子供部屋DIY!のびのびワクワクさせるキッズルームDIY実例集

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

子供部屋は、お子さんの個性や特性をはぐくむためにも重要な環境となります。

そのためにもやはりお子さん自身が気に入る空間を作りたいところです。

そこで今回は、お子さんがワクワクするような子供部屋のインテリアをご紹介していきます。

子供部屋作りのポイント

子供の希望をまとめる

子供部屋は当然お子さんが使うので、お気に入りの空間作りに努めるのがポイント。

そのためにもお子さんの好みや希望を聞いて、インテリアに落とし込めるかを考慮する必要があります。

しかし、子供によってはイメージが膨らみすぎて無理難題をいう可能性もあります。

できるだけ希望に沿うように工夫することを考えていくのも重要です。

材料を集める

お子さんの希望をまとめたら、DIYに必要な材料を集めていく作業に移ります。

基本的に材料はホームセンターで購入しますが、100均などの商品を活用することで、予算を安く抑えることができます。

カラーボックスなどの手軽なアイテムなどを代用することから手軽にはじめるのが初心者にはおすすめ!

DIYの実践

材料を集めたら早速子供部屋をDIYしていきましょう。

この際、ケガをする可能性もあるので、できるだけお子さんをお部屋に近づけないようにこころがけましょう。

お子さんの希望通りにお部屋を飾れば、子供部屋の完成です。

男の子のための子供部屋

ツリーハウスを意識した子供部屋

男の子といえば、誰もが憧れるツリーハウス。

冒険心をくすぐり、自由奔放な感性をはぐくんでくれるでしょう。

こちらはそんなツリーハウスを意識した子供部屋です。

FPS材を使ったスモールスペースを天井部分に作り、はしごをかけてベッドにしています。

ベッド下は収納などを置いて、さながらロフトベッドがある空間を思わせるインテリアです。

動物園をイメージした子供部屋

こちらは動物や動物園が好きな子供向きのお部屋です。

ブルー系の色調を取り入れた空間に、ゾウやライオンなど動物のぬいぐるみをたっぷり飾って華やかに仕上げています。

中央には車のおもちゃを置いて、まさに男の子が好きそうなインテリアにまとめ上げています。

収納力のある子供部屋

おもちゃをたくさん持っているお子さんのお部屋は、散らかりやすいのが難点です。

そこをおぎなうためには収納力を重視した子供部屋にするのがいいでしょう。

これは若干親の事情も入ってしまいますが、お子さんにものを片付ける能力を養わせ、整理整頓をする習慣がつくといいですね!

こちらは収納棚の他にもさりげなくお部屋を飾って、ファンシーでおしゃれなインテリアに仕上げています。

女の子のための子供部屋

おもちゃを使ったファンシーな子供部屋

女の子であればぬいぐるみや人形が好きな子も多いはずです。

そんな子供のお気に入りのぬいぐるみを見せる収納として利用し、ファンシーな空間にしてしまうとおしゃれにまとまります。

こちらはベッド周辺にぬいぐるみなどを並べており、壁にはフラッグモチーフなどで飾って、より華やかな空間に仕上げています。

お気に入りの人形に包まれれば、お子さんものびのびと育ってくれるでしょう。

ピンクで固めたお姫様風インテリア

ピンクが好きな女の子向きのお部屋。

壁や家具、小物などを淡いピンクでまとめ、統一感のあるお部屋にしているのがポイントです。

ベッドには天蓋をセットし、お姫様のようなラグジュアリーな風合いも女の子に人気です。

ティピーテントでファンタジーな子供部屋

お部屋に別の空間があると、秘密基地のような感覚もあるのでお子さんの好奇心を育むことができます。

女の子であればティピーテントを取り入れるのがおすすめ。

特にお子さんは狭い空間が好きなので、喜ぶ子も多いのではないでしょうか。

相部屋のインテリアパターン

男の子の相部屋インテリア

ベッドを2対置き、その上に屋根を設置して男の子向きの相部屋インテリアにしています。

ベッドには照明を設置し、屋根でできる影を明るく照らしてくれます。全体的に木目を基調としているので、ナチュラルな質感がお子さんをリラックスさせてくれるでしょう。

女の子の相部屋インテリア

こちらは女の子向きの相部屋インテリアです。

パステルカラーの2段ベッドを用いており、それ以外の空間にはティピーテントやクッションを置いて、幻想的な空間を作っています。

壁には星を飾ってよりファンタジーな質感をあげていきましょう。

ナチュラルな質感の相部屋インテリア

こちらはベッドをお部屋に2つ並べた相部屋のインテリアです。

ベッドなどの家具は木材や竹素材を使ったものを用いており、ナチュラルな質感のあるお部屋になっています。

白を基調とした空間なので、飽きの来ない部分にも魅力があります。

【参考】Photo by: pinterest/instagram

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/