空いたスペースにすぐ置けちゃう家?ベルリンにあるスモールハウス

BONNZE
BONNZE  

スモールハウスは、その名の通り「小さな家」。シンプルライフを実現するための家とも言えます。

またスモールハウスと言えども、イメージとは裏腹に広々としたおしゃれな空間の物件も多く、世界的に注目されているハウスタイプです。

そんなスモールハウスの中でも、プレハブタイプは手ごろな値段と建設しやすいのが特徴。

今回はプレハブタイプのスモールハウスをご紹介します。

どこでも置けちゃう?スモールハウス

via:mitvergnuegen.com

今回ご紹介するのはドイツはベルリンにあるスモールハウス。

デザインと建設をしたのは、スモールハウスプロジェクトを手掛けるCabin Spaceyです。

物件は、手軽に組み立てることが可能なプレハブタイプで、全体的に木材を基調としています。

via:mitvergnuegen.com

建物の反対側の外装は、大きなベランダとしても活用できる空間が特徴になっています。

側面に大きな窓が備わっており、空間に日中の明るい光をたっぷりと取り入れられるように作られています。

via:mitvergnuegen.com

建物側面の大きなガラス窓からは屋内を見通せるようになっており、当然建物内からの見晴らしも抜群です。

一軒家の大きさとしては、十分なのかと疑問になる外観のスモールハウスですが、内装がどうなっているのか詳細をみていきましょう。

4人掛けテーブルも余裕のダイニング&リビング

via:mitvergnuegen.com

スモールハウスの玄関から入ると、細い廊下が奥まで一本通っており、大きな窓が見え隠れしています。

逆側面の窓まで突き抜けた空間をつくることで、狭さを感じさせない空間になっており、屋内は自然な木目を意識した内装になっており、明るくナチュラルな風合いが漂っています。

via:mitvergnuegen.com

玄関から廊下を進んだ先には、広々としてダイニング&リビングがあります。

備え付けのソファは収納力がしっかりあるので、空間をすっきりさせる工夫にもなっています。ソファにはたっぷりのクッションを置き、ゆったりくつろげるような環境にしているのもポイント。

ソファの側にはダイニングテーブルと椅子を置いて、食事からさまざまな作業ができるようになっています。

床は古材風のフローリングを敷き、味わいのある空間にしています。天井が高く、また大きな窓も備わっているので狭いながらも広々とした印象が魅力的です。

via:mitvergnuegen.com

ダイニング&リビングには大きな窓が2枚あり、一つは開閉が可能になっています。

天気の良いには外の空気をたっぷり取り込んで、気分をリフレッシュさせるのもいいですね。

窓から見たダイニング&リビングは、やはりゆったりした雰囲気が広がっており、適度にアートボードや植物を飾っておしゃれなインテリアを作り上げています。

via:mitvergnuegen.com

リビングにある備え付けのソファは、ベッドとして活用することも可能。

外の景色を観ながらソファでくつろぐのも良いですし、ゲストが来た時のためのベッドとして使うこともできます。

たまには自分の気分転換に、大きな窓から見える景色を見ながら、快適な夜を迎えるのもよさそうですね。

コーヒーメーカー付きの省スペース&機能的キッチン

via:mitvergnuegen.com

ダイニングテーブルが置かれているスペースの側には、キッチンが設置されています。内装と同じ素材を活用しているため、キッチンも統一感がありナチュラルな質感にまとまっています。

収納は、シンク下やキッチン上部の壁面に備わっており、乱雑になりやすいキッチン用品もしっかり整理整頓できます。

via:mitvergnuegen.com

調理用の機材としては、IHが使われており、安心安全に料理ができるようになっており、キッチンフロントの壁面にはコーヒーメーカーが埋め込まれており、好きな時に本格的なコーヒーを楽しめるようになっています。コーヒー好きにはたまらないキッチンになっていますね。

天窓で光を取り入れたベッドスペース

via:mitvergnuegen.com

玄関から伸びる廊下には2階に上がれる階段が設置されており、ベッドスペースが広がっています。

階段部分は決して広いとは言えませんが、それぞれの階段が収納になっており、狭いながらも賢く整理整頓できるように工夫されています。

via:mitvergnuegen.com

ベッドスペース自体は決して広くはありませんが、天窓がついているのが大きな特徴になっています。

星が見える夜はロマンチックなひと時を過ごせるでしょう。

via:mitvergnuegen.com

ベッドスペースも他の室内同様に、無垢素材を活かした空間になっています。

キングサイズのベッドが置かれており、ゆったりとした睡眠ができるようになっているのがポイントです。

via:mitvergnuegen.com

天窓は気軽に開閉が可能なので、外の空気を感じながら睡眠することも可能です。

壁面にはライトが2か所ついているので、寝る前の読書も可能にしてくれます。

使いやすいバスルーム

via:mitvergnuegen.com

スモールハウスの玄関から入ってすぐ横には、バスルームが備わっています。

その手前には洗面台が置かれているサニタリールームがあり、大きな鏡がついていて使いやすい空間になっています。壁面にはフックがつけられていて、タオルなどをかけれる機能性も備えています。

via:mitvergnuegen.com

洗面台下にはしっかり収納棚も設置されており、必要なものをしっかりまとめることができます。

洗面台横にも小物を置くスペースがあるので、おしゃれな小物を置いて華やかさをアップしてもいいでしょう。

まとめ

今回ご紹介したスモールハウスは、無垢などの木材を基調としているためナチュラル感の強い物件です。

大きな窓や天窓がついているのがポイントになっていて、広いスペースを感じやすいのが魅力でもあります。

生活に必要な最低限の設備は確保されており、それぞれのスペースごとにみていくと十分すぎる空間になっているのではないでしょうか。

ぜひあなたのミニマルライフの参考にもしてみてくださいね。

【参考】Source: http://www.contemporist.com/www.dwell.com/www.treehugger.com
Photo by: http://www.contemporist.com/www.dwell.com/www.treehugger.com

BONNZE

WRITTEN BY

BONNZE

100均から意外なものを使ったDIYが趣味。
ちょっとした小物から家具(ぽいもの?)を造ったり、自分であれこれ作ることが大好き!
DIYの知識を活かして、ライターとして活動中!


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント