自然エネルギーを活用する、十字架デザイン「聖職者の為の家」

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

「聖職者がゆったりとした自給自足の暮らしができる、隠れ家のような家にしたかった」という思いのもとに作られた一人用の小さな家。

建築家Dachi Papuashvili氏 考案の十字架形のインパクトのあるデザインです。

十字架ハウス4

4階建てで生活空間は3階の広い部分にあり、ここには窓を作って天然の光が入るようにしてあります。

東京だったら3階の軒先を駐車場とかにできそう。

書斎もゆったり周りの緑を眺められる窓辺に。

十字架ハウス5

廃材を利用するなど、環境への配慮もしっかりなされており、周りの風景とも自然に調和しています。

また、ソーラーパネルを設置して自然エネルギーを活用したり、屋根の雨水を溜めるタンクを置いて水まわり用に使うなど、既存のライフラインを使わなくてもすむ工夫がなされています。

十字架ハウス2

十字架ハウス3

Via:http://iemo.jp/articles/3259


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント