車をDIY!カスタマイズでアウトドア仕様に変身させてキャンプ

HANDIY(ハンディ)
 

ヒッピー風ヴァナゴン

ドイツメーカーのフォルクスワーゲン製のワゴンタイプの車。

1950年代のモデルが現在でも人気が高く、日本でも愛車にしている人が多いです。

丸みのあるボディやカスタマイズで様々なペイントが施されているヴァナゴンは、キャンピングカー風にDIYしている人も多いです。

カラフルなクッションを差し色に

床はフローリングにし、座席を取り外しています。

その分、クッションをたっぷり目に取り入れ、快適で広々としたスペースを作り上げています。

クッションはカラフルなものを使うのがポイント。

後部座席

後部座席もクッションを置いて、ゆったりした空間に。

窓も開いている分、開放感があります。

ヴァナゴンをサーファー向けにカスタマイズ

ボディ

黒と白のツートンカラーを取り入れたボディ。

シックで落ち着いた風合いと、ヴァナゴンのキュートな丸みが良くマッチしています。

内装

内装はウッド調をベースに、ソファ風の座席を設置。

オリエンタルなデザインのクッションをおいて、シンプルながらもさりげなくおしゃれに。

キャンプでもひときわ目をひくセンス

普段はサーフボードなどを積んでいるようですが、キャンプの時にはヴァナゴンの横にテントを張り、おしゃれにアウトドアを楽しんでいます。

個性的ボディのデリボーイ

フロント部分が低く、後部が高めにデザインされた個性的なボディのデリボーイ

1989年から1995年まで製造・販売されましたが、その人気は現在でも高くファンも多いです。

特徴は後部のドアが観音開きになるところで、これを利用してキャンピングカーにカスタマイズする人もいます。

ボディ

こちらはスカイブルーカラーのデリボーイ。

さわやかで鮮やかな色合いは、キャンピンカーとしても最適な風合いを醸し出しています。

内装

車内は床から壁、天井に至るまでフローリングを張っており、温もりのある雰囲気が特徴。

そこにヴィンテージなナンバープレートを張っており、アメリカ風なテイストも盛り込まれています。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY


「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント