玄関リフォームの方法や費用は?DIYでもできる玄関事例

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

事例あり!玄関のリフォームってどんなもの?

よく、人は第一印象が大事と言われますよね。家も同じで第一印象はその家のイメージを作るのでとても大切です。

はじめて訪れた家で最初に目に付く場所、それは玄関です。玄関がスッキリときれいに片付いていて、デザイン性に優れているととても素敵ですよね。

玄関のリフォームによってそうしたデザイン性を得るだけでなく断熱性や防犯性を向上することも可能です。個性を演出しつつ使い勝手の良いそんな理想の玄関を目指したリフォームは一体どんなことをすればいいのか、具体的に見ていきましょう。

ドアを変える

玄関のリフォームとして多いのが、ドアを変えるという方法です。

玄関ドアについては個性や遊び心を表したいという方も多いのではないでしょうか。シンプルな外観の住居にアクセントとして目立つドアを付けデザイン性をアップしたり、住居とは素材の質感が違うドアをあえてつけることで個性的な外観にしたり、ドアのカラーを変えてみたりと、玄関ドアには様々なデザインやカラーのものがあり、バリエーションが豊富にあります。

機能についても断熱性、防犯性、耐久性に優れたドアに新しく交換するということもできます。また、窓が付いていて採光ができるのもあるので、ご自分の希望のイメージを膨らませながら自由な組み合わせを楽しみましょう。鍵やドアノブのみを交換するということもできます。

ドアから引き戸に変更する

「引き戸」とは和風住宅に多く見られる左右にスライドさせて開けるタイプのドアで「スライディングドア」とも呼ばれています。車を停めていたり門扉があるなどの理由で玄関前のスペースが十分に取れない場合はスペースを使わない引き戸がおススメです。また引き戸はドアを引く力が弱くても開くことや、間口が広く車いすや荷物の出入りがしやすいのでバリアフリー化や高齢の方にも適しています。洋風なものから木製の工芸的なデザインなどもあるので選択肢は豊富にあります。

ただし、開き戸タイプのドアから引き戸へ変更する場合、ドアを開けた時にドアが収納されるためのレールを設置するスペースが必要となるのでリフォーム会社に施工可能か確認しておきましょう。

引き戸からドアに変更する

先ほどとは反対に引き戸からドアに変更する方法もあります。開き戸タイプのドアは、デザインが豊富にあり、気密性や防犯性で優れたものも多くあります。今の住居に引き戸のデザインが合わない場合や、寒さが気になる場合はドアへの変更を検討してみましょう。また、扉一枚分のスペースがあれば設置できるので、玄関の間口があまりとれない場合はドアのほうがおススメです。

網戸をつける

玄関に網戸を設置すると虫を気にすることなく玄関を開放しておくことができます。玄関を開けることで家全体の風通しが良くなるので、夏場の暑さ対策や換気をしたい時などに便利です。また、ドアを開けていても網戸があれば近隣からの目隠しにもなります。最近では鍵付きの物や金属製の格子タイプのものなど防犯性の高い網戸も販売されているので、防犯面が気になる方はそちらを検討してみましょう。

新しく棚をつける

玄関は靴や傘、掃除道具など収納したいものがたくさんあります。リフォームで棚をつけると玄関をスッキリさせることができます。天井までの高さのあるものや壁面いっぱいのスペースを活用したもの、収納力だけではなくインテリアとしてもオシャレなものなど様々な収納家具があります。

照明器具を変える

玄関の明るさはそのまま玄関の印象にもつながります。玄関には窓がない場合が多いので構造的に光が入りにくく、特に北向きの玄関の場合は暗くなりがちです。そうした場合は照明器具を明るくするだけで印象もぐっと明るくなります。

玄関ドアのリフォームのメリットや人気のリフォーム方法は?

玄関の一番の顔、ドアのリフォームをするメリットや人気のリフォーム方法について見ていきましょう。

ドアの性能が良くなる

古くなったドアと違い、最近のドアは性能が非常に優れています。採光ができるドアを付けると電気をつけなくても玄関が明るく過ごしやすくなります。また、外とつながる玄関のドアを断熱性の高いものに変えれば玄関の保温性がぐっと上がり、寒い冬も暖かく、夏の冷房の空気も逃さずに快適になります。台風など風が強い日、ガタガタと揺れる玄関ドアが気になっている人は、耐久性の優れたドアもあります。

また忘れてはならないのが防犯性です。戸建ての空き巣の手口で多いのが実は玄関からの侵入です。ピッキング対策に有効な最新式のシリンダーのダブルロックや施錠忘れを防ぐためのシステムなどで防犯性を高めることもできます。

工事期間が短い

玄関の出入りができないと困りますが、ドアの交換にかかる工期は1日。その日のうちに工事が終わってしまうので他のリフォームに比べ依頼しやすい工事と言えます。

デザインや種類が多い

玄関のドアはデザイン性に優れたものやカラーバリエーションが豊富です。和風の木製工芸のようなもの、木製の木の温もりを感じさせるもの、金属製の重厚感のあるドア、モダンなデザインのものなど、素材やデザインによって見た目の雰囲気がまったく変わってきます。家の外観に合わせたドアにするか、アクセントとして個性的なドアを選択するか、オシャレを楽しむことができるのもメリットです。

引き戸、開き戸のリフォームが可能-

玄関ドアのリフォームとして、引き戸から開き戸に、開き戸から引き戸にといったリフォームを行うことも人気の方法です。開き方のタイプによって、出入りのしやすさや、設置時に必要なスペースが異なり、それぞれにメリットがあるので、使い勝手や生活スタイルに合っている方を選択すると良いでしょう。

ガラスやタイルを使用し、印象を変える

玄関ドアにガラスを付けると採光性がアップするだけではなく透け感が出てオシャレな印象になります。また、忘れてはならないのがドアを出たところのポーチ部分です。お客様をお迎えするポーチのタイル部分を張り替えるだけで、印象を大きく変えるこができます。

玄関棚の設置のメリットは?

続いて玄関棚をつけることで得られるメリットについて見ていきましょう。

玄関が整理整頓できる 

靴や傘がたくさん出ていて箒やチリトリが置きっぱなしの雑然とした玄関は、そのままその家や家主自身の印象にも関わってきます。玄関がスッキリしていると迎えられたほうも気持ちがいいものですよね。玄関に棚があると、そうした物を収納して整理整頓することができます。

好みのデザインが選べる

玄関棚といっても様々なタイプがあります。下駄箱、収納棚タイプ、見せる収納のシューズラックタイプ、収納力抜群のシューズインクローゼットタイプなど、タイプによって見た目の印象も大きく変わってきます。また、それぞれのデザインがナチュラルな木目調のものや無垢材でできたもの、モダンな印象の物、白や黒のモノトーンでスタイリッシュなものなど様々ありお好みに合わせた選択が可能です。

デザインを玄関に合わせることができる

棚のリフォームは販売されている棚を購入してつけるだけではなく、玄関にあったものをオーダーメイドすることもできます。玄関のデザインやスペースに合わせて棚のデザインや大きさ、形を決められるので最適な収納棚を作ることができます。

リフォームの方法別の費用は?

リフォームをするにあたって気になるのが費用のこと。リフォーム方法別に費用を見ていきましょう。

ドアを変える

玄関ドアの交換は、大きさやグレードによって異なりますが、相場として一番多い価格帯は20~60万円前後です。ドアを丸ごとではなく鍵だけを変える場合は2~3万円前後、既存のドアに塗装をする場合は5~10万円かかります。

棚を新しくつける 

カウンタータイプの収納は5~10万円、壁面収納の新設は12~40万円、カウンター+吊戸棚は20万円前後、土間収納タイプは30~50万円が目安の相場となっています。

その他の費用

網戸の設置は約3~10万円程度です。ポーチのタイル張り替えの中心的な価格は、1㎡あたり5千円~1万5千円となっています。既存のタイルの撤去費用が別途2~3万円必要となります。

DIYでもリフォームできる!方法は? 

玄関のリフォームは業者に頼むだけではなくDIYでできることもあります。どんな方法があるのか見ていきましょう。

ドアのデザイン・材質を変える

玄関ドアは自分で購入し、取り付けることができます。この場合、ドア枠からの交換となると作業の工程や必要な材料が変わってきて、枠のサイズが1mmでも異なれば隙間ができたりはまらなくなったりするので難易度が非常に高いため業者に依頼したほうがいいのですが、ドアだけの交換の場合、まったく同じ大きさで蝶番や鍵の位置も同じものがあれば、自分で取り付けが可能です。

ドアのデザイン、材質も様々なものが売られているので、既存のドアと変えるだけで家全体の見た目も変わってきます。また、金属製のドアにベニヤ板などの木材を張り付けて木製ドアのようにする方法もあります。

壁紙やマルチシートを使う

ドアの交換も難しそうと思う方は、壁紙やマルチシートを使って張り付けるだけのプチリフォームに挑戦してみてはいかがでしょうか。壁紙やマルチシートを使えば、ドアだけではなく、壁や床、ポーチ部分など、どんな場所も簡単に変えることができます。

木製ドアのメリット

ドアを選ぶ際に悩むのが木製か金属製かということですが、木製ドアのメリットは木の質感や存在感にあります。金属製では表現できない、木の温もりや風合い、経年劣化による味わいなどの質感を楽しむことができます。また、金属製に比べて断熱性能が高く、結露しにくいという点も重要なメリットです。

金属製ドアのメリット

金属製のドアはデザインが豊富にあります。また、耐久性に非常に優れているのも大きなメリットです。木製の物に比べて価格も安く、軽量なものが多いです。また、メンテナンスに関しても手間のかかる木製に比べて金属製はメンテナンスがほぼ不要です。

靴箱を作る

靴箱などの建具を購入してきて自分で設置する方法や、ワインケースなどの木箱や本箱を靴箱として利用する方法、ディアウォールなどで柱を立ててシューズラックを作る方法などがあります。アイデア次第で様々なデザインの物が作れるので、ネットなどを参考にしながら自分だけのオリジナルの靴箱を作るのも楽しみですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。玄関のリフォームといってもたくさんの方法があることがわかりましたね。玄関のリフォームをすることで、より快適でオシャレな家にすることができるのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント