なぜ橋のようなデザインに?自然・大地に最大限配慮した『ブリッジハウス』

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

自然に極力手を入れない「ブリッジデザイン」

オーストラリアの郊外にある広大な敷地。

その中にワークスペース兼住居として建てられたのがこの『ブリッジハウス』。

なぜこのような橋の形になったか?というと「美しい大地・自然には手を加えず、窓からその自然たちを鑑賞したという願いを形にしたら【橋】になった」というもの。

大地に触れる土台部分も最小限にするため、基礎となる足場は小さな4っのブロックのみ。

大地への配慮を感じます。

3d_01-528x336Pic: archdiary

2日間で出来上がる設置方法

橋の上にプレハブの家をはめ込んだだけのシンプルな作りは、2日間で2人の男性とクレーンだけで組み上げたそうです。

bridge-house_018-528x350Pic: archdiary

もちろん窓からは自然そのままの美しさが堪能でき、さらには生活排水はこの自然を汚さないよう小川から100メートル離れた部分に浄水装置を設置し、浄化された水は地下へ分散させているのだそう。

デザインを自然と融合させた家はよく見かけるけど、「自然に手を加えることを最小限に抑えた家」というのはなかなか珍しいかもしれません。

人為的な事が必ずしも全てではない

地球という土地にたまたま人類が住んでいて、今人生において少し借りているという感覚なのでしょうか。

やみくもに新しい商業都市を構築するのは経済的にはいいのかもしれませんが、本質的な「生存」といった点で見るといつか無理がくるのかもしれません。

改めて「家」とはなにか?を考えさせられるブリッジハウス。

私たちは、もう一度あたりを見渡してみる必要がありそうです。

bridge-house_023-528x350Pic: archdiarybridge-house_016-298x450Pic: archdiaryC:Clients pre 2008Davenport AndersenDav CAD3d Wendy siteplanPic: archdiaryC:Clients pre 2008Davenport AndersenDav CADwendy floor planPic: archdiary

Via : archdiary


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント