エストニアの森に突如現れた「巨大メガホン」の役割とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

何のため?直径3mもの木製メガホン

人目をひくこの巨大メガホンは“森を聴く”ために作られたそうだ。

エストニアの国土は51%が森林で覆われていて、森のキャビンで夜を過ごすも、レクリエーションエリア内のテントで眠るもすべて自由、つまりタダなのだ。

豊かな自然に囲まれていると言えば聞こえは良いが、とても管理出来る状況ではなく、荒廃しているエリアも少なくないという。

この試みは現代的な建築空間と野生の自然が出会う絶好のチャンスを提供し、国内外を問わず“訪れる人に森の声を聴いて欲しい”という想いの具現化なのである。

amp layoutphoto : contemporist

自然の音をより深く聴ける

この巨大なメガホンは、自然の音を増幅するだけでなく腰掛けて休憩したり、小さなイベントのステージとしても利用できる。

なんと巨大メガホンは3個も製作され、お互いに向き合うように配置されている。

中央に立つと、今までは聞こえなかった自然の声や叫びが、サラウンドのように聞こえるのだとか。

さらには“森林の音の豊かさだけでなく、森の沈黙に気付く”という。

見事に“森を聴く”ことに成功したようだ。

文明と自然との新たな共存方法

rest standphoto : contemporist

発案者は、エストニア芸術大学に通うビルギットとそのクラスメイト達。

森林ライブラリーの概念を定義しようとして、昨年から南エストニアの深い森の中でのワークショップを始め、ビルギットのアイデアを選択することになった。

プロジェクトのパートナーであるエストニア森林管理センターは、熟考のための美しいスペースを提供することに加え、ごく普通のキャンプに冒険という要素を追加できることを喜んでいます。

「屋外で自然を学ぶクラスや、小さな文化イベントを実行するために使用することができ、それは本当に多機能だ」

スケールの大きさにも驚くが、自分たちに何が出来るかという課題に真剣に向き合いひとつの答えに取り組む姿勢が素晴らしい。

文明の発展の裏で自然破壊が進行する国でも、こんな活動が表に出てくれば、文明と自然が共存する道が見えてくるのではないかと思う。

机の上で教科書を読むことが無駄だとは思わないが、学ぶ場所はそこだけではないのではないだろうか。

top

Source & photo : contemporist


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント