3,000円以内で簡単アレンジ!斬新で個性的なクローゼットのDIY事例10選を紹介

HANDIY(ハンディ)
 

他のインテリアと異なり、クローゼットの空間は機能性を重視しがちです。

それは間違っていませんが、デザイン性を高めることも忘れないようにしましょう。

クローゼットをDIYするポイントは、クローゼット内部と扉の2点です。

内部をDIYすることで、収納効率やデザイン性を高められます。

また、扉をDIYすることで、部屋全体の雰囲気がまとまり、オシャレな部屋を演出することも可能。

今回紹介するのは、そんなクローゼットのDIYに役立つ事例10選です。

アイデアを考える際の参考にしてみてください。

1.白くペイントして開放感を演出したクローゼット

Via:https://www.instagram.com

とてもキレイに仕上がった作品。

クローゼット扉をDIYする方法は主に2つあります。

1つはペイントする方法で、2つ目はシートを貼る方法です。

このアイデアは1つ目の分かりやすい事例。

扉全体をホワイト塗装することで、壁紙との一体感をアップさせています。

このように壁紙の色と合わせる方法は、部屋を広く見せたい場合に効果的。

視覚的に、とてもメリットのある方法です。

素人の方でもマスキングさえ準備すれば、失敗する可能性が低くなります。

2.スワンレイク色のペイントで個性的なクローゼット

Via:https://www.instagram.com

雰囲気を大胆に変更したい方におすすめ。

こちらもペイントするDIY事例ですが、扉ではなくクローゼット内部の壁をペイント。

クローゼット内部の雰囲気を変えられる方法です。

この作者は、スワンレイク色で落ち着いた雰囲気を演出しています。

また、チェストの表面にリメイクシートを貼っている点も特徴的です。

透明のチェストは中身が透けるので、生活感が丸見えになってしまいます。

そんな場合に効果的なのが、このリメイクシートです。

3.工作棒を使って凹凸感を演出するクローゼットペイント術

Via:https://www.instagram.com

このペイント方法は新しい。

クローゼット扉のペイントアレンジはよくありますが、このアイデアのスゴいところは塗装方法です。

あらかじめ工作棒を貼っておくことで、凹凸感を表現できます。

写真のように、四角い模様を作ってみましょう。

何もない扉がここまでオシャレに仕上がります。

また、メーカーから発売されている扉の多くは、ブラウン系やブラックが多いです。

したがって、このようなミントグリーンは、とても新鮮な印象を与えます。

4.扉を取り払ってリビングの一部に改造する方法

Via:https://www.instagram.com

このアイデアで使いづらいクローゼットも生まれ変わる。

当時は使いやすいと思っていたクローゼットも、自身の成長や環境の変化で不便に感じることがあります。

そんな場合は、このアイデアを実践してみましょう。

扉を取り除けば、新しいスペースとして使えます。

部屋が広くなりますし、棚を利用して作業机とすることも可能です。

写真のように、オブジェやテレビを置くのもアリ。

全てはアイデア次第。あなたのアイデアで可能性は広がります。

5.インテリアペーパーを貼り付けた簡単クローゼットイメチェン

Via:https://www.instagram.com

この見事な雰囲気作りはプロ並みのアイデアです。

インテリアペーパーを貼るだけなので、特に難しい施工方法ではありません。

部屋のイメージを大胆に変えられるのが、インテリアペーパーの魅力です。

それにも関わらず、ここまで雰囲気をまとめ上げているのは、他のアイテムとの関係性がきめ手。

デザインテイストやカラーを統一することで、部屋の雰囲気に一体感が生まれます。

単体でDIYするよりも効果的なので、ぜひ試してみましょう。

また、扉上に取り付けたテキスト入りのカラーボードもオシャレポイントです。

このようなこだわりがアクセントとなって効いてきます。

6.個性的な花柄デザインシートを使った扉リメイク術

Via:https://www.instagram.com

個性的な花柄デザインで、大胆に演出。

見てください、この華やかさを。

一目見ただけでは、これがクローゼットだとは気づきません。

オシャレな壁に見えるほど、美しい仕上がりです。

施工方法はとても簡単。貼るだけなので、凹凸があっても問題ありません。

しかもこの事例は、現状復帰が可能。

失敗してもやり直せますし、図柄に飽きたら、いつでも交換できます。

したがって、少々派手なデザインにチャレンジしても安心です。

7.クローゼットを秘密基地風に演出した空間アレンジ

Via:https://www.instagram.com

まるで秘密基地のような雰囲気を演出したおしゃれなクローゼット。

ポイントは、雑貨のデコレーション方法。

入り口上部に複数の雑貨をディスプレイしています。

また、クローゼット内部の棚にも同じような工夫が見られ、とてもこだわりを感じる作品です。

さらに効果的なのは照明。

後付け照明や間接照明を利用することで、クローゼット内部を効果的に照らしだせます。

見せたいものだけを照らす方法は、照明による演出効果の基本です。

初心者の方もチャレンジしてみましょう。

8.2色ペイントでワイルドに仕上げるクローゼットペイント法

Via:https://www.instagram.com

この個性的でアート作品のようなデザインは、アピール度抜群。

クローゼットの扉は面積が大きいので、ペイントによる効果が分かりやすいです。

この作品は、ただベタ塗りするのではなく、仕上げ方を工夫しています。

とてもハイレベルな仕上げ方です。

隣のドアやライトのテイストと見事にマッチしています。

9.クローゼットとミニオフィスをミックスさせるリメイク術

Via:https://www.instagram.com

クローゼットとオフィスの機能を集約させてたナイスアイデア。

クローゼットは、ただ洋服を収納するだけではありません。

アイデア次第で様々な使い方が可能です。

この事例では、デスクをいれることで、ミニフィスをクローゼット内に実現。

とても美しい空間に仕上がっていて、このスペースなら、仕事の効率も上がりそう。

棚を利用したデスクサイズのバランスが良く、動線もよく考えられています。

広々とした空間も良いですが、程よく狭い空間も集中しやすいです。

限られたスペースで、マイオフィスを作りたい方におすすめ。

10.ハロウィンバージョンにデコレーションしたクローゼットアレンジ法

Via:https://www.instagram.com

とても遊び心のあるアレンジ方法で、楽しい空間が完成。

クローゼットをあまり使わない場合は、このような演出方法で楽しむのが効果的。

子供部屋なら、なおさら喜ばれます。

使う素材は、パーティーグッズがおすすめ。

小物や蜘蛛の巣として使えるクラッカーなど、品揃えも豊富です。

また、写真のように、電飾を仕込めばさらに効果的。

ミステリアスな雰囲気を演出できます。

■斬新で個性的なクローゼットDIY事例のまとめ

ここまで紹介した10選の事例は、作者の狙いがとても分かりやすく表現されています。

狙いが分かりやすく表現されているDIYは、見た目の統一感がハイレベルです。

コンセプト立案からアイデア展開、そして実際の創作過程まで、楽しみながらDIYしたことがよく分かります。

クローゼットのイメージを新しくしたい方は、今回のアイデアを参考にしてみましょう。

また、使い心地が良くないクローゼットで困っている方にもおすすめです。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY


「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント