究極のDIY!【約55万円】で森の中に建てられた「12」の理由

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


土地の形状、環境への配慮を最大限考慮

イギリス西部のDIY発祥の地と言われているウェールズに映画の「ホビット」に出てくるようなエコハウスを建てました。

Saimonさんと奥さんのJasmineさんはこの土地の形状を活かした環境に優しい家を建てたいと計画しました。

絵本の中からそのまま飛び出したようなこちらの家の主な材料は石、泥、森の中のオーク材など、ほとんどが自然の素材そのもの。

 もともと森の管理や庭づくり、エコプロジェクトの活動をしていた家主のSimon Daleさんは、環境に負荷がかからず、低価格で、かつ居心地のいい家を家族のために作りたいと考えて建設を試みました。

「高い家賃や住宅ローンを払うのは難しかったから、なるべくシンプルでコストのかからない方法で作ろうと思ったんだ。」

 大工経験のなかったSimonさんですが、義父と数名の友人のサポートを得ながら、約4ヶ月でこちらを完成させます。

約55万円で完成。その道のりは?

彼らの最初の予算は£2000(約¥370,000-)!!

多くの人々の協力と環境にも優しい資材を探し出す努力をし、最終£3000(約¥550,000-)でJasmineさんのお父さんの助けも借り、労働時間は1000~1500時間。

主な道具はチェーンソー、ハンマー、そして1インチのノミと身近で手に入るものばかり。しかし中はとても快適で、なんと二階建てなんです。

「必要なのは、健康な体と忍耐力、そして自分を信じること。あとは時々手伝ってくれる1~2人の友達かな。」

家づくりだけでなく、仕事でも共通することですね。

この家にはたくさんの環境に対する配慮やこだわりがたくさん詰まっています。

candleOLYMPUS DIGITAL CAMERAPhoto by : BEING SOMEWHER.NET

約55万円で建てられた12ヵ条

1:丘の斜面を掘り、屋根に芝生を使ったことによりもともとの景色を変えることなく家を建てた

2:掘り出した時に出た、石や土は壁や基礎に使用

3:オーク材は周りの森から拾ってきたものを使用

4:床の断熱には藁を使用

5:漆喰を使うことにより通気性がよく、セメントよりもエコに

6:窓やコンロなどはリサイクル品から探した

7:暖炉の蒔は近くの森から拾って来た木を使う

8:冷蔵庫は基礎の下を通って地下からくる冷たい空気によって冷やされる

9:天窓をつけることにより自然の光を取り込む

10:ソーラーパネルをつけ、調光・パソコンなどに使用する

11:水は近くの泉から

12:コンポストトイレ

などなど。

こちらの記事と共通する裏技が多いですね。

元美術教師が建てた【約3万円】コブハウスを作る9個の裏技

kitchen sunshininPhoto by : BEING SOMEWHER.NET

次なる旅へ

デザインだけではなく環境にとことんこだわったエコハウス。

そんな彼は、しばらく家族とここに住んでいましたが、自然の中で「生きる」ということの喜びを感じられる家を広めたいという思いから、2009年にLammas Eco village というエコビレッジプロジェクトに参加するために西ウェールズへ移っていきました。

この美しいホビットの家は今では 森で働く人たちに使ってもらっているそうです。

映画や童話に出てきそうな夢のようなこの家が手作りによって建てられ環境にも配慮されており、さらに約55万円でできているとは思えない完成度ですね。

世界には本当にいろいろな家がある。

via : Tiny House Blog


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント