ダイソン掃除機を賢く収納!ダイソンスタンドDIY5選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ダイソンは、イギリスの電気機器メーカー。サイクロン式掃除機が代表的な商品として知られ、コードレスで強い吸引力を持つのが人気です。

そんなダイソンをスマートに収納してくれるのが、「ダイソンスタンド」。横置きせずにダイソンを縦に置いておくことができるので、場所を取らずに収納しておくことができます。

ダイソンスタンドは、購入することもできますが、DIYすることも可能です。低コストで済ませたい方や、自分の家にあったデザインが欲しい方は、自分で作ってみるのがオススメ。今回は、ダイソンを賢く収納できるダイソンスタンドの事例を紹介していきます。


清潔感のあるシンプルスタンド

 

この投稿をInstagramで見る

 

まき(@__kmt.fam__)がシェアした投稿

清潔感のある白いダイソンスタンド。台の下部分は、半円型になっていて、150㎝程度の棒をL字金具で固定しています。

棒と台は、白いペンキで塗装をされているそう。自分の部屋の雰囲気に合わせて、好きな色に塗装してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

まき(@__kmt.fam__)がシェアした投稿

こちらが使用された材料で、費用は1200円程度かかったそう。買ったら、5倍ほどの値段がするとのことなので、お得ですよね。

低コストで済ませたい方には、嬉しい情報。ぜひチャレンジしてみてください!

置き型ダイソンスタンド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryuta Takashima(@tkrt16)がシェアした投稿

壁に穴開けたくなかったとのことで、置き型のダイソンスタンドをDIYされたそう。使っている木材は、余っていた材料を使われたとのことで、材料費は驚きの0円。

半日もかからないうちに完成することができたそうです。材料費も0円で、半日で作ることができるのは嬉しいですね。

壁付けホルダーでDIY

ダイソンを壁に取り付けるためのホルダーを使って、ダイソンスタンドをDIYされた事例。賃貸物件などで、せっかくのホルダーが壁に取り付けられないという方は、試してみるのがオススメです。

板を塗装ではなく、壁紙を張って仕上げられたそう。最近では、壁紙としても使えるリメイクシートも100円ショップなどで購入できるので、使ってみるのもいいかもしれません。

リメイクシートについては、気分を変えたいDIYはリメイクシートでOK!簡単にできる20の実例を参考にDIYに活用してみてください。

金具を組み合わせて付属パーツを収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

東小川 聡(@higashi_ogawa)がシェアした投稿

ダイソンについている付属パーツをどう収納するかも、DIYする人の腕の見せ所。こちらは、L字金具などをうまく使い、付属パーツを収納しています。

ちょっとしたアイディアで、お部屋がスッキリして掃除もしやすくなりますよ。付属パーツの種類に合わせて、収納方法を考えてみましょう。

収納カゴとグリーン付スタンド

 

この投稿をInstagramで見る

 

りえ(@rie7178)がシェアした投稿

こちらは、付属パーツの収納をするために、アイアンカゴを使用されているもの。木材には、ビンテージワックスを使用することで、アンティーク感のある素敵な仕上がりになっています。

また、フェイクグリーンを周りに飾ることで、よりナチュラルな雰囲気のダイソンスタンドになっています。

ダイソンスタンドDIYまとめ

ダイソンスタンドは、土台になる部分と棒部分(ダイソンを支える縦の棒)を組み合わせることで作ることができます。

また棒部分をうまく利用することで、付属パーツを収納しておくことも出来るようになります。収納したいダイソンやパーツに合わせて、DYしてみましょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント