なめらかな斜面を取り入れた型破りな「三日月」型の住宅

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

1pic:designboom

型破りな三日月型のデザイン

なめらかな丘?ボートの船体?のような兵庫県西宮市にある三日月形の住宅。

この住宅は、型破りな空間構成で知られる建築家・藤本壮介氏の作品です。

この住宅は居住空間とともに、「屋外を兼ね備えた屋根」を持っています。

soufujimoto-house-k-iwan-baan-designboom01pic:designboom

「縁側」や「長屋」の発想を現代風に?

美しい傾斜の屋根には、斜面に沿ってベンチやプランターの他、様々な木々が配置されており、アミューズメントオブジェとしての存在感を発揮しています。

昔から日本の住宅には、「縁側」の概念があり、室内と屋外との関係性をうまく構築する発想がありますよね。

縁側とはすこし違う角度ですが、この発想は世界を見ても少ないのではないでしょうか。

きっと住まい手の方たちもユニークなライフスタイルを送っているに違いないですね。

MakeSeen-Sou-Fujimoto-House-K-02pic:designboom

2pic:designboom

視覚効果を上手に使い広く見せる

内観をみてみると、外観からの見た目とは裏腹にひとつなぎの空間で広く見えます。

長屋のようなイメージと重なって見えます。

既成概念にとらわれない設計スタイルは、マイノリティなユーザーを熱狂的なファンにしてくれますね。

4pic:designboom5pic:designboom

日常生活を営む住宅に非日常の斜面・屋根を設けること、それは日常のすべての既成概念を再構築させてくれます。

そこはインスピレーションが生まれる現場でもあり、子供がどういった成長をするのか楽しみな家です。

Via:designboom


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント