衣装ケースをおしゃれにリメイク!簡単DIY実例18集

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ホームセンターでも手軽に購入できる衣装ケース。

プラスチック製で丈夫な上に軽く、使い勝手がよいアイテムです。

安価で手に入るため、自宅で活用している人も多いのではないでしょうか。

そんな衣装ケース、クローゼットにいれて隠しっぱなしならいいですが、部屋においておくとなると、見た目が無機質な分どうしてもおしゃれに見えないのが難点です。

でも少し手を加えてあげれば、無機質な見た目も大きく変わってきます。

今回は、簡単にできるリメイク術をご紹介します!

すこしの工夫で、お部屋が一気におしゃれにまとまりますよ。

ステッカーで機能的にリメイク

衣装ケースのリメイクとして、最も手軽なのがステッカーを使用したケースです。

近年は収納したアイテムが分かりやすいように、衣装ケース専用のステッカーが登場しています。

中が見えるタイプの衣装ケースなので、内側に白い紙などを貼り付け、外から服が見えないように工夫もされています。

衣装ケースの一番上の部分には1枚板をのせて、ものがおけるようになっています。

こちらも絵柄が見えやすい透明ステッカーを活用した衣装ケース。

ボトムスやトップスなど、収納した衣類がどこに収納しているのわかりやすいステッカーになっています。

ステッカーをみたら、ひと目で中に入っているものが分かるから便利ですよね。

他にも自分好みのステッカーで衣装ケースをアレンジしてみてください。

ウォールステッカーで衣装ケースをリメイク

衣装ケースは表面に光沢があるので、ウォールステッカーもしっかり貼り付けることができます。

これをうまく利用して、カジュアルなテイストの衣装ケースをリメイクしてみましょう。

こちらは白と黒の衣装ケースを組み合わせた収納棚。

白の衣装ケースには、黒のウォールステッカーを使っておしゃれに仕上げています。黒と白の2色使いをうまく利用しているのがポイント。

黒と白の衣装ケースを交互に重ね、モダンに仕上げているのも魅力です。

こちらは手作りのウォールステッカを用いた衣装ケース。

手書き風のデザインや、スターモチーフでキュートな仕上がりになっています。

手作り感も満載なので、温もりのある優しいリメイクにもなっています。

最近は、minneなどのハンドメイド作品の購入が楽しめるオンラインマーケットが人気です。

この手作りステッカーも、オンラインで購入することができるそうです。

自分でつくる自信がない人は、ハンドメイド作家さんのものを購入してみるのも一つの手かもしれません。

ウォールステッカーの中でも遊び心のあるデザインのものを選ぶと、衣装ケースも華やかになります。

こちら人間のシルエットデザインが特徴のウォールステッカーを活用し、衣装ケースをリメイクしています。

カラーの鮮やかなウォールスッテカーを選べば、華やかな衣装ケースにリメイクすることもできそうですね。

布地で衣装ケースをリメイク

衣装ケースは中身が見えるものが多いので、おしゃれに隠すリメイクも多いです。

こちらはボタニカルなテキスタイルが印象的な布地を活用したリメイク方法。

赤い花もワンポイントになっており、常夏の島を思わせるような見た目になっています。

こちらは衣装ケースの一部分にリメイクを施したもの。

アルファベットデザインのペーパーを利用しているので、カジュアルでモダンな風合いにもなっています。

ペーパーを張り付けた部分がワンポイントになるので、味わいのあるスペースが出来上がっています。

家にあるおしゃれな包装紙や紙袋、英字新聞など身近なものでも可愛くリメイクすることができそうですね。

こちらはマリメッコ風デザインのデザインペーパーを活用し、衣装ケースの内側に貼り付けています。

見た目もモダンになり、華やかに仕上がっているのが分かります。

紙は簡単に取り替えることができるので、季節や気分に変えてチェンジするのも良さそうですね。

こちらは北欧デザインのペーパーを利用した衣装ケースのリメイク。

ポップでカラフルな風合いなので、衣装ケースもキュートな仕上がりになっています。

すべての衣装ケースに施しているので、全体で統一感が出ているのもポイントです。

自分の部屋のイメージにあわせて、デザインを選ぶのが楽しそうですね。

リメイクシートで衣装ケースを変身させる

衣装ケースのリメイク方法として定番なのが、リメイクシートを活用したケースです。

リメイクシートは、100均でも購入でき、デザインも豊富で、貼るだけで簡単に部屋の雰囲気を変えてくれるDIYには必携のアイテムです。

好みのリメイクをお金をかけることなく、手軽にできるのが大きな魅力です。

こちらはレンガデザインのリメイクシートを活用したもので、ブルックリン風の衣装ケースに仕上げています。

こちらは白の木目デザインのリメイクシートを活用した衣装ケースです。

衣装ケース全体に施すことで、統一感のある仕上がりにしているのがポイント。

取っ手部分は備え付けのものを使っていますが、こちらには黒のリメイクシートを貼り、ステッカーと組み合わせてカジュアルに仕上げています。

木目調のリメイクシートを使うことでアンティークな風合いを出しながら、取っ手部分でカジュアルさも感じさせます。

こちらは、カラフルな木目デザインのリメイクシートを活用したリメイクです。

衣装ケースのフロント部分にリメイクシートを貼り付け、おしゃれな文字のウォールステッカーも施しています。

全体的ヴィンテージ感のある、おしゃれな衣装ケースに出来上がっています。

こちらは白の木目デザインのリメイクシートを活用した衣装ケースです。

衣装ケースだけでなく、他の収納ボックスにも同じようにリメイクを施し、統一感のある収納スペースを作り上げています。

取っ手部分もアンティークなものに変え、こだわりのある収納ケースに仕上げています。

リメイクシートは、自分好みのサイズにカットして使えるので、サイズなどを木にすることなく貼ることができます。

衣装ケースだけでなく、家具や家電などのDIYにもぜひ活用してみてください。

ハンドメイドのデザインペーパーで衣装ケースをリメイク

リメイクシートもいいですが、好きなデザインペーパーを作り、衣装ケースに施すとオリジナル性が増してより個性的になります。

こちらは衣装ケースにワインボックスのようなデザインペーパーを貼り付けたケース。

衣装ケースがアンティークなテイストになり、一気におしゃれな仕上がりになっています。

こちらは番号のついたデザインペーパーを作成し、衣装ケースに貼り付けています。

衣装ケースのサイズに合わせて番号が印刷されているので、遠くからでも見やすくわかりやすいのがポイント。

番号ごとに収納アイテムを分けると、出し入れがしやすくなります。

こちらは白や黒をベースにしたデザインペーパーを作成し、衣装ケースに貼り付けています。

大胆なスターモチーフやアルファベットなどが中心になっており、カジュアルで男前なリメイクに仕上がっています。

別の衣装ケースには車のナンバープレート風のステッカーを張っており、全体的にカジュアルなリメイクに仕上がっています。

色もモノトーンでまとめているのでクールな印象も与えています。

テープを活用して衣装ケースリメイク

マスキングテープを活用して衣装ケースをリメイクしたもの。

元がクリアケースだったとは思えないほど、ヴィンテージ感のあるかっこいい衣装ケースに仕上がっています。

把手は100均で購入したものを使っているそうです。

雰囲気のある把手をつけるというひと手間で、見た目も大きく違ってきますね。

端部分を銀色で縁取って、他をリメイクシートでアレンジした衣装ケース。

リメイクシートを貼るだけでも大きくイメージチェンジできますが、四方まで縁取ればより衣装ケース感が薄まります。

さらに、把手をつければプラスチック製の衣装ケースだったとは全く分からないほどになりますね。

大きさの違う衣装ケースは、ずれないようにグルーガンで固定しているそうです。

グルーガンは、接着剤の代わりとして使え、手芸や工作などで使われます。

最近では100均でも手に入れることができ、DIYで活躍する便利なアイテムです。ぜひチェックしてみてください。

衣装ケースDIYまとめ

今回紹介した衣装ケースDIYは、どれも簡単にできるものばかり。

・見た目をかわいくするステッカーDIY

ステッカーやウォールステッカーなどを活用して見た目におしゃれな衣装ケースにリメイクしましょう。中に何をいれたかわかりやすくする衣装ケース用のステッカーもあるので要チェックです!

・中身を隠しながらおしゃれにDIY

衣装ケースは、クリアなものが多く、中身が丸見えになるのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。ケースの中身を隠しながら、おしゃれにリメイクするアイテムたちを覚えておきましょう。

1,リメイクシート

DIYには欠かせないリメイクシート。100均などでも売られており、種類も豊富なので自分好みのデザインを選んでリメイクしましょう。貼るだけで、ガラッとイメージチェンジをすることができます。

2,布や紙、デザインペーパーなど(ハンドメイドでもOK)

布や紙など身近にあるものを使って中身を隠すこともできます。デザインペーパーを買ってきてもいいですし、家にあるものを活用したり、ハンドメイドで作ったりしてもオシャレですよ。

3,マスキングテープなどのテープ類

マスキングテープなどのテープ類もDIYには欠かせないアイテム。リメイクシートと組み合わせて使ってもいいですね。衣装ケースのサイズによって、使いやすい幅のマスキングテープを選びましょう。

紹介させていただいたみなさんの衣装ケースを参考に、ぜひみなさんも衣装ケースのリメイクを楽しんでみてくださいね。

少しの手間や工夫で、無機質な衣装ケースもあなただけのオリジナルな衣装ケースになりますよ。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント