【一家に一台】ネジを電動で打ち込むだけではない!インパクトドライバーとは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


電動でネジを打ち込むだけではない!インパクトドライバーとは?

インパクトドライバーとは、木材への穴開け、ネジ止めにと便利な、DIYを楽しむ人々の間で人気のアイテムです。硬い木材や、金属板にも利用できるパワフルなドライバーです。

インパクトドライバーのメリット

「穴開け・ねじ止め」というとドリルドライバーというものがありますが、インパクトドライバーは、これにハンマーが付いている工具です。

ハンマーが内蔵されていて、ドリルが回転するとともに、打撃を加え、より強力に穴あけやねじ止めが出来るのです。ドリルドライバーでは対応できない、硬い素材相手にも使えます。

ドリルドライバーとの違い

ドリルドライバーには「トルククラッチ」という機能がついています。

これは、自分が設定した回転数に達したら、モーターがそれ以上回転しすぎるのを防ぐ機能で、ネジの締め過ぎを防いでくれる機能です。

安定した繊細な作業ができるので、組み立て家具や小型の木工製作などにも向いています。

インパクトドライバーには、回転を弱める機能は基本的にはありません。その代わりに、ハンマーによる打撃力も加えながら、パワフルに穴開けができます。大型家具や建築にも使うことができます。

 

View this post on Instagram

 

STANLEY (スタンレー)さん(@stanley_japan)がシェアした投稿

インパクトドライバーでできること

普通のドリルドライバーでは硬くてネジが止められないような、柱や壁にも穴開けが可能です。

ドリルドライバーでは、もともと穴が開いていれば、長いねじも取り付けられますが、インパクトドライバーは回転力だけでなく打撃力も加わるので、長いネジも下準備なく、すぐに取り付けられます。

インパクトドライバーの使い方は?

ドリルチャックにビットを入れる

インパクトドライバーの先端部分をドリルチャックと呼びます。ドリルチャックにビットを装着する必要があります。ドリルチャックの先に、ネジを締めるならプラスビット、穴を開けるなら穴開け用ビットなど、目的に合わせたビットを取り付けます。

回転を決める

ドリルドライバーは、事前に回転数を設定することができますが、インパクトドライバーは、トリガーを握る強弱で回転の調整をする場合が普通です。(一部のプロ仕様モデルは、インパクトドライバーでも回転数の設定ができます)

ネジ締めでは、はじめは強くトリガーを握ってどんどん回転させていきますが、終わりごろは手元を緩めて回転をゆっくりさせるなどの調整が必要です。

トリガーを引くと先端が回転するか確認

トリガーを軽く引くと、先端が回転するか見てみましょう。充電がきちんと出来ているか、ドリルチャックにビットがきちんと装着されているかの確認にもなります。

ネジをしめる

さっそくネジを締めていきましょう。ネジを打ちたい面に対して、ビットは垂直になるよう持ってください。大きな回転力と打撃力が加わりますので、本体がぶれないよう、しっかり押さえて作業しましょう。

充電が切れたらバッテリーを外す

充電式インパクトドライバーは、コードが無い分場所を選ばず利用できるのが良いですが、利用前はフル充電にしておきたいですね。

各メーカーで「連続使用可能時間」はあまり明示されていないのですが、フル充電までの時間が短めのものは、マキタのインパクトドライバーの充電時間は、27分から使え、40分でフルモードです。

バッテリーを充電する

充電を気にせず利用したいのであれば、コード付きタイプを選ぶという方法もありますね。また、マキタなどメーカーによっては、同じメーカーのほかの工具とバッテリーを共有できる場合があります。

どれを選んだらいいの?インパクトドライバーを選ぶポイントは?

トルク

インパクトドライバーのトルクとは、ビスやボルトなどを締めつける強さのことをあらわします。トルクが大きいと、長いネジも平気で止められたり、金属板も使えるなどのメリットがありますが、素材によっては、強すぎるとビットが折れやすくなってしまうというデメリットもあります。

各メーカー、110~200まで幅がありますが、トルクが強いものが欲しい場合は、海外メーカーから探すと見つかりやすいです。

ボディの軽さ・コンパクトさ

インパクトドライバーの重さは、大体1.3~1.5kg前後が多いです。

軽量が良い!という場合は、ペンタイプのインパクトドライバーというものがあり、550g~からというのもあります。メーカーは「マキタ」や「パナソニック」で見つかります。

また、ヘッドという上から見た頭の部分の長さが短いほうが、狭い場所でもネジ締めがしやすいです。

耐久性

激しい力でゴリゴリ仕事をしてくれるインパクトドライバー。「突然動かなくなってしまった」というトラブルもあるようです。

ホームセンターで安価なものを選ぶより、保障や修理のサポートがしっかりしているメーカーを選ぶのが無難です。

ちなみに、ドリルドライバーを硬い木材で使用したために、ドライバー本体が壊れてしまったという人も多いようです。インパクトドライバーとの使い分けに、注意したいですね。

充電式が便利!

移動しながらの作業もでき、持ち運びも手軽な充電式。

また、メーカーによっては、ドリルドライバーのバッテリーを、インパクトドライバーにも使えるなど、ほかの工具とリチウムイオンバッテリーを共用できるというメリットもあります。

メーカー別!おすすめのインパクトドライバー

さて、いったいどんなインパクトドライバーがあるのか見ていきましょう。

マキタ

 

View this post on Instagram

 

@caferattemaniaがシェアした投稿

マキタは日本の会社で、世界中に出回っている工具ブランドです。

日本の電動工具のシェアトップメーカー。豊富な充電工具ラインナップで、バッテリーの使いまわしを幅広くできるのがメリット。

軽量のペンタイプから、プロ仕様迄が揃っていて、職人さんやDIY愛好家の間で人気です。木工作品を作る際に使う人が多いようです。

・トルクの強さは180N.m トルクが強いほど、長いねじ締め簡単にできます。

・長いビット使用時の揺れを大幅に軽減。

・「木材」「ボルト締め」テクス(先端がドリルのビス)の「厚板」「薄板」両方

・弱・中・強・最強の4段階に変更可能なので、繊細な作業から、パワフルな締め付けも、手元のグリップで変更可能。

・全長116ミリとコンパクト。

・充電時間は、27分から使え、40分でフルモード。

・重量1.5kg

日立工機


10年前迄は、国内シェア1~2位のトップクラスだった日立工機のインパクトドライバー。マキタ同様にほかの工具のラインナップも充実しています。

・トルクは150

・重さ 1.4kg

・女性でも握りやすい細身のハンドル

・充電時間 約40分

・白色LEDライト付きで、作業部分が見やすい。

HiKOKI(旧日立工機) コードレスインパクトドライバ FWH14DGL(2LEGK)

HiKOKI(旧日立工機) コードレスインパクトドライバ FWH14DGL(2LEGK)

13,897円(06/25 23:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

 Panasonic

 

View this post on Instagram

 

@naka_chan02がシェアした投稿

聞きなれたメーカー、Panasonicのインパクトドライバーは、ラインナップが豊富です。

なかでも、1台でドリルドライバーとインパクトドライバーの二役をこなす、マルチインパクトドライバーというユニークな商品も。

・軽量重視のタイプのペンタイプもある

・トルクの強さ プロ仕様で155~160

・重量1.5kg

・ねじ締めでは、万能ビス・米松を約420本、耐震金物ビス(φ5.5×75mm)約220本まで可能。

・充電時間 約90分

Panasonicでは、女性に嬉しいピンク色のモデルなどもあります。

RYOBI

 

View this post on Instagram

 

RYOBI Power Tools USAさん(@ryobipowertools)がシェアした投稿


リョービのインパクトドライバーは広島の自動車部品や建築工具を製作・販売するリョービ株式会社が発祥。その後、2017年から工具等パワーツール事業は京セラが引き継いでいます。

・打撃力は弱・中・強の三段階で変更

・トルクの強さ 最大175Nm

・余裕の作業時間 5,000mAh容量電池

・充電時間 84分

・リョービには、トルク110N.Mもありながら、業界最軽量クラスの998 gという超軽量モデルもあります。ネット上で価格も1万円以下、数千円で購入できます。

リョービ(RYOBI) インパクトドライバ CID-1100 657100A

リョービ(RYOBI) インパクトドライバ CID-1100 657100A

8,399円(06/25 23:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

BOSCH(ボッシュ)

 

View this post on Instagram

 

遊兵さん(@rb26.dett)がシェアした投稿

世界シェアではマキタを上回るドイツのメーカーです。そのハードなデザインにも根強い人気があります。とにかく200nmという驚異的なトルクの強さから、プロにも信頼されるブランドです。

・トルクが200nm

・パワーもありながら、ヘッドが126mmと軽量。

・能力は普通ボルトなら M6~M14、 高力ボルトなら M6~M12まで可能

・ 超高容量の6.0Ahバッテリー

・Bluetoothに対応しており、アプリから設定も可能

・重量1.8kg

BOSCH(ボッシュ) 18Vバッテリー インパクトドライバー PDR18LI-1B

BOSCH(ボッシュ) 18Vバッテリー インパクトドライバー PDR18LI-1B

13,100円(06/25 23:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER)

オレンジと黒のデザインが印象的な、アメリカの会社です。なんとコードレスのインパクトドライバーを販売したのがブラックアンドデッカーでした。その他にも、さまざまな家庭用DIYツールを普及させたメーカーとして世界中に知られています。

 

View this post on Instagram

 

BLACK+DECKERさん(@blackanddecker_us)がシェアした投稿

・最大トルク170N.m

・充電時間 約40分

・プロも納得の18Vのバッテリー

・125㎜の木工ネジ、12mmまでnボルトを締めることも可能。

・フル充電で、金属板にも直接使える。

・重さ約1.5kg

ボッシュと同様にパワーが大きいので、長い時間の作業や、ハードなDIYをしたい方におすすめです。LEDライトがとても明るいので、暗い場所での作業もできます。

【必読】日本唯一のDIY本「ドゥーパ!」が教える”インパクト・サンダー・ジグソー”基本工具テクニック

DIYを始めるなら、まずこれを買おう!バッテリー式電動ドリルドライバーの選び方

DIYをはじめよう!と思った時に、間違いないインパクトドライバーといえば【インパクト】

ネジがなめたらどう外す?その解決方法と便利なグッズを紹介!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント