低コストでつくる!DIYフェンス事例9選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


高額なフェンスもDIYでリーズナブルに

住宅を購入したら外構にもついこだわりたくなってしまいます。
しかし外構の料金は意外にも高額になってしまうもの。もちろん、外構こそ家の顔でもありますから、手抜きはしたくありませんよね。

そんなときは、フェンスをDIYするのがオススメ。フェンスの手作りであれば、コストを浮かせることができますよ。木材を購入して組み合わせるなどすれば、体力は多少いるものの意外にも簡単に作ることができます。

耐久性抜群で高級感あるフェンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

* DIYフェンス * コンクリートブロックと支柱までは工務店 * あとは自分でサーモウッドパインをネットで購入して、こつこつビス留めしていきました * 隙間は1cm * 妻が持ってたマスキングテープの幅がぴったり1cmだったので、マステを挟んで、板を固定して、ビス留めの繰り返し * 仕上げはオスモのクリアで! * サーモウッドは耐久性が良いとはいうものの * 南側で強い日差しに晒される場所 * いつまで持つかな〜 * #diy #フェンスdiy #フェンス #サーモウッド #サーモパイン #オスモ #クリア塗装 #耐久性 #気になる #ベランダ と合わせて#彩木 で作りたかった#予算オーバー #ベランダ手すり と#色違うけど #気にしない って#決めた #なんでも #味があるね で#片付けられる #魔法の言葉

ienokirokuさん(@ienokiroku)がシェアした投稿 –

コンクリートブロックと支柱の土台作りまでは工務店に依頼、あとは自分でDIYされたというウッドフェンス。基礎部分はプロに頼むのが安心安全ですし、手間もかからないですみますね。

土台以外は、サーモウッドパインをインターネットで購入して手作りされたそう。サーモウッドは、防虫、防腐性能が優れた素材なうえに、蒸気を使って夏処理することで耐久性や耐腐食性も優れていますので大変丈夫な作品です。

木材の仕上げに、オスモカラーでクリア塗装を施しています。オスモカラーは、ドイツ生まれの自然塗料で、木材を保護してくれる安全・安心の塗料です。

オスモカラーノーマルクリアー(3分ツヤ) #3101 750ml オスモ

オスモカラーノーマルクリアー(3分ツヤ) #3101 750ml オスモ

5,940円(09/18 13:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

仕上げのひと手間を加えることで、ツヤのある質感がでて高級感のあるフェンスにしてくれています。

ラティスフェンスでお手軽フェンス

家庭用のガーデニングによく使われるラティスフェンスでお手軽な目隠し用フェンスの出来上がり。

板を組み合わせて一から作る必要がないので初心者も簡単に作ることができます。
支柱は単管パイプを使用されていて非常にお手軽です。

支柱の上にフクロウとカエルの人形をちょこんと乗せられていますので、オリジナル感あふれる愛嬌たっぷりの作品に仕上がっています。

ラティスフェンスで全体の目隠し

 

この投稿をInstagramで見る

 

千葉県にお住いのY様宅にて、人工木ラティスフェンスがほぼ完成しました。 お庭の既存ブロックに沿って基礎を設置していき、高さ1800サイズのラティス(ベージュ色)が設置されています♫ 正面はブロックが斜めにカーブしていたため、ここは蝶番を使用して2枚のラティスを繋げて収めていきました。 最後は控えを設置して、入り口に門扉を取り付けたら完了となります♫ 目隠しに加えて、通行する方にも爽やかなイメージを与えるような仕上がりとなりました ( ´∀`)☆ #ベージュ色のラティス #ラティスフェンス #人工木ラティス設置 #フェンス作り #フェンスdiy #庭づくり #目隠しフェンス #門扉も取り付け

エコウッドさん(@ecowood_lattice)がシェアした投稿 –

目隠しに使われるものは板材を使われることがほとんどですが、板をキレイにビス留めする手間暇は計り知れないほど重労働であったりします。
こちらは、ラティスフェンスを使用することで大きな手間をかけることなく、全体的な目隠しを完成させたDIY。

ラティスの網目模様でカジュアル感が演出できます。さらに、万が一不審者入られてしまった場合の防犯面を考慮して、あまり重厚なタイプが好きではない方にはラティスタイプはぴったりと言えるでしょう。

アイリスオーヤマ ラティス W-918 ブラウン 幅90cm×高さ180cm

アイリスオーヤマ ラティス W-918 ブラウン 幅90cm×高さ180cm

2,980円(09/19 03:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

耐久性や強度もこだわったナチュラルフェンス

土台部分からこだわって作られた頑丈かつオシャレなフェンス。

支柱は耐久性や強度に優れたイペ材を使用。南米産の広葉樹で、高い耐久性をもつハードウッドの代表格、安心の素材です。
さらに横板に使われているのはタナリスCYと呼ばれる腐朽やシロアリなどの害虫に高い効果を示す素材になっています。

先を見据えた耐久性あるしっかりしたフェンスはまさか自作とは思えない仕上がりになっています。
笠木はデッキをつくったときの材料を使っているそですが、ナチュラルカラーでオシャレ度抜群ですね。

土台もしっかりの目隠しフェンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

目隠しフェンス完成! #diy #diys #日曜大工 #日曜大工的な #目隠しフェンス #フェンスdiy #フェンス

Go Nonakaさん(@go.r1017)がシェアした投稿 –

セメントで基礎もしっかり固められた目隠しタイプのフェンスです。
ちょっと色あせたカラーリングがアンティークで素敵です。釘は、あえてのシルバーにすることでカジュアルな印象を与えることができます。

支柱も台風や強風が来ても耐えられるように太めの木材をセレクト。安全第一、耐久性が大切なフェンスなので、支柱は安定感のあるものを選びましょう。

備え付けのブロック塀を再利用しての簡単目隠しフェンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

雪がちらつく中フェンスを作った!😆旦那がねwすごい満足😍#フェンスdiy #庭づくり

ゆうかさん(@yuriomama)がシェアした投稿 –

もともと備え付けられたブロック塀を使用しての木製の目隠し用を作られています。基礎部分があると、コストを抑えて比較的簡単に取り付けられますね。

備え付けられていた柵はただの境界線としてしか意味を成しませんが、板を取り付ければプライバシーを守ってくれるフェンスに変身。周りからの視線が入りやすいお庭は目隠し対策を施せばプライバシー空間をより満喫できます。

北欧チックなオシャレかわいいホワイトフェンス

こちらはホワイトにペイントされたちょっと北欧チックなオシャレなフェンス。木材の板は三角に自分でカットするなどのこだわりで、非常に愛らしいフェンスに仕上がっています。

ペイントはしっかり三度塗りすることによって、均一なカラーに仕上げています。180センチの大きい木材を使っているので、塗るのもなかなかに大変だったそう。

庭の大きさや目隠ししたい高さなどを検討して、自分の家にあったフェンスうをDIYしましょう。ガーデニングが趣味の方は、園芸との相性も考えてみるといいですね。

丈夫で壊れにくいフェンス

こちらは一度台風で壊れてしまったフェンスを、また一から作り直したというDIY。今度こそ壊れないようにという想いがこもった太めの支柱が印象的です。

横板を互い違いに組み合わせことで、奥行き感のあるフェンスになっています。ちょっとしたこだわりで、他の家とは違うオリジナル感のあるフェンスができちゃいます。

材料は一部外構業者からお取り寄せの安心フェンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

2018.5.11 フェンスはDIYです( •̀ᴗ•́ )و ̑̑ ・ と言いたいところだけど 本当は半DIYです(笑) ・ フェンスって頼むと高いけど 自分でやるには不安だし すごい悩んだところです。 そこで 基礎石と支柱だけを 外構屋さんにお願いすることにしました\( ¨̮ )/ 板を自分でつけることで だいぶお安くなりましたよ! 施工費って高いんですよねー ・ 板の取り付けも2人でやれば 意外と簡単です( ˶˙º̬˙˶ )୨⚑︎” DIYすると愛着がわきます♡︎ʾʾ ・ ・ pic1の倉庫の隣は 裏のおうちのブロック塀が4段くらいあるだけで 裏のおうちの方が高さがあるので わが家は丸見えなんです(๑꒪ㅁ꒪๑) お恥ずかしい(⑅︎ ॣ•͈૦•͈ ॣ)꒳ᵒ꒳ᵎᵎᵎ ・ なので ここにもフェンスを付けたいけど ここには支柱を付けてもらってないから 最初からやらなきゃいけなくて できるかなー? 支柱も3本か4本だけだから 頼むほどではないような気もするし。 悩むなー。 ・ ・ フェンスに使ったものは#楽天roomに載せてます @maimai__home コレクション▶︎DIY にあります♡︎ʾʾ ・ ・ #ウッドフェンス #人工ウッドフェンス #フェンスdiy #ウッドフェンスdiy #人工芝diy #人工芝 #レンガの小道 #ウッドデッキ #ウッドデッキのある家 #マイホーム記録 #庭のある暮らし #イエソト

maiさん(@maimai__home)がシェアした投稿 –

実は一から材料を揃えて作ることだけがDIYじゃないんです。

こちらは基礎石と支柱だけ外構業者の依頼して施工してもらい、あとは自分で購入してきた板を付けて完成させたという半DIY。ダークブラウンで揃えて、大変落ち着いた雰囲気で素敵に仕上がっています。

基礎部分を信頼できる業者さんから購入したものですから強度も安心です。板部分の材料準備から施工までを自分でやるだけでも、グッとコストを削減できます。

自信がない部分は業者にお任せすれば初心者でも気軽にできます

DIYとヒトコトに言ってもレベルは様々。初心者の方や時間がない方は、ある程度の材料は業者に注文するか、基礎の施工だけ業者に依頼するかなどすると時間をかけることなく仕上げることが可能になります。

頼れるところは頼ることで、仕上がりも美しく、かつ安全なフェンスをDIYすることができます。自分でイチから作る場合でも、どうしても外の空間なので、台風や突風に負けないように強度のある作りを心がけましょう。

もちろんすべてDIYすれば、コストは下がります。時間と労力はかかってしまいますが、自分で全て完成すればその分思い入れも深まりよりマイホームを大切にする気持ちも芽生えてくるものです。

ぜひ目隠しなど検討されている方は、他の方のフェンスDIYの様子を参考にしてチャレンジしてみてください。

【庭ガーデニング】気負わず楽しむガーデンDIYアイデア14選

四季折々の風情を楽しむ!ウッドデッキDIY10選

家庭菜園ができるトレーラーハウス!移動も可能な家の魅力とは?

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント