初DIYにおすすめ!ディアウォール棚DIYの失敗しない作り方&棚実例10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


壁を傷つけずに初心者でも簡単にDIYできる!ディアウォールとは?

今、大人気のディアウォール。DIYをしている人なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ディアウォールとは、2×4(ツーバイフォー)という木材に取り付けて使用することで、壁に穴を開けることなく柱を立てることができるDIYアイテムです。

ディアウォールの中にあるバネの力を使って床と天井の間で突っ張ることで柱を支えるという構造です。

取り付けや設置が簡単であることとディアウォールで立てた柱に棚板を設置すれば棚や壁面収納に、板やボードを取り付ければ壁になるなど使用方法の幅が広いのも特徴です。

ディアウォールを使った棚や収納は見た目もオシャレなので、ぜひ棚作りに挑戦してみましょう!

ディアウォールで棚を作るメリットとは?

ディアウォールを使った棚作りにはどんなメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。

壁・床・天井を傷つけない

賃貸暮らしなどで壁にネジや釘を打ち込んで穴を開けることに抵抗がある方は多いと思いますが、既製品の購入だと自由なレイアウトを楽しむことができず理想の形にはなかなかならないということがありますよね。そんな場合でもディアウォールを使って棚をDIYすれば、自由な場所にしっかりした柱を立てて、その柱を下地に棚や壁面収納などの家具を好きなように作れるうえ、作った柱や壁にならビスだって打ち放題です。また、ディアウォールの設置面にはシートが施されているので床や天井も傷つきにくいようになっています。

費用が安く済む

既製品の棚や収納家具を買うとなると何万~何十万もかかってしまいますが、ディアウォールを使ってDIYすれば断然安く済みます。ディアウォールそのものはネットやホームセンターで800~1000円前後で購入でき、2×4材も長さによりますがホームセンターでは500円程度から販売があります。

棚を作るとすると、使う柱や棚板の数にもよりますが、3000~4000円程度で揃えることができると考えるととてもリーズナブルと言えます。また、amazonなどではディアウォールと2×4材のセット販売もあり、さらにお得に材料を購入することができます。

スペースを有効活用できる

ディアウォールは上下に突っ張ることができれば狭いスペースやカウンターキッチンの上、玄関脇のスペースなど様々な場所に棚を設置できます。さらに、既製品のウォールシェルフだと、サイズが合わずに天井に近いところは大きな隙間ができるということがありますが、ディアウォールを使えば床から天井までのスペースを余すところなく活用することができます。

棚作りに必要な材料

それでは早速ディアウォールを使った棚作りに必要な材料を揃えていきましょう。

ディアウォール

ディアウォールは若井産業から販売されています。色はホワイト・ライトブラウン・ダークブラウン・ブラックの4色展開をしています。通常の2×4材に使用する定番のシリーズの他に、1×4材に使用するものや、シンプルな形状のディアウォールSというシリーズもあります。イメージや使用箇所に合わせて選択しましょう。ディアウォールは立てる柱の本数と同じ数のセットが必要になります。

2×4材

2×4材は木材の断面が2インチ×4インチのものを言い、ホームセンターなどで購入可能です。ホームセンターでは購入する際にカットをしてくれるサービスがあるので、必要な長さをあらかじめ測っておいてから行くとスムーズです。2×4材は柱に使用する分と棚板の枚数分必要になります。

柱に使用する2×4材は、棚を設置する場所の高さから45mm引いた長さを用意します。

棚柱

棚板を柱に直に固定する場合は必要ないのですが、棚板を可動式に作る場合は、棚柱が必要になります。棚柱はダボレールやガチャレールなどとも呼ばれ、ホームセンターで購入できます。柱にこの棚柱を付けることになるのですが、柱の上下にはディアウォールをはめ込むので両端から15cm程度引いた長さの分を購入しましょう。こちらも柱の本数分必要です。

棚受け

棚受けは棚柱に付けることで棚板を固定するための物です。棚柱を使用する際はそれに対応したものを、棚板の左右×棚板の枚数分用意しましょう。

ドライバーまたは電動ドライバー

棚柱や棚受けを設置する際にネジで留めるので、ドライバーを使用します。手で回すタイプのドライバーでもいいのですが、ネジの数が多くなると手が疲れてしまうので電動ドライバーがあると便利です。

棚の作り方5ステップ

棚の作り方の手順は5つ。初心者でも簡単にできます。作り方を見ていきましょう。

設計をする

まずはどんな場所にどんな棚を作るのかイメージしましょう。そして、設置する場所の高さをメジャーで正確に測り、棚のサイズや形を決めます。設計をしたらそれ通りの材料を購入しておきます。この際、木材に塗装をするとよりオシャレな棚づくりができます。

2×4材に棚柱を取り付ける

柱用の2×4材に棚柱を取り付けます。2×4材の幅から棚柱の幅を引き2で割った数値を2×4材の幅の両端から引くと棚柱が中心に取り付けられます。柱の上下のにはディアウォールがつくので両端から15cm離すことも忘れずに行いましょう。

ディアウォールを付けて柱を立てる

棚柱を取り付けた2×4材にディアウォールをはめ込みます。この際、バネのある上パットが天井側になるようにします。ディアウォールを取り付けた柱を上パットのバネを縮めるように天井に押し当てながらゆっくりと立てます。まっすぐに立つよう調整しましょう。ぐらつきがある場合は付属のスペーサーを下のパットに入れることで調整できます。

棚受けの設置

棚柱に棚受けを設置します。もし可動式の棚ではない場合は、立てた柱の棚板を置きたい箇所に棚受けをネジで固定します。

棚板の設置

柱に取り付けた棚受けの上に棚板を置いたら完成です。固定棚の場合は棚受けと棚板をネジで留めて固定しましょう。

初めてでも失敗しない為の注意点

ディアウォールDIYで失敗しないためにはどんなことに注意すればいいのでしょうか。確認しておきましょう。

2×4材は正しい長さに

材料を購入したものの、いざ組み立てると柱となる2×4材が長すぎたあたは短すぎたという失敗があります。最初に設置する箇所の床から天井までの長さをきちんと正確に測っておくこと、その数値から45mm引いた長さを用意することが大切です。

長かった場合は切ればいいのですが、もし短い場合、付属のスペーサーで4mmまで調整はできますが、もしそれよりもさらに短すぎた場合、ディアウォールのジョイントという木材同士をつなげるアイテムがあるのでそれを利用して継ぎ足す方法があります。

床材を確認しておく

ディアウォールはバネの力で突っ張って固定するので、ずれる恐れのあるカーペットでの使用は禁止されています。また、畳やクッションフロアなど弾力のある素材の場合に直に設置するとぐらついたり使用しているうちにずれてある日突然倒れてきた、ということがありますので、下パットが沈みこまないよう広めの板を滑らないように設置しておくなど対策しましょう。

柱より奥行きのある棚は危険

ディアウォールの公式ホームページでは、棚板は柱に使用した木材の表面から40mm以内に収まるよう記載があります。もしそれよりも棚板が前に出ている場合は、物を置くときに重心が前にならないようにするか、はみ出している棚板に脚を取り付けて転倒しないように支えるなどしましょう。

耐荷重は自己判断

ディアウォールで作った棚の耐荷重は公式ホームページでも明確な記載がありません。設置する条件によって強度が異なるので、柱がぐらつかないようしっかり立てる、重すぎる物は乗せないようにするなど正しい設置をして強度を上げましょう。

ディアウォールを使ったオシャレな棚をご紹介

ディアウォールで作った棚は収納アイデアの幅が広く、見た目もオシャレです。実際に使っている人の例を見ていきましょう。

リビング収納

テレビ台とマッチした大型の壁面収納です。木材の色味が飾っている電球や小物とマッチしていてノスタルジックな雰囲気がとてもオシャレですね。

キッチン収納

調理台の脇のスペースを活用して調味料置きがあると使い勝手がとても良さそうですね!設置個所の高さが違っても柱を立てれば一体型の棚になるのがディアウォールDIYの良いところですね。

キッチンカウンターの上のスペースに棚を置くこともできます。木材のダークな塗装がインテリアとしてもオシャレですね。

本棚

増えていく本の収納はとても困りますが、本棚をDIYすればたくさんの本が収納できます。文庫本や大型サイズの本など、好きなように棚の高さをカスタムできるのもDIYの良いところです。

おもちゃ収納棚

箱に放り込んでしまいがちなおもちゃも収納棚に飾ればまるでアメリカンな雑貨店のような雰囲気に。

ランドリーラック

タオルや洗剤も棚を作れば見せる収納ができます。洗剤を白いボトルにそろえ、タオルの色とサイズがそろっていて清潔感がありますね。

シューズラック

靴を横に並べるタイプのシューズラックもディアウォールでOK!

なかなか自分の理想にあったシューズラックが見つからないときは、DIYしちゃいましょう。お気に入りのシューズを収納しながら、ディスプレイしたい人には嬉しい横並べできるシューズラック。

棚柱を取り付ければ、あとは自分のお好みの高さに棚をつけるのも嬉しいですね。

カフェ風インテリア

ディアウォールで作った棚に帽子や洋服を掛けたり、鏡を取り付けたり、お部屋にあれば嬉しい壁面収納のできあがり。

フェイクグリーンやアイアンハンバーをうまく組み合わせて、カフェ風の柔らかい風合いをだしていますね。

絵本棚

絵本をこのように表紙が見えるように収納すると、見た目も可愛らしくお子さんも自分で手に取って読みやすいですね。

観葉植物の棚

窓辺に棚を作れば観葉植物用の棚になります。たくさんの日差しを浴びて植物が良く育ちそうですね。

アウトドアグッズの収納棚

定間隔に穴のあいた有孔ボード(パンチングボード)と組み合わせて、アウトドアグッズの収納に便利な棚。

掛けたいものによってフックを変えれば、帽子からリュックサック、自転車までなんでも収納可能。耐荷重を注意しながら、掛けていきましょう。

メリットたくさん!ディアウォールで棚をDIYしてみよう!

いかがでしたでしょうか。壁に傷を付けないディアウォールはDIY初心者でも簡単に棚作りができます。色々な人の作品を参考にすることでアイデアの幅も広がります。ぜひご自分でディアウォールを使ったオリジナルの棚作りをしてみましょう。

壁に傷をつけないディアウォールで簡単DIY!使い方から耐荷重まで徹底解説&アイデア実例11選

ホムセンで購入可能!環境にやさしく抜群の性能を誇るツーバイフォー材を徹底解説!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント