【庭ガーデニング】気負わず楽しむガーデンDIYアイデア14選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

趣味のガーデニングをゆっくり庭で楽しむ。

そんな休日の過ごし方に憧れている人も多いのではないでしょうか。

せっかくある庭も、何も手をつけなければ、ただの空きスペース。

気楽にガーデニングを楽しみながら、理想の庭つくりができたら楽しいですよね。

ちょっとずつでも手を加えて、憧れの「庭」に変身させていきましょう。

まずは、自分のしてみたい庭のDIYアイディアを見つけるところからスタートです!


庭ガーデニング3つのポイント

DIYアイディアをみていく前に、ガーデニングで押さえておきたいポイントを3つご紹介。

自分のお庭にDIYアイディアを当てはめるときに役立つポイントを把握しておきましょう。

1.方角を確認する

ガーデニングをはじめる前に確認してほしいのが、方角。

方角によって日当たりのよい場所、日陰になってしまう場所がわかります。

植物には、日当たりの良い場所においた方がいいものや日陰に強いものなど、それぞれ特性があるので注意しましょう。

事前に、方角を知っておけば、どこにどんな植物をもってくるか考えるときの参考になります。

2.全体の形を把握する

庭や玄関先など、ガーデニングしたい場所の大まかな形を把握しましょう。

細長い道になっている場所でも、両端にガーデニングができるなど、意外とスペースは存在しているもの。

なんとなくでも、絵を描いてみて、どこにガーデニングスペースを持ってくればよいかを事前に確認するようにしましょう。

3.ガーデニング以外の使い方をイメージする

庭は、みんなの共有スペース。

植物を植えるだけではなく、BBQをしたり、子どもが遊んだり、使い方は人それぞれ。

BBQをするのであれば、コンロやベンチが置きやすい方がいいですし、子どもが遊ぶのであれば芝生になっている方がいいかもしれません。

庭DIYをはじめる前に、毎日の使い方をイメージをしておきましょう。

そして、使い方のイメージができたら、実際の庭のデザインをイメージしていきます。

では、実際にDIYのイメージを膨らませてくれる実例14選をみていきましょう。

スペースを区切って、すこしずつDIY

レンガでスペースを区切って、少しずつすすめていくDIY。

一気に作業ができなくても、スペースを区切ることで、自分のペースで作業をすすめていくことができます。

時間のある休日に、作業するスペースを決めてDIYしていきましょう。

スペースのあいたところは、人工芝を敷けば、雑草対策にもなって一石二鳥です。

DIY自体は少しずつすすめていきますが、なんとなくでも全体のDIYイメージを持ってからすすめましょう。

出来上がったときに、統一感のある庭ガーデニングになっているはずです。

枕木風コンクリートを使って簡単ナチュラルに

天然木は、味があっていいけれど、湿気が多い場所だと腐食してしまったり、蟻害にあってしまったり、なにかと気になることが多いですよね。

そんなときは、擬木の「枕木風コンクリート」を代わりに使うのがオススメです。

パット見は枕木のような質感ですが、コンクリート製なので、腐食や痛みを気にせず使うことができます。

庭のナチュラルな雰囲気を壊さずに、手軽にDIYを楽しむことができますよ。

レンガと枕木の組み合わせてつくる小道

レンガと枕木、2種類を組み合わせてデザインされた小道。

組み合わせることで、どちらの良さも活かした小道をDIYすることができます。

全て固定してしまう前に、レンガと枕木を並べて全体の雰囲気を確認しましょう。

こちらの枕木も、本物ではなく、枕木風コンクリートを使用しています。

錆た車輪もあいまって、アンティークな雰囲気の小道になっていますね。

不揃いなのも可愛いレンガ敷き

ちょっとの段差や不揃いさが、逆に可愛いDIY。

全部が同じ形のレンガではなくても、並べていけば可愛い敷石になります。

正方形のものから、乱形のものまで、いろいろなレンガを敷き詰めてみましょう。

レンガを隙間なく敷き詰めるときは、間に砂をいれるだけでも固定できますが、不揃いのレンガを敷くときはモルタルで固定していきましょう。

しっかり固定してしまえば、お庭バーベキューも楽しめそうですね!

華やかさをプラス。乱形石で敷石DIY

敷石の中でも人気の高い乱形石。

自分で、パズル(!?)を楽しみながらDIYもできちゃいます。

モルタルを敷き込んだ上から、乱形石を置いていきます。

割れ目が合うように、石を割りながら全体を整えていきましょう。

石と石の間に、目地モルタルを敷き詰めれば完成です。

遊びココロのあるお庭つくる一工夫

乱形石でDIYをするときに是非試してほしいのが、隠し絵。

ハート型やキャラクター型など、DIYをするときに一手間加えてみましょう。

後から、家族やお友達と楽しむことができるお庭になること間違いなし。

石の加工には、石材用の道具を使って怪我のないように注意しましょう。

ディスクグラインダーを使う場合は、石材用のカッターを取り付けてDIYします。

壁も雰囲気をあわせて、レンガテイスト

地面のDIYと一緒に、壁もレンガでDIYしちゃいましょう。

レンガタイルを、モルタルボンドを使って貼り付けていくだけの簡単DIY。

色の違うレンガタイルが、オシャレにデザインされています。

壁全体に貼るとなると大変そうですが、バランスを見ながら貼っていけば、楽しくDIYできそうですね。

ポイントで取り入れている植物のグリーンも映えて、ナチュラルな外構になっています。

アメリカンウッドフェンスとレンガのDIY

外国の家にあるようなお家に憧れる方が多くいますが、もし少しでも憧れている方は、こちらのDIYを参考にしてみましょう。

アメリカンウッドフェンスとその土台のレンガのDIYを行ったそうですが、まさに外国のお家のようです。

ちなみにレンガの積み上げにはかなり時間がかかったそうですが、仕事帰りにコツコツ積み上げたそう。

一度に全て完成となると大変ですが、少しずつ時間を作りながらDIYできるのは理想的ですね。

こどもも嬉しい!砂場を自宅のお庭に

公園へ行くと砂場があるように、子どもたちは砂場が好きですよね。

そんな砂場を自宅のお庭に作ったDIYがこちらです。

抗菌の砂を使って、こどもたちが安全に楽しめる砂場になっています。

使うときだけ広げることができるので、汚れることもないし、砂が減ってしまうこともありません。

いつでも子どもが遊びたいときに、お庭で一緒に遊べるのは羨ましいですね。

こんな庭DIYをしたい!屋根付きウッドデッキ

屋根が付いたウッドデッキをお庭に作ったそうです。

ウッドデッキの製作にはテクニックが求められるので、まさに上級者向きと言えるでしょう。

十分な耐久性があれば、強い雨や雪が降っても安心ですね。

花壇をおしゃれにDIY

植物を植えるのには、花壇が必要ですよね。

その花壇をよりおしゃれにしたくはありませんか?

こちらは花壇をDIYしているもの。

フェンスの目隠しにはすのこを利用。市販のすのこをペイントして雰囲気を出したすのこを立てかけています。

welcomeボードはオリジナルの文字デザインを市販の紙をカットして作成し、板の上にのせてスプレーで色を付けただけ。

少し手を加えてあげるだけで、自分らしい花壇が出来上がりです。

端材を使って木製プランターをDIY

端材を使って木製プランターをDIYしたという作品。

プランターがあれば、お庭でも玄関でも場所を問わずガーデニングを楽しめちゃいますね。

端材で組み上げたプランターには、ステンシル(型紙)で文字がペイントされています。

これからプランター内側に、100均の透明ビニールテーブルクロスをタッカー止めしていくそうです。

ひと手間加えるだけで、木の劣化具合が大きく変わってくるそうですよ。

塀が大変身!お庭から飛び出したガーデニングDIY

こちらは塀にガーデニングDIYをし、大変身を遂げたもの。

平凡なブロック塀に板と板をずらしながら接着するDIYアイデアで可愛いガーデニングエリアができました。

そのDIYした塀に段差を付けるように板を取り付け、その上に鉢に入った植物やリースなどを飾っています。

庭にガーデニングができるほどのスペースがない、という方にもおすすめのアイデアです。

木の枠を使ってどこにでも置けるガーデニングDIY

こちらは、お庭がない人でもできるガーデニングDIYです。

木の箱に額のように木の板をくっつけて、イーゼルのような支えに飾っています。

その箱に小さい鉢に植物を入れたものを、飾ればちょっとしたガーデニングスペースに。

額縁のように飾ることで、絵のような雰囲気も出て、おしゃれ感がアップしています!

100均のアイテムを活用して作っているそうです。家の中に飾っても素敵な作品ですね。

まとめ:庭でも家でもガーデニングDIY!

今回はガーデニングDIYのアイデア14選をご紹介しました。

ガーデニングDIYでお庭をさらにランクアップすることができそうですね。一度、自分のお庭全体のDIYイメージをしてみると良いかもしれません。

お庭が狭い、あるいはガーデニングするスペースがない、というお家でも、ガーデニングもDIYも楽しむことができるアイディアもありました。

塀や木の箱の中など、ガーデニングの楽しみ方は人それぞれ。

一気にDIYできない人も、少しずつDIYしていけば、完成したときの喜びはひとしおのはずでしょう。

また、ガーデニングのアイテムは100均などでも手軽に手に入れることができます。お金をかけなくても気軽に挑戦できちゃいますよ。

購入したアイテムは、そのまま使っても良いですが、ひとつDIYを加えれば、おしゃれ度がグンとアップしたオリジナルアイテムに変身してくれます。

難しく考えず、自分のできる範囲でDIYを楽しんでみましょう。

DIYアイデアは、今回の記事やHANDIYの他記事を参考にしてみてください。

自分だけのガーデニングDIYを、ぜひ楽しんでくださいね。

ガーデニング周りのDIYにおける注意点やアイデア

ゼロ円鉢!プランターになる家庭用品7選

第2のリビング!「ベランダ」リフォームや費用はどのくらい?

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント