テーブルサイズを拡張!バタフライテーブルのDIY

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

「必要なときだけテーブルが大きくなればいいのにな」と思ったことはありませんか。そんな方にオススメなのが、バタフライテーブル。必要に応じて、テーブルのサイズを拡張することができる折りたたみ式のテーブルです。

ホームパーティーや作業のときなど、生活シーンにあわせてテーブルサイズを変更することができる便利なアイテムです。今回は、そんな便利なバタフライテーブルをDIYされている方の作品を紹介します。既存のテーブルに追加することもできるので、ぜひ参考にしてみてください。


金具が要!タッチポン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちぃさん(@chixam)がシェアした投稿


以前DIYした机のサイズが小さいと感じたために、天板を追加したというDIY。広げたときは1450mmの幅を確保できるそうです。

折りたたみ式テーブルを作る際に要になるのが「金具」。折りたたみ式の棚や家具を作るときに使用します。今回は、田邊金属工業さんのタッチポン(耐荷重は2本で40kg)を使用されたということです。

TANNER 折たたみ棚受 タッチポン 200 茶

TANNER 折たたみ棚受 タッチポン 200 茶

2,519円(11/14 20:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

追加でDIYするときは、既存のアイテムと天板の色をあわせましょう。金具で止める前に、典範の色をあわせておけば違和感なく使用することができます。

可動式のバタフライテーブル

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tbt.yseがシェアした投稿


依頼されて作成されたというDIY女子のバタフライテーブル。中央部分の下には、棚が2段設置されていて、両サイドが折りたたみ式になっています。

コロコロキャスターが取り付けられているので、手軽に移動できるのも嬉しいところ。料理や勉強机として、好きなところで、好きなサイズで使用することができます。

OSB合板を使用して男前テーブル

 

この投稿をInstagramで見る

 

仁 –さん(@ogastagram.jp)がシェアした投稿

小さな店舗用にバタフライ式ワークテーブルをDIY。端材としてあったOSB合板(OSBボード)を使用してDIYされています。

OSB合板は、安価で購入でき環境にも優しい木製の板。独特な表面模様が特徴的でDIYの人気アイテムのひとつでもあります。DIY初心者の救世主!安価で身近な素材「OSB合板」DIY10選も参考にDIYに使用してみてください。

キャンプギアにも使えるバタフライテーブル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shihoさん(@shiho_w)がシェアした投稿


折りたたみ式のバタフライテーブルは、キャンプギアとしても人気の高いアイテムのひとつ。脚も折りたたみできれば、持ち運びにも便利です。

取手も取り付けることで、持ち運びも便利になっています。色はオイルフィッシュのチークでナチュラルな仕上がりになっています。

バタフライテーブルDIYまとめ

さまざまな場面で使用するテーブルだからこそ、状況にあわせてサイズを変更できるバタフライテーブルは便利なアイテム。限られたスペースを有効に使うことができます。

今回紹介したバタフライテーブルは、イチから作るものから、既存アイテムを拡張できるものまで色々。ぜひ自分の好みにあわせてDIYしてみてください!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント