建築費0円!「窓」と「ドア」だけで構築されたシェアスペース「Bow House」

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

recycled-door-window-bow-house-stephane-malka-3.jpg.650x0_q85_crop-smartpic:treehugger

「窓とドアだけ」で構築された建築物

この見た目がちょっと変わった建物は、一時的な労働者のための無料で利用できる共有シェルター。

この場所は、オランダにある多くの都市でよく見られる放置されたスペースで、その場所をより有効に使おうと建築家ステファン·マルカ氏が考えだしたものです。

そして、この建物は全てが「廃棄された窓」と「ドア」で出来ているというもの。

その時にしかない材料で構築されているため二度と同じものはできないですね。

recycled-door-window-bow-house-stephane-malka-2.jpg.650x0_q85_crop-smartpic:treehugger

廃材使用でコストは0円

廃棄された窓&ドアのみで構築されているので、もちろんコストは0円!

柱や床はすべて工事現場で使われていた簡易足場を利用しているそう。

建築する際に必要な「足場」という道具を、構造体にもってきてしまうこの発想は中々思い浮かびませんね。

recycled-door-window-bow-house-stephane-malka-10.png.650x0_q85_crop-smartpic:treehuggerrecycled-door-window-bow-house-stephane-malka-7.png.650x0_q85_crop-smartpic:treehugger

内部は居住空間と共有リビングスペースがあり、なんだかちょっとオシャレなカフェといった感じにもなっています。

夜になるとライティングが足場やドアとの隙間から抜けてきて、計算できない演出。

ここで飲むコーヒーは美味しそう。

recycled-door-window-bow-house-stephane-malka-6.png.650x0_q85_crop-smartpic:treehugger

本来の建築の意義とは?

外観の奇抜さが目を引きますが、実はこのプロジェクトの意義として「建築というものが商品化されていくことに対しての対抗」といったものが含まれているそう。

コストがゼロというのもちゃんと意味があったんですね。

住居とは?という本来の意義を問い直すという側面をもった建築物。

建物の価値は単に「豪華だから」とか「希少な部材だから」ではないですよね。

建物という「ハコ」があり、そこに「人間」「動物」といった「コミュニティ」が存在することによりハードとソフトの「共存」が成り立つ。

また建てる「土地」の風紀や今までの「歴史」など、様々なコトが重なって一つの「場」ができる。

21世紀の住まい方は、多様な価値観によって様々な建築物や地域ができてくるでしょう。

recycled-door-window-bow-house-stephane-malka-9.png.650x0_q85_crop-smartpic:treehuggerrecycled-door-window-bow-house-stephane-malka-6.jpg.650x0_q85_crop-smartpic:treehugger

Via :treehugger


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/