釘やビスよりも素早く確実に打ち込むことができる!DIY必需品コーススレッドとは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


釘やビスよりも素早く確実に打ち込むことができる!コーススレッドとは?

コーススレッドはDIYで木材を使う際に必ず用いる材料です。コーススレッドは釘やビスよりも素早く確実に打ち込むことができるので、DIY初心者の方にもおすすめです。今回はそのコーススレッドについて一から詳しく紹介していこうと思います。

コーススレッドの特徴

コーススレッドは、木材接合用のネジの一種です。ネジ山が高くて径が細いという特徴を持っています。また、ネジと釘の2つの性質を併せ持つため、釘のように使うことができて、釘よりも保持力が高いといういいとこ取りな商品です。鋭く尖った先端で木材をキャッチして、高いネジ山でひっぱり続けるという性質を持つので、インパクトドライバーで木材を接合する時におすすめです。

スリムビスとの違い

先端が鋭く、径が細いという点でコーススレッドとスリムビスは同じです。しかし、二つを見比べるとコースレッドの方が溝の切り方が粗く、ネジ山が大きく高いです。コーススレッドは下穴を開けないと木材が割れてしまう恐れがあるのですが、スリムビスは下穴を開けなくても木材が割れる恐れはないです。これは、スリムビスはコーススレッドよりも径が細くなっているためです。しかし、スリムビスはコーススレッドよりも強度が低いという欠点があります。

木ネジとの違い

木ネジとは木材に使うネジの総称です。なので、コーススレッドはこの木ネジのうちの一つです。木ネジはネジ山を切っているのが特徴で、木材に直接打ち込んで使うことができます。なので、木ネジ一つで木材同士を接合することができます。

コーススレッドに下穴は必要か?

コーススレッドを用いる際には、基本的に下穴が必要です。下穴を開けないでコーススレッドを使うと、木材が割れてしまう恐れがあります。特に木材の端側でコーススレッドを用いる際は割れやすいので注意が必要です。

一ミリくらい小さなサイズで下穴を!下穴の大きさ

下穴を開ける際には、当然ですが下穴の大きさはコーススレッドよりも小さなサイズにする必要があります。コーススレッドよりも大きな下穴を開けてしまうとコーススレッドが抜けてしまうことがあります。だいたいコーススレッドよりも一ミリくらい小さなサイズで下穴を開けるようにしましょう。

コーススレッドのデメリット「木材が割れやすい」

コーススレッドにもデメリットがあります。そのデメリットとは木材に抵抗がかかるので、木材が割れやすいということです。しかし、そのデメリットを補うようなスリムスレッドと木が割れにくいビスというものがあります。その二つのビスについてこれより説明していきます。

スリムスレッドとは?

スリムスレッドとは、その名の通りコーススレッドよりも細身なビスです。スリムスレッドは細いので、木材にかかる抵抗が小さくなり、木材が割れるのをある程度防ぐことができます。また、首下にフレキというスジが入っており頭がきれいに木材に入り込みます。しかし、スリムスレッドは細いので、その分木材に食いつく面積が少なくなるので、普通のコーススレッドよりも引き抜き強度が弱いです。

木が割れにくいビスとは

スリムスレッドの弱点である引き抜きに対する弱さを補ったのが、この木が割れにくいビスです。普通キリを使って下穴を開けてからビスを打つのですが、この木が割れにくいビスはこのキリの機能をビスの先端に持たせています。それにより、普通のコーススレッドに比べて木材が割れにくくなっています。

コーススレッドの種類は?

ここまでコーススレッドの基本的なことについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。実は、コーススレッドには半ネジと長ネジの2種類あります。ここではそれらの違いを詳しく説明していきます。

半ネジとは?

半ネジとは、コーススレッドの先端から中間あたりまでネジが切ってあるタイプです。

半ネジの使い方

全ネジに比べて、半ネジは取り付ける木材側にネジ山が切っていないので、全ネジのように隙間ができることがないです。しかし、相手材への固定力で取付材を押さえるので、取付材にネジが効かず全ネジより強度が弱いです。ぴったりと取り付けたいが強度が重要ではない家具などに向いています。

全ネジとは?

全ネジとは、コーススレッドの先端から頭まで全てに溝が切ってあるタイプです。

全ネジの使い方

半ネジに比べて全ネジの方がネジ山が長いので、強度が強いです。しかし、全ネジは打ち込む際に木材ががたつき隙間ができてしまいます。これは、全ネジの先端と橋ではネジ山の高さが違うためです。あらかじめボンドや木ダボで繋いでおくかクランプなどで強く固定しておくなどの工夫をすれば、これを防ぐことができます。

強度について

先ほども紹介しましたが、半ネジよりも全ネジの方が強度が強いです。

釘との違い

コーススレッドの引き抜きに対する強度は一般的に釘の5倍程度だと言われています。釘は釘の側面と木材との摩擦力のみで固定するのに対して、コーススレッドはネジ山が木材に食いつくことで固定しているのでこの強度の差が出ます。また、釘は引き抜く際に釘抜きを用いるのですが、その時に木材を痛めてしまいます。しかし、コーススレッドは逆回転させることで引き抜くことができるので、綺麗な状態を保つことができます。

長さについて

コーススレッドを選ぶ際には長さに注意してください。コーススレッドの長さが短すぎると固定する力が弱く、逆に長すぎると打ち込みにくくなり木材が割れることがあります。コーススレッドの適切な長さは、コーススレッドを打ち付ける木材の2倍程度の長さです。この長さだと、十分にコーススレッドをねじ込むことができるので高い保持力が出ます。

半ネジと全ネジどちらを買えばよいか?

普通の場合は、全ネジではなく半ネジを買うべきです。2つの木材をピッタリとくっつけることができるのは半ネジのコーススレッドのみです。なので、椅子に足を付けたり板を固定したりなどの普通の使い方をする場合は、隙間を開けずにピッタリと木材をくっつけるので半ネジを使います。

コーススレッドの選び方は?

コーススレッドには、ユニクロメッキ製とステンレス製の2種類あります。ここでは、それらの違いについて説明していきます。

ユニクロメッキ製

ユニクロメッキ製のコーススレッドは値段が安いです。しかし、強度が弱いので木材が硬い場合にはネジが切れてしまう恐れがあります。また、錆びやすいという欠点もあります。しかし、ホームセンターなどで買えるSPF材に使う程度ならネジが切れることはないです。なので、屋内で使う普通の家具を作るという目的ならユニクロメッキ製がおすすめです。

ステンレス製

ステンレス製のものはユニクロメッキ製のものよりも値段が高いです。しかし、ユニクロメッキ製よりも強度が高く錆びにくいです。なのでウッドフェンスやウッドデッキなどを作る際にはステンレス製のものがおすすめです。

サイズについて

コーススレッドには様々な長さのものがあります。必要な長さは木材の厚さの2枚程度です。また、コーススレッドが太すぎると木材が割れやすくなってしまうので、コーススレッドが打ち込み箇所の3分の1以上の太さにならないようにしましょう。

コーススレッドの使い方や対処法は?

ここまでどのようなコーススレッドをどのような場合に使うのかということを説明してきました。ここでは、コーススレッドを実際に使う際の使い方や注意点を説明していきます。

インパクトドライバーで打ち込む

コーススレッドを打つにはインパクトドライバーがおすすめです。ドリルドライバーでは、トルクが足りずに途中で止まってしまう恐れがあるので、コーススレッドにはインパクトドライバーの方がいいです。

まっすぐ押しながら打つ

コーススレッドを打つ時には、木材同士がしっかりと接合するようにまっすぐ押しながら打つようにしてください。また、コーススレッドはどんどん奥の方に入っていってしまうので、ネジ山をなめないようにしっかりとドライバーを押さえて使うようにしましょう。

ケガに注意

インパクトドライバーはパワーがあるのでけがに注意して使うようにしてください。髪の毛や服などが回転に巻き込まれないように気をつけてください。また、コーススレッドはかなり熱くなるので、火傷しないようにしばらく冷めるまでは触らないようにしてください。

コーススレッドが折れたとき

コーススレッドが折れてしまった時には、普通のネジのようにプライヤーやネジザウルスを使ってコーススレッドを回し抜きます。プライヤーに比べてネジザウルスの方が潰れたネジを回して引き抜ける構造になっているので楽です。

電動ドライバーで引き抜いたとき

電動ドライバーで引き抜いた時には注意点があります。長いコーススレッドは打ち込む時に摩擦時間が長く熱くなるので、電動ドライバーで引き抜いた直後に素手で触らないようにしましょう。しばらく熱を冷ますか手袋をして触るようにしましょう。また、再度電動ドライバーを使う際には巻き込み防止のために、手袋は外すようにしてください。

おすすめのコーススレッドは?

最後にオススメのコーススレッドを紹介していきます。ここでは匠力とハイロジックの2つを紹介します。

匠力

匠力 ステンコーススレッド(410) 半ネジ 4.2mm×75mm SCB75

匠力 ステンコーススレッド(410) 半ネジ 4.2mm×75mm SCB75

1,686円(04/21 06:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

まず紹介するのは、匠力のコーススレッドです。匠力のコーススレッドは、独自の溝切り加工を使っているので、木材へスイスイと挿入されていきます。なので、作業を効率的に進めることができます。こちらの商品は半ネジと全ネジの二つどちらのタイプもあります。

ハイロジック

ハイロジック コーススレッド 4.5×75 24390 クロ

ハイロジック コーススレッド 4.5×75 24390 クロ

346円(04/21 06:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

次に紹介するのは、ハイロジックのコーススレッドです。コーススレッドは基本的にカラーバリエーションが少ないのですが、ハイロジックのコーススレッドは黒色のものがあります。シルバーのものとは違う雰囲気があるので、おすすめです。

まとめ

ここまで、コーススレッドについて詳しく説明してきましたがいかがだったでしょうか。コーススレッドは保持力が強くて、また逆回転させることで簡単に抜くことができるので非常に使いやすいです。みなさんもコーススレッドを使ってDIYを楽しんでみてはいかがでしょうか。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント