延長テーブルつき!移動式ガーデニング作業台を作る

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ドゥーパ!×HANDIYコラボ企画!

日本で唯一のDIY・日曜大工マガジン「ドゥーパ!」と、日本最大級のDIYスナップ共有&メディアの「HANDIY(ハンディ)」のコラボ!

「ドゥーパ! 」で好評連載中の「初心者のためのガーデンエクステリアDIY入門」。2020年2月号では、移動式ガーデニング作業台のDIY方法をわかりやすく紹介しています。その作り方を誌面から一部抜粋してご紹介します。

移動式ガーデニング作業台を作る

デコボコとした庭の中でもスムーズに動かせるように100㎜径と大きめのタイヤをつけた移動式ガーデニング作業台を製作。使用した木材はホームセンターで、束で売られている粗いスギ材。塗装がしっかりとのるように表面を軽くサンディングした。

作業台への天板と棚板の接合は細クギを利用。手間なくクギ打ちできるように、2㎜径ドリルビットで下穴をあけたのが作業のポイントだ。

延長テーブルの天板がアクセントになるように、モッドポッジという仕上げを兼ねた接着剤で、おしゃれなデザインのペーパーを張りつけている。この接着剤を使えば壁紙や布を張ることも可能。天板を好みのデザインに仕上げてガーデニング作業を楽しもう。

製作者Profile

松本恵理(まつもと えり)

DIY/クラフト作家。雑誌、書籍、ウェブマガジンなどでDIY作品のレシピを公開。監修書に『プチプラ10分DIY』(エイ出版)、共著に『小屋女子計画DIYで暮らすインテリアの本』(日本ヴォーグ社)がある。https://erisuke.wixsite.com/spnk

ブログ https://erisuke.exblog.jp/
ツイッターアカウント @erisuke17

木取り表

すべての材を木取りし、側枠を組みてる

  • スライド丸ノコ(または丸ノコ)を使って木材を切断し、板の表面をサンディングする。

 

  • 後脚と側板2枚を25㎜スリムビスで接合する。まず下側2枚から接合。脚は30㎜出っ張らせる。

 

  • 前脚と側板を接合する。こちらは出っ張らせずツライチに。

 

  • 上部側板に前脚、後脚、延長テーブル受けを接合する。

 

ガーデン作業台の骨組みを作り、ハンドルを接合する

  • 側板にタイヤをあて、シャフト差し込み穴の位置を墨つけする。そこに、12㎜径ドリルビットでシャフト穴をあける。

 

  • 前脚に下側、真ん中の前板、後板を35㎜スリムビスで接合する。

 

  • 延長テーブル受け、天板受けを接合する。天板受けの接合位置は板厚分内側で、延長テーブル受けから20㎜上の位置とした。

 

  • 同様に前側にも天板受けを接合し、上部前板も接合すれば骨組みのできあがり。

 

  • ハンドル固定板の取りつけ位置を確認し、現物合わせで墨つけをし、スライド丸ノコでハンドル固定板を切断する。そのあと、ハンドル固定板を25㎜スリムビスで接合する。

 

  • ハンドルに必要な長さを現物合わせで測り、スライド丸ノコで切断したハンドルを35㎜スリムビスで固定板に接合する。

 

延長テーブル天板を加工し、脚や押さえを組み立てる

  • 延長テーブルにモッドボッジという仕上げ剤も兼ねた接着剤でペーパーを張る。延長テーブルに接着剤を塗ったペーパーを張りつけ、ペーパー上面にも接着剤を塗る。乾くと表面に塗膜ができる。

 

延長テーブル押さえを組み立てる。まず延長テーブル押さえAとBを接合する。

  • 押さえBとCの間にスギ材を挟み、押さえCの位置を墨つけする。

 

押さえCに両面テープを張り、墨つけ位置に仮留めしてから、押さえAとCを35㎜スリムビスで接合する。

  • 押さえパーツができた。

  • 延長テーブル脚を組み立てる。延長テーブル脚に受け材、補強材を35㎜スリムビスで接合する。

 

  • 固定材の12㎜丸棒を接合する。接合位置は作業台の中段の後板の真ん中くらい。後板にほうき&モップキャッチを取りつけて丸棒を挟めるようにする

 

塗装する

  • 作業台と各パーツを組み立てたら塗装する。塗りにくいところから塗っていく。天板、棚板、底板を塗装し、木端、木口をしっかりめに塗る

 

POINT

作業と取材の都合上、組み立て完了後に塗装をしたが、組み立てたあとに塗装するとこのように接合部は塗装されない。屋外で利用するものなので、本来は組み立て前に木材全体を塗装し、塗料でしっかりと木材を保護したい。

美しい色みにマットな質感  バターミルクペイント

バターミルクペイントはミルクカゼインと天然素材からできたナチュラルな塗料。屋内外で使用でき、耐水性にすぐれている。アーリーアメリカンのやわらかい色調が人気でガーデン家具の塗料として人気が高い。木部以外に壁紙を塗装することも可能。プライマーを塗れば植木鉢、アイアンにも塗れる。また、複数色を組み合わせてヴィンテージ塗装を楽しむことも。銀座ソレイユ(サン-ケイ)/ ☎03・3561・6001 / http://www.ginza-soleil.com/

延長テーブルを接合する

  • 延長テーブルを作業台にセットし、ストッパーを接合する。2㎜径ドリルビットで下穴をあけ、25㎜スリムビスで接合する。

 

  • 延長テーブルを延長テーブル脚と接合する。ストッパーと同様に2㎜径ドリルビットで下穴をあけ、25㎜スリムビスで接合。

 

タイヤ、モップキャッチを取りつけ、底板、棚板、天板を接合する

  • ナットを取りつけた長ネジ(シャフト)を側板に通し、ナットを固定位置まで回したらタイヤ、ワッシャーをセットし、袋ナットをしっかりとねじ込む。

 

  • 延長テーブル脚の丸棒の位置を確認し、キャッチを取りつける。

 

  • 底板を接合する。底板はそれぞれ10㎜程度ずつすき間をあける。

 

  • 天板受けに天板を載せる。そのあと、2㎜径ドリルビットで下穴をあけ、カナヅチでクギを打ち込み天板を接合する。

 

  • 天板と同様に下穴をあけてから棚板をクギで接合。ハンドル固定板のビス頭を太鼓鋲で隠せば完成!

 

初心者のためのガーデンエクステリアDIY入門

日本で唯一のDIY・日曜大工マガジン「ドゥーパ!」の2020年2月号では、連載「初心者のためのガーデンエクステリアDIY入門」のコーナーにて、延長テーブルつき移動式ガーデニング作業台の作り方を紹介しています。

今回の誌面ではご紹介しきれなかった写真カットや手順、展開図、主な使用材料などをチェックすることができます。ぜひチェックしてみてください!

ドゥーパ! 2020年2月号 [雑誌]

ドゥーパ! 2020年2月号 [雑誌]

661円(11/30 11:20時点)
発売日: 2020/01/08
Amazonの情報を掲載しています

また第1特集では「手作りストーブのある暮らし」、第2特集では「断熱DIYアイデア&テクニック」を取り上げた充実の内容になっています。冬に役立つDIYばかり、ぜひチェックしてみてください。

また別冊付録には「カーポートを自分で作る!完全ガイド」も収録。大人ふたりが週末3〜4回で作れる、頑丈でシンプルなカーポート作りを実践リポートします。完成までの流れを、写真付きでわかりやすく紹介してくれていますよ。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント