英国王室も愛用するブライワックスでDIY!人気色や塗り方を徹底解説!

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ブライワックスをご存知でしょうか?英国王室も愛用し、ヨーロッパで150年以上前から愛されるブライワックス。これを木材に使うと今人気のアンティーク調や男前インテリア、ブルックリンスタイルなどに合う独特の深い色合いを表現することができます。今回はそのブライワックスが長い間支持され続ける理由、色見本や人気カラー、塗り方をご紹介します。

アンティーク調や男前インテリアには欠かせない!ブライワックスとは?

SNSやメディアでも紹介され、DIY好きの方々にとても愛されているブライワックス。今やDIYには欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。名前は聞いたことがなくても、この缶を見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

View this post on Instagram

 

Chewi-Choak Homecenterさん(@chewi_choak_homecenter)がシェアした投稿

ブライワックスとは、無垢の木製品の家具や床に塗ることで保護やツヤ出しをしてくれ着色もできるワックスです。ヨーロッパでは最も優れたワックスとして評され、150年以上もの長い間支持され続けています。このブライワックスを使うと安価な木材でも長年使い古したような独特の色合いを作り出すことができます。

主原料は天然素材の蜜ロウとカルナウバロウをブレンドしてできており、自然系植物性塗料なので安心して使用できます。

価格もたっぷり入って1缶3000円前後。3000円でプロのような仕上がりになり高級アンティークのような色合いと雰囲気を出せるのならとてもリーズナブルと言えます。

なぜ人気?ブライワックスの魅力は?

塗り方が簡単

ブライワックスは塗り方がとにかく簡単!初心者の方でも気軽に取り扱えるうえ、プロ顔負けの仕上がりにすることができます。乾きが速いのも特徴です。塗り方の詳細については後で解説致します。

独特な色合いで色の種類が多い

ブライワックスと言えばとにかく使い古したような味のある深い色合いとツヤのある仕上がりで、エイジング加工にピッタリです。また、色の種類が14色と豊富なことも人気の理由です。イメージに合わせて好みの色を選ぶことができます。

ブライワックスの色見本と人気カラー

ブライワックスには全部で14色あります。こちらが全部の色見本です。

 

View this post on Instagram

 

Briwax Internationalさん(@briwaxinternational)がシェアした投稿

ジャコビアン

どの色も独特の味わいや雰囲気を出してくれますが、この中でも一番人気なのはジャコビアンです。木材によって色味が少し変わりますが、ダークチョコレートのような深みのあるブラウンで男前インテリアやカフェ風に良く合います。使用する木材によっても色味が少しずつ異なります。

 

View this post on Instagram

 

JOINERY STUDIOさん(@joinery_studio)がシェアした投稿

こちらが木材の色見本です。使用する木材や、2度塗りなどによる色の出方の違いを楽しめます。

 

View this post on Instagram

 

ayaさん(@aya_home1225)がシェアした投稿

ジャコビアンを使用したダイニングテーブルです。深いブラウンがインテリアとの相性も抜群です。

ラスティックパイン

その他、ラスティックパインやクリアなども人気です。ラスティックパインは黄身がかった飴色のような色合いで上品さもあります。

 

View this post on Instagram

 

JOINERY STUDIOさん(@joinery_studio)がシェアした投稿

こちらが色見本です。品のある色合いで、ナチュラルな雰囲気もあるのでカントリー調にも合いそうです。

 

View this post on Instagram

 

Maikoさん(@maiko.u_u.o)がシェアした投稿

ラスティックパインを使用した本棚です。黄みがかったナチュラルな色合いで、白との相性が良いようです。

ウォルナット

とても濃いダークな色味のブラウンで重みのあるアンティーク感が演出できます。

 

View this post on Instagram

 

STUDIO ZALTSさん(@studio_zalts)がシェアした投稿

こちらがウォルナットを使用したテレビボードです。重厚感がある渋いダークブランなのでインダストリアルテイストにも相性が良いです。

ブライワックスの塗り方かんたん3ステップと塗るときの注意点

塗り方3ステップ

ブライワックスを実際に塗ってみましょう!塗り方はとても簡単、3ステップです。

  1. 1.木材の汚れやゴミを取り除く。滑らかにしたい場合はサンドペーパーなどで表面を研磨します。よりアンティーク感を出したい場合は木材に少し傷をつけるとより味わいが出ます。
  2. 2.ブライワックスを布やスチールウールなどで木材にまんべんなく塗り、刷り込む。
  3. 3.布で余分なブライワックスをふき取りながら磨き上げる。

 

たったこれだけで、長年使われてきたような深い味わいの感動の仕上がりになります。

また、ブライワックスは着色やツヤ出し、保護などの効果がある蜜蝋のワックスですが、ブライワックスを塗装する前にウォーターベース・ウッド・ダイという速乾性のステインを塗ることで着色をして下地を作りよりリアルなエイジング加工をすることもできます。カラーバリエーションも9色あるのでこのウォーターベース・ウッド・ダイとブライワックスを組み合わせることでお好みの色合いと雰囲気を作ることが可能です。

注意点

ブライワックスが気化したものは体に有害なのでを使用するときは屋外か、室内で行うときは最大限に換気をしましょう。また、ブライワックスは可燃性なので火気や高温の物を近づけることはNGです。塗装に使ったスポンジや布類も自然発火の恐れがあるので水に浸けて廃棄するようにしましょう。

ブライワックスを使用したオシャレな家具を見てみよう!

ブライワックスを使用すると家具に良い感じの雰囲気が出てよりオシャレ感がアップします。実際に使用したオシャレな例を見てみましょう。

テレビボード

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@ha1982ru)がシェアした投稿

こちらは黒のアイアンがアクセントのテレビラックにジャコビアンを使用しています。木目が際立ちジャコビアンのブラウンとアイアンとの相性もばっちりですね!

ローテーブル

 

View this post on Instagram

 

haru_campさん(@haru_camp77)がシェアした投稿

こちらもジャコビアンを使用しています。木製のローテーブルも、ブライワックスで磨くことでビフォーの白っぽい木よりもツヤが出て色味も高級感がありますね。

 

View this post on Instagram

 

KATsu Dさん(@katsuo.u.s.b)がシェアした投稿

こちらは壁の木材にラスティックパインを使用しています。黄色みがかった雰囲気のある色合いですね!レトロな小物とマッチしています。

ブライワックスを使ってDIYを楽しもう!

ブライワックスは塗るだけで自然なアンティーク感やヴィンテージ感を出してくれる着色のできる人気のワックスです。これを使えばエイジング加工がとても簡単に。ブライワックスを使ってもっとDIYを楽しみましょう!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント