デニムブリーチDIY10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

デニムを使ったDIYを楽しんでいる方はブリーチする楽しみと、作り替える楽しみの2つ楽しみを持っています。まずは、ブリーチDIYでどんな風に色が抜けるかを楽しみます。そして、その抜け具合から何を作ろうか考えて作り替える楽しみがあるのです。

ジーパンからバッグやスカート、ポーチへと変化するユニークなDIY10選をピックアップしてみました!


ブリーチジーパンがショルダーバッグに変身


水色のジーパンをブリーチして色を抜き、ショルダーバッグへと変身させた楽しみが広がるDIYです。

使った部分は前がみの部分で、ショルダーバッグの前側はちょうどまた上の前、ベルトのボタン部分とポケットが見えています。

また、後ろ側にはちょうど後ろ側のポケット部分を使っています。

同じカラーのタッセルを付けたのもおしゃれで、ショルダーバッグのポイントになっているのではないでしょうか。

ユーズドデニムをブリーチしてロングスカートに

このDIYのポイントはユーズドデニム、つまり古着であること、そして、ブリーチを行ったこと、そして、ジーパンがロングスカートへと変身したことです。

デニムのスカートはなかなか売っていないですし、思ったようなデザインではないケースが多くないでしょうか。ジーパンに比べるとデザインが画一的でつまらないケースが少なくありませんが、DIYで作ればデザインも思いのままです。しかも、ブリーチしたものを使うので色味のオリジナル性も楽しめます。

UNIQLOジーンズを、休憩時間に即席ブリーチ

こちらのブリーチDIYをしたのは、なんとレストランのオーナーシェフです。

レストランの休憩時間に暇だったからと、ユニクロのデニムをボーダー柄にブリーチしてしまったというものです。ユニクロのデニムがこんなに面白い柄にブリーチできるとは驚きです。

新しいメニューを考えることやどんな風にすればこうなるといった発想が豊かだからできる技かもしれません。

ママが作る!デニムブリーチDIY

 

View this post on Instagram

 

*今日はお外で 二着ブリーチ🙌🙌🙌 2wayトートにリメイクして 納品予定です🎉🎉 明日夜21時に オーダー受付再開します👏🏻👏🏻 下の子が入園するまで 夜中しかミシン触れない状態… 夜中ぶっ通しでやると 次の日は早くに寝落ちしてしまう💦💦 作るのがストレス発散なのに… それもあと残り三ヶ月😳🙌🙌 それまではスローペースでのオーダー受付に なるかと思いますが 四月からは日中&夜中 バリバリ活動していきたいと思ってるので😳🙌 今後ともよろしくお願い致します🙇✨ ・ ・ お問い合わせが多いので 再度ご案内します✨ 明日21時丁度に受付専用ページをアップします。 そちらにコメントいただいた方先着5名様 受付いたします🙌✨ 前回はたくさんのコメントをいただき、枠を越して 13名程お受けさせていただきましたが、 年末で何かとバタバタしてしまうので 今回は5名様でよろしくお願い致します🤗 ・ ・ ・ #ハンドメイド#デニムリメイク#オーダー受付#デニム#ブリーチ#デニムブリーチ

honeycups.kahko**さん(@honeycups_handmade)がシェアした投稿 –

こちらは幼稚園に入る前のお子様がいるママが手掛けたDIYです。

外でジーパン二着をブリーチして風合い良く色抜きしたうえで、2wayトートにリメイクするDIYをされる予定だそう。左側の1本はかなり大きく、白く大胆にブリーチされています。

また、手前の右側のもう1本はちょっとぼやかした感じで、青空に白い雲が浮かんでいるようなイメージで素敵です。同じ機会にブリーチしても、その方の発想や抜き方でこんなに変わるのです。

初ブリーチでこの出来栄えも!

普段はレザークラフトや使い古したシーツのリメイク、アクセサリーなどのハンドメイドを楽しんでいるようですが、デニムのブリーチは初挑戦ということです。

器用な方とはいえ、初めてのブリーチでもこれだけかっこよく仕上がっています。

ご本人も楽しかったらしく、しばらくはまりそうと感想をもらしています。

ブリーチしたジーパンはバッグやロングスカートなどにリメイク予定とのことで、ダブルDIYを楽しんでいるインスタグラマーの1人です。

自宅でブリーチし、フリマで販売!

こちらのインスタグラマーさんは、ブリーチデニムのハンドメイドの達人の域です。

ご自宅でデニムをご自身でブリーチしたあと、バッグやポーチなどさまざまなアイテムに作り替えて、地元のフリーマーケットなどで販売などもされています。

自宅作業のため、疲れたなと思ったら、一緒に暮らしているやさしいお義母さんがコーヒーとスイーツを差し入れてくれると言うから素敵です。穏やかな環境で生み出される、海に波が打つような美しいブリーチが魅力です。

Leeのデニムとブリーチの相性Good

 

View this post on Instagram

 

ブリーチバーキン今度はLEEで作ります•*¨*•.¸¸♬︎ #デニムリメイク #デニムブリーチ

コンセプトストアーさん(@concept6029)がシェアした投稿 –

いつもは、古着のジーンズをそのまま切ったり加工しているようですが、今回はブリーチも加えてLeeのジーパン をリメイク!

Leeのデザインは、ブリーチにマッチする可愛いデザインが多いのでおすすめ!

大胆なブリーチが印象に残る!デニムシャツ

ここまで大胆に色を抜いているデニムブリーチは、生地の縫い目のあたりにだけ、ごくわずかにインディゴブルーのデニムらしい色がわずかに残る程度で、あとは真っ白と言っても良いほどブリーチされています。

元のデニムシャツとは大きく印象が異なっていて、ほぼ別物の仕上がりです。ここまで大胆に色抜きしても、なかなかいい感じに仕上がるという好事例。

世界地図のような仕上がりのトートバッグ

こちらはデニムジーパンをブリーチしたうえで、ミニサイズのトートバッグにリメイクしたダブルDIYです。

左上の方のブリーチは、なんだか世界地図のようにも見えてきて、海の中に浮かぶ大陸のように色が抜けていて素敵です。一方、下側の方は白く抜けた割合が多い仕上がりです。

雪原の中にポツンとたたずむ湖や針葉樹林的なイメージかもしれませんね。どのように仕上がるのかも、デニムブリーチDIYの楽しみの1つです。

和風テイストにも見える落ち着いたブリーチ柄

ブリーチをしたあとに、別のアイテムへとリメイクするダブルDIYです。今回はペンケースにリメイクしたそうですが、このブリーチの仕上がりは落ち着き感があって素敵です。

紺地の結城紬風の着物にも見えてくる和風テイストに仕上がっていると思いませんか。ベースとなるデニムの生地の選び方と、色の抜き方を少し加減することで、こうした落ち着いた仕上がりも楽しめるようです。

ブリーチまとめ

デニムブリーチを楽しんでいる方はハンドメイド作家さんをはじめ、レストランのシェフの方までさまざまです。子育て中のママでも気軽に楽しめるデニムブリーチDIYにみなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント