カラーボックスでベッドをつくるアイデア4選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

自分でベッドを作りたいと思ったことはありませんか?

自分で作ると愛着もわきますし、好きな大きさで作れますよね。

しかし、ベッドのDIYとなると、ハードルが高そう…と感じてしまう方も多いかもしれません。

今回はDIY好きにも身近なアイテムであるカラーボックスを使ったベッドのDIYアイデアをご紹介します。


茶色&白のカラーボックス×茶色布団

こちらは茶色と白色のカラーボックスを土台に使ったベッドです。

カラーボックスをベッドにするメリットは、その下を収納にすることができる点です。

寝室に収納が少なくて困っている、という場合にも役立つアイデアですね。

白色カラーボックス×白色布団

こちらは白いカラーボックスを使ったベッドです。

カラーボックスの上には、すのこを敷くことで寝心地を確保。

ベッドの下を収納にするのもいいですが、アイテムを飾るのも素敵です。

こちらのアイデアのようにあえて空間をつくると、おしゃれな寝室づくりに役立ちますね。

茶色カラーボックス×赤色布団

カラーボックスを使う数を増やすことによって、普通のベッドより大きめに作ることができるのも、カラーボックスを使うメリットですね。

一般的なシングルベッドとダブルベッドでは値段の差が大きいですが、カラーボックスを数個増やすだけならコスト的にも負担になりません。

白色カラーボックス×紺色布団

カラーボックスと二段ベッドに使われていたすのこを使ってベッドをつくるアイデア。

お子さんが小さいうちは二段ベッドを使っていたけど、成長して使わなくなった、という場合でもリメイクして使い続けられるのは嬉しいですね。

白色で清潔感を、紺色で爽やかな雰囲気を出しています。

オリジナルベッドをカラーボックスで手軽にDIY!

今回はカラーボックスを使ったベッドをご紹介しました。

ベッドのDIYというと、ハードルが高く感じますが、すのことカラーボックスを使えば意外と簡単にできてしまいます。

あなただけのオリジナルなカラーボックスベッドを作ってみませんか?

不二貿易 カラーボックス 3段 幅42cm ホワイト 45090

不二貿易 カラーボックス 3段 幅42cm ホワイト 45090

1,296円(03/20 06:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント