroyuki Oki

屋外と室内の関係性を「あいまい」に

内側は軽量の鉄骨の柱と梁が支える金属張の建物になっていて、2階に2つのベッドルームとバスルームがあります。

そしてリビングのある1階は、美しいエスニックなタイル張りの床が庭園まで伸び、屋外まで完全に開放された格好。

エスニックタイルの柄はワンポイントで映えるものだと思いがちですが、こうも大胆に使うことで逆に違和感がありません。

ここにテーブルと椅子をもってくれば、毎日テラスの雰囲気で食事やティータイムが楽しめてしまうのです。

こぢんまりとした佇まいながら、空間を広々と開放的に使うための工夫が随所にみられます。

グリーンに囲まれた都会の巣は、外と内の境界を心地よく曖昧にしたオアシスのようですね。

05 06Photo by:Hiroyuki Oki

Source: SMALL HOUSE BLISS


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント