グルーガンの使い方のコツは?注意点&活用例を解説

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

最近は手芸店だけでなく百円均一でも手軽に入手できるようになったグルーガンですが、少し前まではリースにドライフラワーや木の実、造花などを飾りつけるときに貼り付ける道具くらいしか利用法がないと考えられていました。

DIYにおいて重宝されるグルーガンですが、使い方にはコツが必要なアイテムでもあります。

しかし、最近はアイディア次第でいろいろ楽しめるクリエイティブなツールとして知られるようになりました。

その使い方と特徴、グルーを使ったオリジナル作品の作り方や簡単DIY、ライフハックなどをご紹介します。今回は、DIYの技術を向上させる上で必須アイテムとも言えるグルーガンの、上手な使い方を徹底的に解説していきたいと思います。


グルーガンとは?「接着剤を塗るためのピストル形状の道具」

グルーガンとは、グルースティックと呼ばれる接着剤を塗ることのできる、ピストルのような形をした接着ツールのことです。実際の銃のように、トリガーを引くことで接着剤を出していきます。

グルーガンの使い方

まず、グルーガンの使い方を説明します。
銃のような形状の器具(グルーガン)に棒状のプラスティック樹脂(グルースティック)を入れて熱をかけ、引き金を引いて溶けた樹脂を押し出し、接着したいものに垂らすことでくっつけるというシンプルなものです。
このときグルーガンの先端部分や溶けたグルーは100度を超える高温になっているので絶対に触らないように注意してください。
また、使用中のグルーガンを置く際には付属の針金状のスタンドなどを用いて下向きに置きましょう。
通電中のグルーガンからは引き金を引いていないときでもグルーが少しずつ流れ出していますので、上向きにすると本体内部に溶けたグルーが逆流してしまい故障の原因となります。
グルーガンで作業する際には机の上に紙やマットを敷いておくと汚れずに済みます。

グルーガンのメリット 接着即効性が高い

グルーガンは、数十秒で接着が完了する即効性が最大の長所です。
通常の接着剤では、どんなに短くとも数十分単位の時間を要するので、細かい作業を要求されるDIYでは強い味方となります。

グルーガンのデメリット 加熱時間が5分程度かかる

グルーガンを使う際には、グルースティックを溶かすためにプラグを5分ほどコンセントに差し込まなければなりません。
通常の接着剤と違い準備に時間がかかってしまうので、これが唯一の短所と言えるでしょう。

グルーガンと接着剤の違いは「温度」

グルーガンは温めてから使うため、他の接着剤と比べても温度が高くなっています。
そのため、素手ですぐに触れると火傷をしてしまう危険性が高いので注意しましょう。

グルーガンで接着できる素材

グルーガンはかなり多様な素材を接着できますが、表面が滑らかな素材(金属やガラス、プラスティックなど)に関しては接着しづらく、はがれやすい性質を持っていますが、木や紙、布、皮といった素材には、どのような場面であっても十分な接着強度を発揮します。

しっかりと接着できる素材は紙や布、木材や皮、発泡スチロールなどの、表面に多少の凹凸のある素材が向いています。
グルーは繊維の中にまで浸透することはありませんので、グルーガンを使用することによって素材の風合いが損なわれることはありません。
よく聞かれることとして接着剤との違いがありますが、接着剤は乾くまでかなりの時間を要しますが、グルーガンは樹脂が冷めれば固まるので早く接着ができます。
グルーガンが接着しづらい素材には接着剤と併用する、または接着剤で接着するなどそれぞれを用途に応じて活用することがベストです。

接着できない素材 プラスチックやガラス

表面が滑らかなプラスチックやガラス、鉄といった素材に使うと、すぐに剥がれてしまう場合が多いです。

グルーガンの使用温度は?「120〜200℃まで調整可能」

グルーガンは、グルースティックを溶かす温度によって、低温加熱タイプと高温加熱タイプに分類されます。

低温で使用する

低温加熱タイプは、グルースティックが120℃から135℃で溶けます。
比較的に火傷をしにくいので、安心して扱うことが可能です。

高温で使用する

高温加熱タイプは、160℃から200℃で溶けるタイプです。
ガラスや鉄といった接着しにくいとされる素材も、接着することができます。

グルーガンの使い方は?

それでは具体的に、動画と共にグルーガンの使い方を見ていきましょう。

グルースティックをセットする

まずグルーガンの後方から、グルースティックを差し込んでセットします。

電源を入れて、熱くなるまで待つ

続いてプラグをコンセントに差し込んでから電源を入れて、グルーガンの中でグルースティックが温まるのを5分ほど待ちます。

グルーを出す

グルースティックが溶けてから、トリガーを引きつつ対象物を接着していきます。

上手に使うコツや注意点は?

グルーガンの使い方は簡単ですが、上手に使うためのコツを頭に入れておくとさらに有効活用できます。
具体的に4つの注意点を見ていきましょう。

糸をひかないように!

接着するまでの時間が短いからこそ、糸をひいてしまうとそのまま固まってしまいます。
グルースティックを細く長く出すのではなく、太く短く出すようなイメージを持っているといいかもしれません。

グルーをしっかり接着させる

グルースティックは速乾性があるため、対象物にしっかりと接着させることが大前提となります。
なるべく接着面に近い位置からグルーを出して、接着するように心がけましょう。

失敗したらすばやく外す

失敗した場合、間違った形で接着しないように、グルーガンも対象物もすばやく外すことが重要です。

やけどに注意する

高温加熱タイプのグルーを使う場合、やけどをする可能性が高くなるので注意しましょう。

グルーを整形してみる

グルーガンには接着以外の使い道もあり、工作材料としてのグルーガン使用も可能です。
溶かしたグルー自体を整形して物を作るという方法で、大変自由度の高いものになります。
例えばシリコンマットの上にクラフト用の色付きグルーを丸く押し出し、封蝋用のスタンプを押すとラッピングに使えるオシャレなメダルができます。

さらにそのメダルの中心部分に穴をあけてボタンにすることも可能です。
また、丸く輪にしたオーブンペーパーの周りにグルーを好きな形に垂らしてゆき一周巻き付ける、冷めた後にペーパーを取り外せばかわいらしい冠を作ることもできます。

マニキュアやアクリル絵の具で好きな色を塗ってお子さんと楽しんだり、ハロウィンの仮装用に作ったりするのも良いですね。

指のサイズに合わせて指輪、手首に合わせればブレスレット、ネックレスなども作れますので、柔らかい素材なので多少適当なサイズで作っても大丈夫です。
裏返したボウルにアルミホイルをかぶせ、その上からグルーを網目状にかけてみましょう。
外すと網目状のグルー製菓子皿が完成です。
厚みを出して作るのがコツです。
黒や茶色でクモの巣状に作るとハロウィンパーティーに、赤や緑で作るとクリスマスにいいですね。
デザイン能力の高い方や絵心のある方にはとても面白い素材です。
手芸店などではいろいろなカラーグルースティックがありますので、着色の手間をかけずに楽しむのも良いですね。

接着能力を使って工作してみる

グルーを整形しようとしてもなかなかうまくいかない、絵心がなくて難しいことはできないという方にはこんなハンドメイドもオススメです。
靴やサンダルにリボンやボタン、ビーズなどを接着してオリジナルのスタイルを楽しみましょう。
これなら好きな組み合わせで貼り付けるだけなので手を出しやすいですよね。
コルクボードに好きな布を貼ってファブリックボードとして楽しむのはいかがでしょう。
元がコルクボードなのでピンで写真やメモを貼ることもできます。
また、枠の部分にもビーズやリボン、レースや造花を貼って好きにカスタムすることができます。

100均のおすすめグルーガンは?

高性能のグルーガンですが、実は100均ショップでも入手することができます。
そこで特におすすめしたい、ダイソーのグルーガンについてご紹介していきたいと思います。

ダイソーのグルーガン

ダイソーのグルーガンは200円と通常よりお高いですが、消費電力10W、ケーブルの長さは1メートルとコスパが良い商品です。

おすすめの理由

一般的に市販されている1000円前後のグルーガンは、消費電力が20W、ケーブルの長さが1.2メートルほどです。市販のグルーガンに比べると接着力や機動力は劣りますが、DIYに使うには十分な性能を持っていると言えるんです。

グルーガンの活用例は?

それでは最後に、グルーガンを使用したオシャレなインテリアの数々を見ていきましょう。

インテリアリース

 

View this post on Instagram

 

Fleurirさん(@fleurir.m)がシェアした投稿

こちらは小花を散りばめた、オシャレで可愛らしいグリーンリースです。

シーリングスタンプ

 

View this post on Instagram

 

☆さん(@__h_ka_na_)がシェアした投稿

こちらは、招待状を送るための封筒に添えられた上品なシーリングスタンプです。

スマホケース

 

View this post on Instagram

 

ゆみさん(@mbs_atelier)がシェアした投稿

こちらは、布やビーズなど複数の素材を使用した可愛らしいスマホケースです。

コースター

 

View this post on Instagram

 

Small Crafting R’s.comさん(@r.r.com.crafting)がシェアした投稿

こちらは、木材を主体とした落ち着いた雰囲気のコースターです。

スイーツデコ

 

View this post on Instagram

 

Mayu(mayunoka*house)さん(@mayurinff)がシェアした投稿

こちらは、雪うさぎ風の可愛らしいスイーツデコです。複数の色や素材を組み合わせたハンドメイド作品も、気軽に作ることが可能です。

ヘアアクセサリー

 

View this post on Instagram

 

甘栗屋さん(@amgr.shop)がシェアした投稿

このように、大き目の素材を扱ったヘアアクセサリーもお手のものです。

グルーガンを使ったライフハック「滑り止め」

グルーガンを使ったライフハックもあり、グルーは樹脂製なので滑り止めとしても優秀です。
そこで、小さなお子さんの靴下の裏に水玉状にグルーを垂らすと、簡単に滑り止め靴下の出来上がりです。
樹脂は水にも強いので洗濯も可能です。
同様に手袋の滑り止めや靴裏にもお使いいただけます。

まとめ

速乾性があるグルーガンは、使い方のコツさえマスターしてしまえば、こんなにもバリエーション豊かな作品を生み出すことができるんです。

しかも低価格で購入できて、使い方も簡単!
いろいろな使い道を楽しめるグルーガン、きっとあなたも欲しくなるはず。
あなたなりの使い道を楽し見ながらグルーガンを使いこなして、充実したDIYライフを送ってみませんか!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント