教会を自宅にリノベーション?人気急上昇の教会リノベ実例

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

chuch_29photos by slightlywarped.com

教会をリノベーションする人が増加

ヨーロッパやキリスト教文化の根付く地域で、古くから人々の集まる重要な拠点とされていた教会は、壮大で魅力的な建物の一つ。

実は今、この教会を自宅としてリノベーションする人が増えているのです。

イギリス北部のノーサンバーランドににあるジョージアン形式のセントニコラス教会。

建てられたのはなんと18世紀。

7年がかりで改築したカップル

ドレスストーンを用いて建てられたこの歴史的建築物を、7年がかりで自宅として改築したのはイアン・ボトムリーさんとサリー・オニオンズさんカップル。

サリーとイアンがこの建物に出会った10年前には、すでに元のオーナーがリノベーションのプロジェクトを始めようと試みていました。

しかしこのオーナー、この300㎡もある荘厳な、けれどもすでに荒れ果てた建物をどうやったらうまく改造できるか苦戦し、結局売りに出していたのです。

「元々古い”牧師館(牧師が住むための建物)”を改築して自分たちの新しい家にしたいと構想していたんだけど、この建物に出会ったときに、教会の方がいいなって思ったんだ」とイアン。

chuch_34 chuch_36 chuch_38photos by slightlywarped.com

歴史的建造物ならではの困難

しかし、いざリノベーションを開始しようとすると、歴史的な建造物なだけに、イングリッシュ・ヘリテッジ(イングランドの建造物を保護するための組織)や国境財務委員会などいくつもの保護団体が絡んできて、初期の大まかなデザインを考えるだけで2年もかかってしまったそう。   

結局メインの建物は残す方向で、コンピューターグラフィックに詳しいイアンがデザインを作り上げ、その後6年がかりで、屋根と漆喰、それに配管工事以外はほとんど二人で完成させたのです。

内装に使うアイテムにもかなりこだわり、ドアにはマンチェスターにある学校のものを使用したり、羽目板には南ウェールズのチャペルのものを、キッチンの板には礼拝堂の信者席の木材を再利用。

chuch_30 chuch_31 chuch_32photos by slightlywarped.com

そうしてかかった改築総費用は260,000ポンド(約4,680万円)!

でもこの広さを考えたらお手ごろ価格!?

「今回のリノベーションは本当の意味での奉仕活動だよ。この経験が、僕たちの生き方を変えたんだ。今では他の教会を訪れるたびに、どこにベッドルームを置こうかな、なんて考えちゃうよ。」 

旅先で歴史的な魅力のある建物に出会ったら「どうやったらこの建物を自宅にできるかな?」なんて考えながら巡るのも面白いかもしれないですね。 

chuch_39 chuch_40photos by slightlywarped.com

source by HOMEBUILDING&RENOVATING

photos by slightlywarped.com


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント