【予算180万円】「食べる、寝る、読書する」為に建てられたカップルの家

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

tumblr_naxlpvZZMN1tkuajao6_1280

予算は約180万!

この小さな別荘の予算は$1,500で1$=120円として約180万で建てられました。

そのため、様々な建設コスト削減の工夫がなされました。その結果、コストカット成功以上の大きな魅力が生まれました。

それは黒焦げの外観にヒントがあります。

tumblr_naxlpvZZMN1tkuajao3_r2_1280PHOTO:DEAA SMALLHOUSEBLISS,dezeen

外壁が焦げている訳

tumblr_naxlpvZZMN1tkuajao2_1280PHOTO:DEAA SMALLHOUSEBLISS,dezeen

草深い傾斜地にスピーディに建設するために、まず木質の支柱を建て、プレカット工法を用い組み立てられています。

そして外壁は松板の表面を炭化状にすることで被膜ができます。

化学塗料を使わない自然な工法なので、シックハウスにも有効です。

これは日本でも昔から伝わる伝統的な工法「焼杉」と同じで、日本では主に杉を用い、あらかじめ表面を焼き、炭化状にすることで初期の着火性を低くし、耐火性能を持たせ、雨風への耐久性を高めます。

現代の日本でも建材メーカーから焼杉が販売されていますが、その多くが塗料等による「焼杉」風のものが多いのが現状です。

焼杉ならぬ「焼松」が「人体に優しい」という大きな付加価値を、この「こげこげ小屋」に与えました。

ちなみに、外壁が炭化していると、触ると手が真っ黒になりますので気をつけて!

但し、たわしでしっかり落としたものや樹脂などでコーティング加工のものや、かなり古くなったものはこの限りではありません。

ミニマムという贅沢

体にも優しい大自然の中の炭で守られた小さな家。

建設コストよりも遙かに多くの計算できない、強いパワーを分けてもらえるかもしれません。

常に時間と情報に追われる今の世界の価値観の中で、この建物のクライアントは、「何もない。何もしない。」ことの大切さを私達に教えてくれるのではないでしょうか?

あなたにも、生きることに素直なミニマムな暮らしを。

Charred_Cabin_by_DRAA_dezeen_0_1000 Charred_Cabin_by_DRAA_dezeen_2_1000 Charred_Cabin_by_DRAA_dezeen_3_1000 Charred_Cabin_by_DRAA_dezeen_5_1000

PHOTO:DEAA SMALLHOUSEBLISS,dezeen
SOUSE:SMALLHOUSEBLISS,dezeen,sanuki-ie


前のページへ

1 2
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント