キッチン収納DIYは、ディアウォールにおまかせ!生活感を出さないDIY10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


キッチン収納の悩みにディアウォール

人の家にお邪魔した時などにリビングから一番目につく場所が、キッチン

キッチンがいつも綺麗にされていたり整理整頓されている家は憧れですよね。

ですが実際は、キッチンはとかくごちゃごちゃしがちで生活感があふれてしまったり、雑然として見えてしまったりと、とても収納が難しい場所です。

収納がうまくいかない原因の一つはどんどん増えていくキッチングッズ、絶対に必要な食器類、ストックも置いておきたい食品類など、狭い空間にたくさんの物を収納しなければならないということ。

そしてもう一つはキッチンという限られたスペースの中なので、物が増えても収納をこれ以上増やすことが難しいということがあります。

そんなキッチン収納のお悩みに強い味方となってくれるのが、ディアウォールです。

ディアウォールを使えば今までは使えなかったスペースにも収納を作ることができるので、キッチンの収納の幅がグンと広がること間違いなしです!

こんな風に清潔感のあるオシャレなキッチンは憧れですよね。素敵なキッチンだとお料理するのも楽しくなりそうですね!

ディアウォールを利用した収納とは?

ディアウォールとは、直訳すると「完璧な壁」という意味で、壁・床・天井を傷つけずに好きな場所に柱を作ることができ、今までの賃貸ではできなかったような壁面の自由なDIYが楽しめるアイテムです。

こちらがディアウォール本体です。小さいけれどとても優れものです!

ディアウォールは突っ張り棒と同じように、木材の上下にディアウォールを取り付け、天井と床の間に入れて突っ張ることで固定することができます。取り付けも、ただはめ込むだけなので女性でもとても簡単に設置ができるうえ、強度も抜群というとても画期的なアイテムです。このディアウォールを使うことで様々な収納を作ることが可能になります。

ディアウォールにはめ込む木材は、ツーバイフォー材(2×4材)。ホームセンターなどで手軽に購入できる木材です。ディアウォールを使うときは、セットで購入しておきましょう。事前に作りたい棚のサイズをチェックしておけば、ホームセンターなどのカットサービスを活用することも可能ですよ。

壁を収納に利用

ディアウォールを使えば賃貸でもDIYで壁に収納を作ることが可能です。既製品を買うとどうしてもサイズが合わないという方や、転倒が怖くて低めの収納しか使えなかったという方も、ディアウォールを使った収納棚を自分で作れば、壁面いっぱいにスペースを活用することができるうえ、天井と床で突っ張っているので少しの衝撃では転倒することはありません。

ディアウォールを使った柱を立てれば床から天井までが収納スペースになります。ボックスなどを使えば見た目もスッキリし収納力も抜群になります。ボックスと小物が西海岸風に統一されていてとてもオシャレですね。

どんな場所にでも設置可能

収納を考えるときに悩みどころなのが、一体どこに収納スペースを作るかということです。既製品だと、例えば低めの食器棚の上などを活用したいけれど電子レンジなど電化製品を置いてしまっているからその上のスペースに物が置けるだろうかと悩むこともありますよね。

ディアウォールのメリットは、上下に突っ張ることができるような場所であればどんなスペースでも設置できるということ。今までは無駄になってしまっていたようなスペースでも収納を作ることができるので、スペースを十分に活用できます。


キッチンカウンターの横の狭い幅の部分にだってこのように柱を立てるスペースさえあれば収納を作ることができます。ポットやシルバーの茶筒やコーヒーミルなどの小物の雰囲気がノスタルジックでオシャレですね。

壁に傷をつけない

ディアウォールは床と天井など上下に突っ張るところさえあれば設置ができます。ディアウォールを使って立てた柱に棚板を留め付けるので、壁を傷つけることがありません。

壁にネジで留めたりしなくても強度も十分にあります。さらに、床や天井も傷つけることがないので、賃貸の方でも安心して使用することができます。持ち家の方でも壁に直接穴を開けることに抵抗がある場合や、インテリアのレイアウト変更などするときに壁に穴が開いていると気になってしまうときがありますが、ディアウォールを使えばそんな心配もないので安心です。

壁に棚板を付けたい場合でも、ディアウォールの柱さえあればお悩み解消です。低い食器棚の上の壁を天井まで使うことができます。キッチンにグリーンを飾るととても華やぎますね。


ディアウォールを使えば壁を傷つけないだけでなく、ディアウォールの柱に木材を張り付けることで壁を作ってしまうこともできます!壁が単調な白ではなく木目調になって見た目もナチュラルな雰囲気になりますね。

キッチンをオシャレに見せられる

ディアウォールを使った収納はオープンタイプの見せる収納なので、そこにお気に入りの調理用品や小物を飾るように置くだけでとてもオシャレなキッチンになります。

左側の食器棚がディアウォールを使った棚のようです。右にある家具ともテイストがマッチしていてとても良いですね。

使い勝手のいい調味料置き場

ついつい買ってしまい増えてしまう調味料類も、調味料置き場を作ってあげることでスッキリと収納でき、お料理もしやすくなります。

調味料を小瓶に入れて並べることでとてもスッキリとして、飾っている小物の一部のようですね。何がどこにあるのかわかりやすいのでお料理の時短にもなりそうです。

空いてしまいがちなシンクやコンロ周りをディアウォールで

シンクの周辺やコンロの周りには物が置けないと思っていませんか?その空いたスペースもディアウォールを使用すれば立派な収納スペースになります。

柱にフックを付けてフライパンやエプロンをかけています。高さを使って上下にフライパンをかけているのも可愛いですね。こういう風に収納すればまるでオシャレな雑貨のようです。

キッチンカウンターを活用

キッチンカウンター周りは、実はたくさんの空いたスペースがある場所。今まで活用できていなかったスペ0すも、ディアウォールを使えばたくさんの収納スペースに早変わりです。

キッチンカウンターと天井からの吊戸棚の間のスペースも、こんな風に収納を作れば活用できます。

高さも幅も、棚の数も、自分好みにカスタマイズしてしまいましょう。


キッチンカウンターの下も実はデッドスペースになりがちですが、このようにディアウォールを使えば、便利な収納スペースになります。

こちらは、絵本を飾る収納スペースと、お子さんに嬉しいミニテーブルを設置。もちろんキッチングッズを収納することだってできます。

ディアウォールで憧れのキッチンに

ディアウォールを活用したキッチンDIY、いかがでしたでしょうか。

このように、ディアウォールを使えば今まで雑然としてなかなか片付かなかったキッチンも収納を増やすことが 可能です。

柱や壁を傷つけることなく、かつ手軽にできるディアウォールを活用したDIYは、今やDIYの定番。小さな棚から壁全体を覆う大きな棚まで、あなたのキッチンに合わせた収納をつくることができます。

色々なアイディアを参考に、ぜひキッチン収納作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

また、キッチン収納以外にも大活躍するディアウォール。他記事に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。「初DIYにおすすめ!ディアウォール棚DIYの失敗しない作り方&棚実例9選

また壁や柱を傷つけずに収納をつくれる定番として、ディアウォールとともに知られているのが、ラブリコ。ディアウォールとラブリコの特徴をそれぞれ紹介した「ディアウォール&ラブリコは何が違うの?商品特徴やDIY実例まとめ」もぜひ参考にしてみてくださいね。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント