電気代が0円も夢じゃない?自家発電&蓄電の未来とは

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

毎月の電気代が0円になるとすれば、生活にも余裕ができたり、違うことに贅沢にお金を使うこともできますね。

加えて、電気を自家発電や蓄電でまかなうことは、環境にも優しく、良いことづくしです。

そこで、今回は、自家発電、蓄電について知り、電気の将来について考えてみましょう。

自家発電、蓄電とは?

画像1

via:http://tenbou.nies.go.jp/

自家発電とは、電気を消費する人が、自らによって発電装置を備え電気をまかなうことです。

外部へ電気を販売したり、外部から電気を購入するのではなく、自身が利用する分の電気の自給自足を意味します。

また、蓄電とは、充電・放電を繰り返し行うことができることで、深夜に電力を蓄え、非常時や昼間の高い電気料金のときに蓄えを電力として利用することができます。

自家発電のメリットと未来

画像2

via:http://tuuhanbest2han.blog55.fc2.com/

なによりまず、自家発電をすることで電気代が大幅にカットできます。

電力利用量のどれだけを自家発電でまかなうことができるかにもよりますが、月々5000円近く電気代が浮く可能性もあります。

また、身体に負担がないことも大きなメリットとなります。

現在はオール電化の家が多いですが、電磁波などにより体調を崩してしまう人も少なくありません。

しかも、それはすぐに体調として現れるのではなく、少しずつ蓄積したものがある日いきなり体調不良になってしまうこともあります。

自家発電を試みると、必要最低限の電力がどの程度か自分の身をもって体験することができ、必要以上に電力を使わなくなれば、自ずと体調に変化が現れる可能性も格段に減ります。

近い将来には、街の半分近くが自家発電でまかなわれたり、公共施設などが自家発電でまかなわれるなどの可能性が高くなっています。

蓄電のメリットと未来

画像3

via:http://oneenergy.co.jp/system/system.html

蓄電をしておくことで、家庭の非常用電源として利用することもできます。

一晩の蓄電で、生活に必要な家電が半日程度使えることになります。

また、深夜に蓄電をすることは、昼間の余分なCO2排出を減らし環境にも優しいです。

夜間は、昼間に電気を利用するよりも安く、蓄電したものを昼間に利用することで家計にも優しいです。

環境問題も深刻化する中、将来はどの家庭でも蓄電は当たり前として扱われるようになるかもしれません。

値段にも、環境にも優しい

自家発電や蓄電は、お財布にも環境にも優しいというメリットがあります。

今はまだ利用している人や家庭は少数ですが、今後はほとんどの家庭で用いられるようになるかもしれません。

今のうちにぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

via:http://oneenergy.co.jp/index.html

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/