5,000円以内で可能!様々な素材を利用した本棚DIY事例9選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

オリジナルの使いやすい本棚が欲しいと思いませんか?

市販の本棚では満足できない方や、できるだけ安く本棚を手にいれたい方はDIYがおすすめです。サイズも自由に決められますし、購入費用の節約にもなります。

本棚のDIYでポイントになるのは、素材を工夫することです。木材を使う方法や、市販のすのこを使う方法、さらにはダンボールを再利用する方法があります。素材によって特徴もバラバラです。

今回は、そんな本棚DIYに役立つ事例を10選紹介します。どのアイデアも、素材を最大限生かしながら製作しています。これから本棚をDIYする方は、参考にしてみてください。


カラーボックスをリメイクして作ったオシャレ本棚

View this post on Instagram

はぁ…棚作りのビス止めしてたら、棚ゆがんでるやん(T_T) ショック~がんばったのに~(。>ω<。) 初心者なのに、セリアの薄い木材をビス止めするの私には高度だったぁ… 何事も経験ですね(*´ω`*) 明日、旦那さん休みだけど、次男の土曜参観で午前は無理だし、午後から再チャレンジしまぁす(*'▽'*)またがんばろうっと(´▽`)ノ それで電動ドライバーがまだないわが家。。 手首や腕が疲れたけど、同時進行してたカラーボックスリメイクを仕上げました! これも、うーん…な出来だけど、出来上がったのでよしとします。。 天板にもベニア材…そして、写真でわかるか不明だけど、彫刻刀で筋を入れて、板壁風にしました~!! すのこ本棚が低くて、どうにかしたかったので、家で余ってたカラボで高さを出すことにしました(*´ω`*) #カラボリメイク #カラーボックスリメイク #カラーボックス #リメイク #手作り #ハンドメイド #ナチュラルインテリア #インテリア #すのこ本棚 #セリア #ベニア材 #DIY初心者

A post shared by *nao* (@nao.uno39) on

こんな可愛いナチュラル本棚もDIYなら作ることができちゃいます、DIY初心者の方でも。

このアイデアのポイントは、カラーボックスとすのこを上手く組み合わせて構成しているところ。

カラーボックスは本棚にリメイクしやすい素材。上手く活用しながらデザインしてあげることで、まとまり感のある本棚が完成します。

本をみせる収納部分は、すのこを活用して作っていきましょう。ちょっとしたデザインアレンジで、すのことは思えない素敵な作品になりますよ。

牛乳パックを使用した簡易本棚リメイク術

まさかの素材を使った斬新アイデア。コンパクトで持ち運びも便利、知らないとビックリの牛乳パックが材料になっています。

牛乳パックで段(土台)をつくり、他部分はダンボールで組み立てていきます。工作が好きな方はとても楽しめる本棚DIY。見た目もキレイで、牛乳パックで自作しているとは分からないほどの仕上がり。

可愛いイラストや柄の紙を仕上げに使うことで、可愛さもアップ。できる限りお金を使いたくない方は、この本棚にチャレンジしてみましょう。

すのこを再利用して製作する絵本用の自作本棚

手作りの良さをそのまま残した自作本棚。すのこをリメイクした本棚の中でも、比較的オーソドックスな組み方で構成しています。特別な工具がなくても製作可能です。

上の段の段違いもすべてすのこを使用して作っているそう。すのこを1列、2列、3列とに切り分けて、ボンドと釘でくっ付けていけば完成。

本を飾って収納しつつ、こどもたちの遊び道具も一緒に収納できる本棚になっています。すのこは100均やホームセンターなどで気軽に手に入るので、ぜひ挑戦してみてください。

本棚としても使えるディアウォール活用術

https://www.instagram.com/p/BJcbDhjgVqb/?hl=ja&tagged=マンガ本棚

スペースが少ない方にピッタリ。かさばらずに漫画を収納できるアイデア。本棚を置きたいけれど、十分なスペースがなくて困っている方も多いのではないでしょうか。

壁を活用した自作本棚は、市販のディアウォールを利用すれば、簡単にDIYできます。ディアウォールは、ホームセンターなどで手に入るツーバイフォー材と組み合わせて、簡単に柱を作ることができます。壁を傷つけることがないので、賃貸物件でも使用可能。

漫画がキッチリと収まり、安定感がしっかり確保された本棚を作ることができそうですね。

デスクとしても利用できる本棚の万能活用術

本棚とデスクをミックスした万能アイテム。ボックスタイプの本棚は、コンパクトで動かしやすいのが魅力で、写真のように天板を載せるだけで、デスクにも変わります。

本棚とデスクを組み合わせれば、仕事をしながら、すぐに書籍を取り出せ、雰囲気も魅力的です。こちらの方は、昔作った本棚を2つに分けて天板を載せたそう。カラーボックスなどを活用してもDIYすることができますね。

色やデザインに気を使えば、大人の書斎風テイストに仕上げることも可能。書斎を安くDIYしたい方は試してみましょう。

雑貨も飾れるオシャレ本棚をすのこと木材でDIY

とてもオシャレで、インテリアとしても有能な本棚。すのこと木材を組み合わせてDIYした上に、ガーランドで飾っているのも可愛らしいところ。

作りをシンプルにした上で、無垢材で仕上げることでナチュラルな印象をアピールすることができます。使う素材に制限はありませんので、自由にアイデアを展開しましょう。

容量が多く本や雑誌以外にも、写真のような雑貨をディスプレイ可能で、とても使いやすい本棚です。さらに、キャスターが付いているのも実用的ですね。動かせない本棚が多い中、可動式タイプはとても貴重でキャスターロック付きであれば、安定性も問題ありません。

ダンボールを素材として使用する本棚製作法

https://www.instagram.com/p/Bf1rjGKHYhb/?hl=ja&tagged=ダンボール絵本棚

実はこれ、ダンボールを再利用した本棚なんです。ダンボールは、正しい方向性で組めば、とても頑丈になり、値段も安いので、安く作りたい方にピッタリです。

また、階段形状になっているので、本の種類を簡単に認識でき、子どもでも片付けやすい万能アイテムです。ラッピングデザインを自由に選べ、写真は壁紙の色と合わせていますが、他の色で合わせることもできます。

すのこで簡単に作れる壁掛けタイプの自作本棚

https://www.instagram.com/p/BM7w5lDjlHJ/?tagged=すのこ本棚

壁掛けタイプであれば、利便性も抜群で、デッドスペースも上手く活用できます。

素材として使っているのは市販のすのこ。シンプルな作りですが、おしゃれな壁掛け収納が出来上がっています。

アレンジ方法が上手く、白い壁に上手く馴染んでおり、とてもレベルの高い作品です。写真のように、リースやフラッグでデコレーションする方法もおすすめ。ポップで可愛い雰囲気を演出できます。

イエローホワイトに塗り替えてイメチェンする本棚アレンジ

https://www.instagram.com/p/Be1XwlIBCGq/?tagged=本棚リメイク

印象を大胆に変えられる効果的な方法が、オールペイント。

色を塗り替えるだけで、本棚の印象や、部屋のイメージが大きく変わる。ペイント以外にも、リメイクシート、貼ってはがせる壁紙などで一気に印象を替えることも可能。

リメイクシートとペイントの相違点は、素材感がどれくらい残るのか残らないかという点です。写真のように、色を変えながら下地の木目を少しだけ残せます。木材のぬくもりを生かしたい方におすすめです。

素材を工夫した本棚DIY事例のまとめ

これらのDIY事例は、ただの飾りではなく、実際に使える機能性をしっかりと追求しています。

実用性、デザイン性ともに、レベルの高いアイデアばかりです。作品を見れば、どうすればもっと使いやすくなるのか、どうすれば手元にある素材を生かせるのかなど、作者の探究心が分かります。どの作品も、作者の遊び心やアイデアの面白さが満載です。

自作の本棚をDIYする場合は、まず、使う素材を決めましょう。次に、その素材を生かせる製作方法を考えれば、面白いアイデアが思いつきやすくなります。みなさんも、ぜひ自作本棚のDIYにチャレンジしてみましょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント