【絶景】を独占!40年前に建てられた驚きのガラスドームエコハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

絶景スポットに40年前に建てられたガラスドーム

セレブからも人気が高い、アメリカのカリファルニアにあるビッグ・サーと呼ばれる絶景スポット。

その断崖の太平洋を一望できるこの場所に、Mickey  Muennigさんがガラスドーム小屋を建てたのはなんと今から40年前の1975年。

エコ建築のパイオニアでもあるMickeyさんは、メインの家の建てている間の「仮住まい」としてこちらを建てたのですが、結局そのまま18年も住んでしまったというのです。

居心地のいい場所にはそれだけ依存するもの。

View-from-Below-of-Green-House-Hut-by-Mickey-Muennig Wooden-Frame-Doors-of-Greenhouse-by-Mickey-Muennig Opened-Doors-with-View-Over-OceanPhotos by Homeli

太陽光が降り注ぐ、サスティナブル(持続可能)デザイン

直径約5mの円錐形の家は自然の石で作った壁で囲まれ、まるでアメリカ先住民の住居のような形のガラスの屋根は、太陽熱による持続可能な家の開発のために作られたそう。

実際に、このガラス窓から降りそぐ太陽光で、この小さな小屋は十分暖まるんだそうです。 

また、冬の時期は暖炉によって部屋を暖めすぎた場合、天井を開けて空気の入れ換えもできるという優れもの。

ベッドは暖かい空気が上に上がるという性質を利用して、天井近くに設置されているのです。

原始的で古風な装いと、サスティナブルなデザインを組み合わせた70年代の最先端を行くガラスドームは、今もカリフォルニアの太陽の下で海を眺めています。

華美な装飾を抑え、自然の移ろいを「装飾」と捉え、共に生活することは私たちにとってかけがえのないもの。

Glass-Dome-Roof-with-View-Over-Pacific-Ocean-in-Big-Sur Green-House-by-Mickey-Muennig-Glass-Domed-Hut-in-Big-Sur-CaliforniaGreenhouse-by-Muennig-on-the-Big-Sur-CoastPhotos by Homeli

Source  by Homeli


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント