【契約金は2億円!】それでも「車上生活」を選択したメジャーリーガー

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

メジャーリーガーなのに車上生活を選択

最近、若い世代で流行りとなっている“ミニマム”なライフスタイル。

お金やモノに幸せを求めるのではなく、より豊かにそして自分らしく生きるというようなスタイルを追い求め、それを実現した”プロ野球選手”がいました。

彼はメジャーリーグ ブルージェイズやデトロイトタイガースに所属したピッチャー・Daniel Norris氏。

契約金2億円。毎月の生活費は8万円

契約金2億円を手にし、望めば高級マンションや高級な車をもつリッチな暮らしはできるはずなのですが、Daniel Norris氏が選んだライフスタイルは車上生活。

一般的にメジャーリーガーの住まいと聞いて思い浮かべるのはプールや専属のシェフがいるような豪華な家。

しかし彼の選択はこれまでのメジャーリーガーの住む家のイメージとはおよそかけ離れたものでした。

広いプール付きの豪邸はおろか、彼の愛車を泊めるガレージすらありません。

あるのは「Shaggy」の愛称で呼ぶ、このマスタードイエローのワーゲンのマイクロバスのみ。

b338b8a5-sVia:CE

契約が決まった後に買った唯一のものは1000円程度のTシャツだけだったのだとか。

現在21歳のDaniel Norris氏は、オフシーズンのほとんどが山でキャンプ。

そして趣味のサーフィンを楽しむため海の波を求めて移動しながら生活しているのだそうです。

そして月に使うお金は8万円のみ。

951c058e-s a134b228-s9ba98f6c-sVia:CE

筋力トレーニングはサーフィン・ハイキング・ロッククライミング

彼は通常のトレーニング以外に、趣味であるサーフィンで体を鍛えている。

「サーフィンは肩と体幹に最高に効くんだ。ハイキングは下半身の強化になる。ロッククライミングは……、翌日にベットから抜け出せたらラッキーだね」

アウトドア生活によるフィジカル強化についてこう語っている。

「ここ数年、何人かの選手にアウトドアの世界を紹介する機会があったんだ。水辺だろうが、山だろうが、みんなの答えは『次はどこに行こうか?』だったよ」

ミニマムライフがハッピーの形

「“ゴールデンアワーの間に夕食を。どんな高級レストランより、ここが本当の五つ星レストラン”」と語るDaniel Norris氏はミニマムライフをその名の通り実現しているようです。

また「最高のシーズンにするためには、ハッピーでバランスのとれた状態にしないといけない。そのためには、ちょっとした冒険が必要だろ?」とも語っており、シーズンに向けての心の健康を保つスタイルとして生活を変えようとは思わないのだそうです。

「誰にどう思われようと、僕は自分の生き方を変えない。僕の幸せには、型にはまらない冒険心が必要なんだよ。」

相対的な価値観で生きていない彼のライフスタイルは、世界中に共感と気づきを与えてくれます。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント