書斎に最適!拡張・取り外し可能な250万円〜のスモールハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


デザインレイアウトは思うがまま

屋根の形、部屋のレイアウト、壁やドア位置と部屋の選択肢は多く、モジュール式のフレームや壁材を採用しています。

基本的な外観は波形アルミニウムの屋根と外壁、ガラス窓で構成されています。

また内装デザインは、合板による壁、あとの三辺はアルミニウムの梁までの大きな掃出し窓。

梁と屋根との間にもはめ殺し窓があり、明るく開放的なデザインになっています。

そしてバスルームやキッチン、デッキなど様々なオプションが用意されているので、用途や予算に合わせてカスタマイズする楽しみもあります。

Courtyard-Aspect-Web Ecoshelta-in-Canberra-Internal Ecoshelta-in-Canberra-Side-Deck HK-Ecoshelta-exercise-bike HK-Ecoshelta-front-and-internalPhoto:ecoshelta

プレハブ工法では珍しいアルミニウム製

構造材に腐食に強いアルミニウムを使っており、海辺などの気象条件の厳しい場所でも設置可能。

また一つ部材が「40㎏以内」

クレーンなどの重機に頼らなくても組み立てが出来るので、運搬や機材レンタルのコストも下がります。

これはイノベーションですね!

その他、使用されている主な材料の合板は認定農園栽培木材から作られ、低排出ガス、接着剤や有害な化学添加物や防腐剤の毒性を考慮しています。

波形アルミミニウムの屋根は片流れやアーチ型など形も自由に選ぶことが出来ます。

価格は250万円〜

一番小さい35㎡のシングルポット単体で約250万円(1豪ドル=86円として)ワンサイズ上だと280万円、大きくなるにつれて平米あたり25%割引になります。

為替レートが大幅に下がった1豪ドル=68円の時であればちょうど200万円!

おそらく、生産ラインや出荷量により、コストダウンは可能になってくるものだと思います。

日本での実現

従来の木造や鉄骨などよりも軽量な為、運搬費用を考慮しても日本での設置は実現可能ではないでしょうか?

現実的なスモールハウス、一度あなたの選択肢に入れてみてはいかが?

Via:ecoshelta


前のページへ

1 2
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント