必要なエネルギーしか使わない!スマホコントロールが可能なスモールハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

Zero-Energy-Soleta-06pic:inhabitat

スマホによるコントロールが可能なスモールハウス

エコフレンドリーホームの新世代デザインが、ヨーロッパの小さな国“ルーマニア”から発表されました。

現在、この“Soleta ZeroEnergy One”は、ルーマニア・ブタペストのアメリカ領事館の外に展示されています。

このタイニーハウスは、Justin Capra Foundation for Invention and Sustainable Technologies(FITS)によってプロトタイプ(試作品)がデザインされました。

Zero-Energy-Soleta-02 Zero-Energy-Soleta-03pic:inhabitat

この素晴らしい家は、クリーンエネルギーによって動いており、室温と換気の管理・監視システム(KNX)は、iPhone等のスマートフォンでコントロールすることができます。

IoT(モノのインターネット)も普及してきており、これからはハードにソフトの部分が加わり、オフラインのものが拡張していく時代になるのでしょうか?

家の劣化等もアプリを通じてお知らせしてくれたら便利ですよね。

このスモールハウスは、多目的に使うことができるデザインになっているので、タイニーハウス、オフィス、バケーションホームなどとして使用することが可能。

用途を住居だけに制限しないのは変化する時代にとって必要かもしれません。

資材は地元の自然素材

また、すべて地元の資源の自然素材を使って建てられており、ラミネート木材、屋根の板を含むすべてが、環境破壊されない木材を使用しています。

ソリッドウォールを使用する変わりに、FITSは断熱ガラスを使いました。

自然光をたくさん取り込み、換気をよくするためだけではなく、自然とインテリアの独特なハーモニーを創り出す効果があります。

Zero-Energy-Soleta-13

Zero-Energy-Soleta-14Zero-Energy-Soleta-12pic:inhabitat

閉塞感のないコンパクトデザイン

たったの、48スクエアーメートル。(9sqmのロフトと、22sqmのテラスは含まれていません)

ですが、とてもよく計算されたデザインなので、閉塞感がなく、高級感さえ漂っています。

Zero-Energy-Soleta-06-copy Zero-Energy-Soleta-08-copypic:inhabitat

最大の特徴は再生エネルギーによる削減効果

この家の最大の特徴は、「再生可能エネルギーを利用することができ、必要最低限のエネルギーしか使わないシステムにより、45%の削減することが可能」な事。

フロアヒーティングは、後から追加する他のヒーティングシステムと繋ぐことができるようになっています。

スマホで使用電気量も可視化し管理できるようになれば、さらに節約に期待ができますね!

デザイン、機能性、環境配慮を考えて作られた“Soleta ZeroEnergy One”は、今もっとも優れた家ではないでしょうか?

早く実際に発売になるといいですね。

Zero-Energy-Soleta-leadpic:inhabitat

via: inhabitat


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/